« 「ハッカーズ」はタメになるよ | トップページ | ローマ人の物語V「ユリウス・カエサル――ルビコン以後」の読みどころ »

「ローマ人の物語」を10倍楽しく読む方法:「プルターク英雄伝」と比べ読むと…

プルターク英雄伝 「ローマ人の物語」だけを読んでいくと、塩野史観というかカエサル萌え心にあてられて辟易するかもしれない。2000年も前に死んだ男にここまでイれコんでいるのを見ると、ちきゅうのおとこに飽きたところなのかなー、と思ったり。

 そして、「ローマ人の物語」だけを読んでいると、塩野氏が飛ばした(軽く触れた)ところが気になってくる。例えばクレオパトラのくだり。軍事的な劣勢を挽回すべくカエサルを色香でローラクしたとかしないとか… このあたりは、パスカルの「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら歴史が変わっていた」が有名だが、塩野氏は「据え膳喰っただけ」とニベもない。しかも、下半身でコントロールされなかった事実として、カエサルの遺言でクレオパトラとの子に言及していないことをあげつらう。

 ううむ、ここはひとつ、底本として著名なプルターク英雄伝をひいてみる。ガードの固いカエサルに遭うために、クレオパトラが一計を案じるところ…

 ── クレオパトラは小船に乗り、夕闇にまぎれて王宮に近きあたりに上陸した。彼女はいかにして人目にふれず宮中に入るべきかとほうに暮れていたが、やがて一計を案じ寝台のふとんにもぐりこみて、召使がこれを運びあげてなにげなきさまに宮門を通り抜け、シーザーの居間に持ち込んだ。シーザーはまず彼女のこの大胆なる機転を見て敬服し、次には彼女の社交ぶりの魅力に征服させられたので ──

 夜這いはコソコソしているけれど、ふとんに入って堂々と突破するなんてステキ!しかも、カモネギならぬ、ふとん美女なら多くを語るまでもなかろう。こんな面白いエピソードをイヤイヤ触れる塩野氏… おばあちゃんながら、かわいいぞ。

 というわけで、ローマ人を語るなら避けて通れない「プルターク英雄伝」は名著と誉れ高い …が、岩波文庫で全12巻は読めねぇ。そんなものぐさなわたしにうってつけの「プルターク英雄伝」のまとめ本があった。コンパクトにまとめられてて訳も平易なんだけど、塩野ローマにハマっているわたしからすると英語読み(シーザー)に違和感を感じる。以下、気になったのを対比してみる。やっぱり「カエサル」で読みたいねっ

  • カエサル → シーザー
  • スッラ → シラ
  • キケロ → シセロー
  • ポンペイウス → ポムペイ
  • カト → ケートー

 これを併読しつつ、塩野氏が書いていなかったところを意地悪く読むのも愉しい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

|

« 「ハッカーズ」はタメになるよ | トップページ | ローマ人の物語V「ユリウス・カエサル――ルビコン以後」の読みどころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/12714930

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人の物語」を10倍楽しく読む方法:「プルターク英雄伝」と比べ読むと…:

« 「ハッカーズ」はタメになるよ | トップページ | ローマ人の物語V「ユリウス・カエサル――ルビコン以後」の読みどころ »