« 本ばかり読んでるとバカになる | トップページ | 子どもに死を教える4冊目 »

「ソフトウェア開発の名著を読む」を読む

ソフトウェア開発の名著を読む 「めいちょ」と銘打たれるとなかなか手が出せないもの。大著であることも多いし、何より難しそうなイメージが先行してしまう。さらに、たいていは「古典」…なので、書店で平積みになってる賞味期限 1 年のハウツー本みたく目に入ってこない(←こちらからアプローチをかけないと手に入らない)。

 というわけで敬遠していた方へ朗報。「ソフトウェア開発の名著を読む」で手軽に「めいちょ」の品定めができる。この手のカタログ本だと、「コンピュータの名著100冊」が有名だが、これはたったの8冊の紹介、しかも新書なので30分で読める。

 しかも、言語は問わない。もちろん FORTRAN や Pascal といった「古語」のコードが出てくるが無問題。伝えたい何か、例えば「プログラミング作法」や「よいコードを書くための習慣」を表現するための、レトリックとしてのコードなのだから。

 とどめは、昔から、誰からでも、何度でも指摘されてきた本質→ソフトウェアは「人」が開発するもの という観点から8冊がレビューされる、しかも筆者の経験談つきで。言語やツール、手法がどう変遷しようとも、この本質は変わっていない。

 したがって、ソフトウェア開発の問題は「人」に帰着することがよく分かる。ひどいコードが問題なのではなく、ひどいコードを平気で書く「人」が問題なのだ。デスマプロジェクトが問題なのではなく、プロジェクトを失敗させる「人」が問題なのだと。

 以下に紹介されている8冊を掲げる。ご存知の方がほとんどだろうが、どれもスゴ本なり。


  1. プログラミングの心理学(M.ワインバーグ)
  2. 人月の神話(P.ブルックス)
  3. ピープルウェア(トム・デマルコ/ティモシー・リスター)
  4. デッドライン(トム・デマルコ)
  5. ソフトウェア職人気質(ピート・マクブリーン)
  6. 達人プログラマー(アンドリュー・ハント/デビット・トーマス)
  7. コードコンプリート(スティーブ・マコネル)
  8. プログラミング作法(W.カーニハン/ロブ・パイク)

 「ワインバーグなら『システム思考法』が一番だろう」とか、「どうして『ハッカーと画家』や『ソフトウェア開発の持つべき文化』が入ってないんだ」といったツッコミは、もちろんあるかもしれない。しかし、そんなツッコミする人なら上8冊はチェック済かと。

 わたしの場合、2,3 既読で、4 を読まねばと動機付け。今の仕事がマネジメントにシフトしてしまっているので、4 の紹介にある「"管理ごっこ"をやめる」というメッセージはかなり響いた。是非モノにして、職場での行動原理に組み込みたいですな。

|

« 本ばかり読んでるとバカになる | トップページ | 子どもに死を教える4冊目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/11365316

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフトウェア開発の名著を読む」を読む:

« 本ばかり読んでるとバカになる | トップページ | 子どもに死を教える4冊目 »