« 「涼宮ハルヒ=キャッチ22」説 | トップページ | IT失敗学の研究 »

コンピュータの名著100冊

 仕事でコード書いてた頃の話。

 机上に「本」というメディアは無かった。プログラミングといえばお手本のコピペ&手直しで仕上げてた。だから、せいぜい入門書やリファレンスといった辞書的なやつだけで、3年もすれば「古い」と引き出しの中へ。

 だから、いつまでたっても上手なのは「お作法」だけ。あたりまえだ。仕様を実装したコードに「似た」コードやパターンを探し出す→コピペがプログラマの仕事だと思ってたから。ネットの情報が「全て」であって、「考える」とは、「いかにお手本に合わせるか」だったから。

 プログラマというよりも、むしろ「コーダー」。その辺は「プログラマになれなかったわたし」[参照]に書いた。

 ここでは、「コンピュータの名著・古典100冊」の既読リストで恥さらし。いかにちゃんとした本を読んでいないかがよっく分かる、なさけない。

 本書はプログラミングに限らず、ソフトウェアエンジニアとしての liberal arts に相当する書籍を紹介している。時間を経て価値が残る「古典」もある。全部オススメというわけにはいかない(なんせ初めて知った本も沢山ある)。しかし、IT業界で働くあなたの足腰を鍛えてくれる良書がたくさん見つかることは請け合う。

 ITだWebだと浮かれ騒ぐのは世間サマだけにしておこう。表層がいかに変わろうとも、コンピュータの原理は変わっていない。Webがどんなに進化しようとも、コミュニケーションの根っこは変わらない。現場の本質は変わらないのだ。変わることに浮ついて、根っこまで流されないように自戒を込めて。


    ■歴史

  1. 計算機の歴史 パスカルからノイマンまで(ゴールドスタイン)
  2. 誰がコンピュータを発明したか(アリス・R・バークス/アーサー・W・バークス)
  3. ワークステーション原典(Association for Computing Machinery)
  4. UNIXの1/4世紀(ピーター・H・サリュース)
  5. インターネットの起源(ケイティ・ハフナー/マシュー・ライアン)
  6. コンピュータ史(小田徹)
  7. 計算機屋かく戦えり(遠藤 諭)
  8. パソコン創世記(富田倫生)
  9. 情報の歴史 象形文字から人工知能まで(松岡正剛/編集工学研究所)

     全滅。ぜんぶ未読。コンピュータの起源だの歴史だの知ったって、目の前のコードには役に立たない。だからこの分野は全くチェックしていなかった。インターネットの起源が軍事用だなんてトリビアネタでしょうに、と考えていた。研究材料かトリビアか、あるいは「そんな時代もあったね」といつか笑って語り合うためか。

     しかし、これからどっちへ向かうかは、どういう経緯で今に至るかの演繹だから、俯瞰的に状況を把握するため役立つ…のか、分からない。

     仮に、「コンピュータ史」という分野があるのだとしたら、それは、コンピュータを分解して→「ハードウェア」「ソフトウェア」の両面から起源と変遷をたぐるものになるだろう。そんな視座なら上記のリストは妥当かもしれないが、あまりにも学問的。むしろビジネスの視座を取り込んだ「ソフトウェア企業の競争戦略」から見たソフトウェア企業の歴史の方が興味深い[参照]。本書は、ビジネス競争戦略の観点からコンピュータ企業をリサーチした集大成。「日本のプログラマの品質は世界最高の水準以上にも関わらず『良いものを作れば売れる』主義を信奉するあまり、ビジネスの本質から離れてしまっている」が強烈なり。

