« 子ども兵──「見えない」兵士たち | トップページ | 読んでから死ね! »

シルバーチャイルドで度肝を抜かれる

 スズメバチの鮮やかな体色は、もちろん警告のメッセージ。アルカロイド系の猛毒を持つヤドクガエルは見たら即、「触ってはいけない」と思うだろう。

 本書も同じ。この表紙を見た瞬間、読まないほうがいいと感じた。なんたって気味が悪い。この化け物(?)が妙に人間じみているのが恐かった――で、嫁さんの最近のオススメは、よりによってこれなんだ――「シルバーチャイルド

 「ちょっと恐いけど面白いよー」なんて、いたずらっぽい目ですすめてくるから、読んでみて――びっくりした!! 最初の1ページ目から恐がらせていただいた。嫌ぁぁぁぁっという出だしがずっと引っ張られる。

 章により人称と話者を切り替えることで、複眼視点から核心をあぶりだそうとする書き方、しかも皆「ある場所」へ向かおうとするミッションを抱いている、彼らの身に起きる変化… そこで、S.キング「IT」あるいはD.クーンツの「ストレンジャーズ」なんかを思い出す(古ッ)。

 しかし、本書は軽々と凌駕している――何が? 著者の想像力が。「IT」は結局○○○のトラウマ話だし、クーンツには○○○○の封印された記憶の話をミステリチックに展開したに過ぎない(急いで申し添えておくと、両書とも優良作なり。そして読み始めると囚われる、page turner なことは保証する)。で、途中まで同じだーと半確信をもっていたんだけど、ミステリだとか、ホラーファンタジーといった範疇を飛び越えて、なんだかとんでもない話になってくる。

 さらに、2巻目に突入すると、とんでも具合にターボがかかり、どこへ行くのか分からなくなる。「なんじゃこりゃあぁぁぁっ」と叫びながら一気に読む。巻末の解説に本書を一級のモダンファンタジーと賞すが、これ、ファンタジー?

 突き抜けてる、突き出ているよ、これ。そして、この「おぞましさ感」は比較しようがない。トドメのラストが示す先は明らかにファンタジーの重力圏外。装丁や段組を考えると児童書だけど、いいのかコレ、子どもに読ませて? エロ・バイオレンスは無いけれど、世界の枠を軽々と突破させられるこの感覚は、「児童」にゃ行き過ぎかも。

シルバーチャイルド1 シルバーチャイルド2シルバーチャイルド3

|

« 子ども兵──「見えない」兵士たち | トップページ | 読んでから死ね! »

コメント

漫画アニメ風の、このイラストは想像力をそぎ落とす最悪な絵だとおもいます。
マンガに慣れた子供が手に取りやすくするためでしょうか?
内容の素晴らしさをこの絵で表現できるとは思えない。残念です。

投稿: | 2013.11.01 04:19

>>名無しさん@2013.11.01 04:19

激しく同感です。そして、ご指摘の通り、手にとってもらわないと始まらないので、アニメ風にしてあるのでしょう(この表紙を超える想像力に驚かされることを期待して)。

投稿: Dain | 2013.11.02 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/11552095

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーチャイルドで度肝を抜かれる:

» シルバーチャイルド1 [突撃ラッパ]
シルバーチャイルド〈1〉ミロと6人の守り手クリフ マクニッシュ Cliff McNish 金原 瑞人 理論社 2006-04売り上げランキング : 226262 Amazonで詳しく見る by G-Tools 以前、わたしが知らないス... [続きを読む]

受信: 2006.11.28 08:51

« 子ども兵──「見えない」兵士たち | トップページ | 読んでから死ね! »