« 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その6) | トップページ | 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その7) »

ローマ人の物語IV「ユリウス・カエサル――ルビコン以前」の読みどころ

 夢中本として一気読み。文庫版で8巻、9巻、10巻と息つくヒマなし。

 インテリに手厳しい塩野節も嫌味にならない程度に抑制されている… というのも、塩野氏がだいすきなユリウス・カエサルの話だから。書くほうも夢中になって書いたであろうと。

 「自称」シロウトの塩野氏が好きで書いているのだから、彼女の趣味が爆発している。この巻に至るまで、好き/キライが人物描写の端々に現れていて微笑ましかったのが、ユリウス・カエサルになると俄然筆致が変わっている。やっぱ出来た男より惚れた男だな ── 要するに、とてつもなく面白くなっている、ってぇことだ。

 サブタイトルの通り、カエサルがルビコン川を渡るまでの物語。ルビコン渡河までは、さらに二つに分かれている。「ガリアの前」の8巻と、「ガリア戦記」の9、10巻の構成だな。だから、面白いところだけ読みたいなら、いきなり9巻から手をつけてもいい。

■ガリアの前

 ガリアの前、つまりガリア戦記の前のカエサルは、とてつもない浪費家だったそうな。最終的に国家予算級に至った借金の理由として、愛人たちのプレゼント代があるそうだ。自ら選んだ高額な品を女たちに贈るので評判だったらしい。その甲斐もあってか、カエサルは女にかなりモテたらしい。しかし、モテた理由として高額なプレゼントは必ずしもあたらない。なぜなら、と著者は想像する…

 カエサルは、モテるために贈物をしたのでなく、喜んでもらいたいがために贈ったのではないか。女とはモテたいがために贈物をする男と、喜んでもらいたい一念で贈物をする男の違いを、敏感に察するものである(8巻p.124)

男たちへ 塩野氏からのメッセージ「男たちへ」を髣髴とさせる一文だな。ちなみに「男たちへ」はオンナゴコロが分からない男ども(わたしを含む)にとって、女を理解するための最高文献だと断言しよう。男であれ、女であれ、「女の気持ちは男には絶対に分からない」と平気で口にする前に、本書を手にしてみればいかが? と思える名著ナリ。

 また、ローマを手中にするぐらいの権力者となったカエサルも、愛人と正妻をめぐってのスキャンダルにまみれていない(らしい)。なぜか、ここでも塩婆の筆致は鋭い。

 史実による限り、どうやらカエサルは、次々とモノにした女たちの誰一人とも、決定的には切らなかったのではないかと思われる。つまり、関係を清算しなかったのではないかと。(中略)例えば、妻同伴のカエサルが夜会の席か何かで以前の愛人と顔をあわせたとする。同じ階級に属しているのだから、出会う確率も高かったはずである。そのような場合、並みの男であれば、困ったと思うあまり、意に反して知らん顔で通り過ぎたりする。ところがカエサルだと、そうはしない。妻には、少し待ってとか言い、どうなることやらと衆人が見守る中を堂々と以前の愛人に近づき、その手をやさしく取って問いかける。「どう、変わりない?」とか。女は無視されるのは何よりも傷つくのだ(8巻p.209)

 太字化はわたし。なにか辛い思い出でもあったのだろうかと拝察。「男たちへ」にも男遍歴がにじみ出ているが、彼女の男性観が辛辣であればあるほど、カエサルというスーパースターへの思慕がくっきりと見えてて面白い。

■ガリア戦記

ガリア戦記 もちろんこれはスゴ本。2000年前に書かれたにもかかわらず、今でも文庫で改版を重ねている、という事実ひとつとっても、いかに凄い本か分かるだろう。元老院へのレポートの体裁を取っているが、ガリアの地へ攻め込んだ将から見たドキュメンタリーとしても読める。

 ただ、一点ひっかかるところがある。一人称の"レポート"であるにもかかわらず、「わたし」の代わりに「カエサル」と三人称で記述している。慣れればなんということもないけれど、なぜそんなことを書いているか分からなかった。

 わたしなんかが評するよりも、キケロと小林秀雄がこうレビューしている。以下、「ローマ人の物語」から孫引き。

キケロ(前51年記)