    ■人物・企業

  10. マイクロコンピュータの誕生 わが青春の4004(嶋 正利)
  11. IBMの息子 トーマス・J・ワトソン・ジュニア自伝(トーマス・J・ワトソン・ジュニア)
  12. 未来をつくった人々 ゼロックス・パロアルト研究所とコンピュータエイジの黎明(マイケル・ヒルツィック)
  13. ブルーマジック : IBMニューマシン開発チームの奇跡(ジェイムズ・クポスキー/テッド・レオンシス)
  14. マッキントッシュ物語 僕らを変えたコンピュータ(スティーブン・レヴィー)
  15. アラン・ケイ(アラン・C. ケイ)
  16. 実録!天才プログラマー(スーザン・メイヤーズ)
  17. マイクロソフト ソフトウェア帝国誕生の奇跡(ダニエル・イクビア/スーザン・L・ネッパー)
  18. インサイドインテル(ティム・ジャクソン)
  19. スーパーコンピュータを創った男 世界最速のマシンに賭けたシーモア・クレイの生涯(チャールズ・J.マーレイ)
  20. フリーソフトウェアと自由な社会(リチャード・S・ストールマン)
  21. それがぼくには楽しかったから(リーナス・トーバルズ)

     これも全滅。「ビル・ゲイツ未来を語る」じゃダメ? 時代や技術と人がシンクロして、その技術の代名詞としてのみ記憶に残っている。「闘うプログラマー」でWindows-NTを開発したデビッド・カトラーがスゴいアツい。

    ■ドキュメンタリー

  22. コンピュータ犯罪(ドン・パーカー)
  23. 暗号化 プライバシーを救った反乱者たち(スティーブン・レヴィー)
  24. メディアの興亡(杉山隆男)
  25. ハッカーズ(スティーブン・レヴィー)
  26. ハッカーズ大辞典(エリック・S・レイモンド)
  27. カッコウはコンピュータに卵を産む(クリフォード・ストール)
  28. 欺術 史上最強のハッカーが明かす禁断の技法(ケビン・ミトニック/ウィリアム・サイモン)

     「コンピュータ犯罪」にソソられる。それも一般の愉快犯からのクラッキングではなく、インサイダーの方。マスゴミが嬉しそうに垂れ流す「コンピュータ犯罪」は稚拙なものばかり。(わたしなら、もっと「ちゃんと」やるのに)スゴ腕のプログラマがマジメに取り組んだなら、痕すら残さないから、真の意味で完全犯罪なんだろーなー…とぼんより考えたり(もちろんわたしましませんぞ、良い子だから)。

     「欺術」は読みたいリストにある。コンピュータやネットワークの脆弱性を狙った、いわゆる「正攻法」のクラッキングではなく、ソーシャルエンジニアリングのクックブックとして読みたい。ハードウェア・ハッキングからショルダーハッキングまで、「非」正攻法はどういったものがあるか、非常に興味あり。以前のエントリをもっと深堀りできそう。

      悪のプログラマ[参照]
      悪のプログラマ―――もっと冴えたやりかた[参照]

    ■思想

  29. ゲーデル、エッシャー、バッハ(ダグラス・R・ホフスタッター)
  30. 心の社会(マーヴィン・ミンスキー)
  31. コンピュータには何ができないか 哲学的人工知能批判(ヒューバート・L.・ドレイファス)
  32. 思考する機械コンピュータ(ダニエル・ヒリス)
  33. メディア論(マーシャル・マクルーハン)
  34. ビーイング・デジタル(ニコラス・ネグロポンテ)
  35. 生きのびるためのデザイン(ヴィクター・パパネック)
  36. 誰のためのデザイン?(ドナルド・A・ノーマン)

     [東大教官がすすめる100冊]でリストを作ったが、ここにも「ゲーデル、エッシャー、バッハ(10位)と誰のためのデザイン?」(93位)が出てくる。コンピュータを思想的な面からとらえるには外せない書なんだろう。非常に挑戦的な題の「コンピュータには何ができないか」はぜひ読みたい。

     「ゲーデル、エッシャー、バッハ」は、いわゆる reflexive(再帰)および自己言及がテーマ。

     ゲーデルの不完全性定理、チューリングの定理、人工知能の研究が渾然一体と結び付けられているとのこと。エッシャーのだまし絵やバッハのフーガはこれらをつなぐメタファーとして位置付けられている。分かったようなフリして書いてるが、手にとって眺めたことぐらいしかなく、読んでも頭に入っていない。何度も味読して自分で噛み噛みしなけりゃ「読んだ」ことにならないだろう。これ読んで面白がる人は、いわゆる「頭がいい人」、知性的な人なんだろうなぁ…

     「誰のためのデザイン?」は、ぐっと敷居が低くなってユーザーインタフェースの本。ようやく既読本が。

     誰だって心当たりがるに違いない→「引いて開けるドアを押してしまったり、押して開けるドアを引いてしまったり、横に滑って開くドアに正面から突っ込んでいってしまったり」 ←これらは普通の人の「うっかり」なのだろうか? ドアなら突き指やデコのコブで済むが、電話機だと? コンロなら? 人間による「操作ミス」でくくられてしまうが、本当にそれが原因なのだろうか? という疑問に真正面から取り組んでいる。

     これが類書より頭一つ抜きん出ているのは、コンピュータのGUIや標識の記号論に限定していないところだろう。「動作や機能の本質は、その形態に表れる(のが良いインタフェース)」を、ドアノブからパソコンまで、徹底的に追求している。認知科学者のデザイン論として、あるいはアフォ-ダンスの実論として読める。

     「コンピュータには何ができないか」は、人工知能研究の可能性と限界を、哲学的な根本問題にまで遡って論究した、反AI論の古典。

     世の中の、それこそありとあらゆる事象は批判にさらされているにもかかわらず、コンピュータについてはあまり聞かない。やれやれドンドン、「できること=やれること=やってもいいこと」の三段論がまかり通っていて、ストップをかけている(かけようとしている)人は見当たらない。あ、「ネット有害論」のような限定化されたやつじゃなく、もっと哲学的な視点からの批判のことよ。本書がこれに相当するのじゃないかと期待。ちなみに、「コンピュータには何ができないか」とは、「コンピュータは何ができないのか」(能力)のことではなく、「コンピュータがしていいことと、してはいけないことがあるのか? あるならその境界は何か?」(許可)のことだと勝手に読み替えている。

    ■数学/アルゴリズム

  37. コンピュータの数学(グラハム/クヌース/パタシュニック)
  38. いかにして問題をとくか (G・ポリヤ)
  39. アルゴリズムの設計と解析(A.V.エイホ)
  40. アルゴリズムとデータ構造(ニクラウス・ヴィルト)
  41. データ構造とアルゴリズム(大野義夫)

     これも全滅。これは、わたしが「コーダー」だったことをハッキリと明らかにしている。かっちょいい言い方をしてもいいなら、仕様をコードに書き写すのがコーダー、仕様から最適なアルゴリズムを創りだすのがプログラマ、になるのか。

     「いかにして問題をとくか」は原書が1940年、翻訳が1954年出版と、どえらく古いモノ。問題解決の本質はテクノロジーがいかに進もうと、変わっていないことを確認するために、読むべ。宣伝文句は、「問題を解く態度とその喜びを説いた不朽の古典的名著」とのこと。amazonレビューアーによると、マイクロソフトの新入社員は本書を必ず読むことになっているそうな。

     プログラミング現役の頃に読んでおけばよかったと思っているのが、「アルゴリズムとデータ構造」。プログラミング学習の王道にして必読書、だそうな。名著100冊にある紹介文が耳に痛いが引用する。

    プログラマ的能力のない人間が書いたプログラムは、「だいたい正しく動く」が、非効率だったり、特殊な状況で誤動作するものだったりする。場当たり的なコードがツギハギで入っており、「アルゴリズムとデータ構造を整理して考えろ」と諭されても直るものではない。これは現場での試行錯誤で簡単に身につく能力ではないのである。