 これらの巻は全て、裸体であり純粋であり、人間が身につける衣服にも似たレトリックを、完全に脱ぎ捨てたところに生まれる魅力にあふれている。カエサルは、歴史を書こうとする者に史料を提供するつもりで書いたのかもしれないが、その恩恵に浴せるのは、諸々のことをくっつけて飾り立てた歴史を書く馬鹿者だけで、思慮深く賢明な人々には、書く意欲を失わせてしまうことになった

小林秀雄(後1942年記)

 ジュリアス・シイザアに「ガリア戦記」といふものがあるのは承知してゐたが、最近、近山近次氏の翻訳が出たので、初めて、この有名な戦記が通読できた。少し許り読み進むと、もう一切を忘れ、一気呵成に読み了へた。それほど面白かった。といふより、もつと正確に言ふと、ただ単にロオマの軍隊が、中途で休んでくれなかつたが為である。勿論、別して読後感といふ様な小うるさいものも浮かばず、充ち足りた気持ちになつた。近頃、珍しく理想的な文学鑑賞をしたわけである

 太字化はわたし。夢中本、一気本、徹夜本、スゴ本、のあらゆるラベルで賞賛してよし。間違いなく面白い本として強力にオススメできるが、ここである問題が生じてくる。

 それは、カエサル著「ガリア戦記」と、塩野七生著「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル編」と、どちらを先に読むか、という嬉しい問題のこと。いわゆる「読んでから見るか見てから読むか」に近いかも。

 前者は一人称で描いたガリア戦記。簡潔、明晰かつ洗練された文体で書かれたラテン散文の傑作といわれている。史書として一級品なだけでなく、面白い本としても一級品。

 後者は、いわば「神の目」で見たガリア戦記になる。「神の目」だから、敵方の動向だけでなく、カエサルの戦略の真相へ想像が至ったり、「そのころローマでは…」から始まる政敵のきな臭い動きが語られたり、そうはさせじとカエサルの長い手の話が語られたり… 眠れぬ夜を保証しよう。

 わたしの場合、カエサル→塩野の順番だった。塩野本のおかげで、より複眼的に背景を知ることができた。しかし、いきなり「ガリア戦記」に取り組むと、その簡素さ(というか素っ気の無さ)にとまどうかもしれない。だから、塩野本でウォーミングアップするというテもある(文庫8巻では、ガリアに行く前の話から書き起こしているからね)。反面、激しくネタバレになってしまう、というデメリットがつきまとう。

 ユリウス・カエサルの頭の中には、「ガリア戦記」が地理上の記述ではじまっているのが象徴するかのように、当時知りうる限りの正確なガリアの地勢がインプットされていたのではないかと思う。中部ガリアという将棋盤を前に、相手の手を読む確かさは、彼に、持てる力の効率的な運用を可能にした(10巻p.82)

 叙述は正確を期した。自らの誤りも正直に記し、敵側の理由も公正に記述した。カエサルは、正確に書くことこそ自分の考えをより充分に理解してもらえる、最良の手段であると知っていたからである。意識的な嘘が一つでもあれば、読者は他のすべてを信用しなくなるからだ。また、自分を一人称単数で語らず、カエサルと三人称単数で記していることも、叙述に客観性をもたせたいとする彼の意図に基づいていた(10巻p.147)

 カエサルの鬼神のごとき軍略の秘密が明かされている。さらに、「ガリア戦記」の主語がなぜ「カエサル」なのかという謎に答えている。このように、「ガリア戦記」を読んで疑問に思ってたことが次々と「塩野史観」によって解明されてゆくのは、読んでて心地よい(ホントかどうかは、別として)。塩野氏による新訳「ガリア戦記」を激しく希望!

ローマ人の物語8ローマ人の物語9ローマ人の物語10

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

|

« 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その6) | トップページ | 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その7) »

コメント

はじめまして、ローマ人の物語全巻を通して、このユリウス・カエサル編はだけは違ってましたね。 歴史を書く上でなるべく客観視した姿勢を見せていた塩野さんも、カエサルに対する熱量は、読んでて恥ずかしくなりました。 長所も短所も結局全て良い!みたいな姿勢。ハードカバーで2冊も使って、私のカエサルはこんなに凄いのよ!と身内自慢されてるようで、ちょいとウンザリしたのを覚えてます。

投稿: 如水 | 2015.09.19 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/12430854

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ人の物語IV「ユリウス・カエサル――ルビコン以前」の読みどころ:

« 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その6) | トップページ | 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その7) »