     締め切りに追われて場当たり的なコードをコピペしてきたのは、わたし。痛い。「誰もそんなこと言ってくれなかった」なんて青いイイワケをするつもりはないが、少なくとも本書に出会っていたらと反省しきり。テクニックではないプログラミングにまともに取り組むつもりなら読んでおけ、というほぼ完璧な名著とのこと。いっぽう、ある程度経験を積んだプログラマには「データ構造とアルゴリズム」が良いとされている。

    ■コンピュータサイエンス

  42. やさしいコンピュータ科学(アラン・W・バイアーマン)
  43. サイバネティックス 動物と機械における制御と通信(ノーバート・ウィーナー)
  44. 自己増殖オートマトンの理論(J.フォン・ノイマン)
  45. 情報と符号の理論(宮川 洋/原島 博/今井 秀樹)
  46. コンピュータと認知を理解する(テリー・ウィノグラード)
  47. 認識と学習(安西祐一郎)
  48. 自然言語処理(長尾 真編)
  49. エージェントアプローチ(スチュワート・ラッセル/ピーター・ノーヴィグ)

     これも全滅。記号学や認知論、言語処理といった、体系的にコンピュータサイエンスに取り組むなら、必ずたどりつくラインナップ。見方を変えると、上記のリストを起点として掘り下げていってもいいのかも。ただ、実利を求める立場からすると、なんだかガクモン的なにおいがする。現場にまみれる前にやっておけ、というやつなのかも。

     「やさしいコンピュータ科学」は、米国大学で最初にコンピュータ全般を学ぶ講義の教科書とのこと。特に難しい数学があるわけでなし、情報科学や情報工学に興味がある高校・大学生に向いているそうな。使用言語はPASCAL。即効性はないかもしれないけれど、わたしたちがノイマン型から脱却しない限り、いつまでも「読める」テキストであるにちがいない。

    ■アーキテクチャ/OS

  50. わが友 石頭計算機(安野光雅)
  51. コンピュータ・アーキテクチャ 設計・実現・評価の定量的アプローチ(デイビッド・A. パターソン/ジョン・L. ヘネシー)
  52. コンピュータの構成と設計 ハードウエアとソフトウエアのインタフェース(ジョン・L. ヘネシー/デイビッド・A.・パターソン)
  53. コンピュータグラフィックス 理論と実践(ジェームス・D・フォーリーほか)
  54. TRONを創る(坂村 健)
  55. OSの基礎と応用 設計から実装―DOSから分散OS Amoebaまで(アンドリュー・S・タネンバウム)
  56. MINIXオペレーティング・システム(アンドリュー・S・タネンバウム)
  57. UNIX原典 AT&Tベル研のUNIX開発者自身によるUNIX公式解説書(AT&T Bell研究所 編)
  58. UNIX4.3BSDの設計と実装(サミュエル・J・リーファー/ジョン・S・クオーターマン/マイケル・J・カレルズ/マーシャル・K・マクシック)
  59. Lions' Commentary on UNIX(ジョン・ライオンズ)

     これも全滅。わたしは何をやってきたのだろう、ぢっとキーボードを見る。大学でキチンと情報処理科目を選択した奴が読む「教科書」だよ、とうそぶきたい。アーキテクチャのオーバービューなら、「コンピュータはなぜ動くのか」と「プログラムはなぜ動くのか」を押さえておけばよいのではないかと(てか、その奥の良本を知らない)。

    ■コンパイラ/言語

  60. コンパイラ・原理・技法・ツール(A・V・エイホ/R・セシィ/J・D・ウルマン)
  61. コンパイラの構成と最適化(中田育男)
  62. プログラミング言語C(ブライアン・W・カーニハン/デニス・M・リッチー)
  63. COMMON LISP(ガイ・L・Jr・スティール)
  64. はじめて読むマシン語(村瀬康治)
  65. プログラミング言語Java (ケン・アーノルド/デビッド・ホームズ/ジェームズ・ゴスリン)
  66. プログラミングPerl(ラリー・ウォール/ジョン・オーワント/トム・クリティアンセン)
  67. プログラミング言語C++(B・ストラウストラップ)
  68. Effective C++(スコット・メイヤーズ)
  69. オブジェクト指向スクリプト言語Ruby(まつもとゆきひろ、石塚圭樹)

     ようやっとK&R本が。「プログラミング言語C」大先輩、中先輩、小先輩と、あらゆる先輩からオススメされて読んだが、結局「良さ」が分からずじまい。amazonレビューで的を射たコメントがある→Cプログラマーが「C言語を使える人」と「C言語を理解している人」に分けられるなら、この本は後者に属する。Cで読み書きできることと、Cを「理解することは別物。コーダーとプログラマの差はここで分かる本なんだと、(今になって)理解できる。

    ■プログラミング

  70. 計算機プログラムの構造と解釈(ジェラルド・J・サスマン/ジュリー・サスマン/ハロルド・アベルソン)
  71. プログラミング作法(ブライアン・W・カーニハン/ロブ・パイク)
  72. UNIXプログラミング環境(ブライアン・W・カーニハン/ロブ・パイク)
  73. 構造化プログラミング(エドガー・W・ダイクストラ/C・A・R・ホーア/O・J・ダール)
  74. プログラミング原論 いかにしてプログラムをつくるか(エドガー・W・ダイクストラ)
  75. 文芸的プログラミング(ドナルド・E・クヌース)
  76. 準数値算法/算術演算(The Art of Programmingシリーズ)(ドナルド・E・クヌース)
  77. TEXブック コンピュータによる組版システム(ドナルド・E・クヌース)
  78. UNIXネットワークプログラミング (W・リチャード・スティーブンス)
  79. 珠玉のプログラミング(ジョン・ベントレー)
  80. プログラミングWindows(チャールズ・ペゾルド)
  81. デザインパターン改訂版(エリック・ガンマ/ラルフ・ジョンソン/リチャード・ヘルム/ジョン・ブリシディーズ)
  82. 詳説正規表現(ジェフリーE・F・フリードル)
  83. CJKV日中韓越情報処理 (ケン・ランディ)
  84. Java言語で学ぶデザインパターン入門(結城 浩)
  85. 憂鬱なプログラマのためのオブジェクト指向開発講座(Tucker!)
  86. XMLとJavaによるWebアプリケーション開発(丸山 宏/浦本直彦/アンディ・クラーク/田村健人/村田 真)
  87. C言語による最新アルゴリズム事典(奥村晴彦)

     いくつか既読が出てくるけれど、本当に読んでおくべき「プログラミング作法」「The Art of Programming」は未読。なんとも中途半端。

     「デザインパターン」は読んだが頭が追いつかない。読んだ、じゃなくて眺めた、だね。分かったツモリ君になるのもシャクに触るので、分からねぇと触れてまわってたら結城さんの「Java言語で学ぶデザインパターン入門」をオススメされる。これは分かった!「パターン解説→コード→発展」と読むのではなく、いきなりコード読んで「なんでそう書くの?」という疑問を解説で確かめるやり方で読んだ。パターン厨が「GoFにあらずんば…」と本書を攻撃するけれど、あたしにゃこれで充分。

     オブジェクト指向「らしさ」を学んだのは「憂鬱なプログラマのためのオブジェクト指向開発講座」のおかげ。今じゃそれこそ山ほどのOO解説本が出回っているが、当時はこれにかじりついてた(3回くり返して読んだ)。いわゆる「教科書的」でないところがよく、後編のミサイルゲームを用いた解説は非常に面白く読めた。OOの本質は「ミサイルの当たり判定をミサイルそのものに持たせる」あたりで目が開いた。

    ■ソフトウェア開発

  88. スーパーエンジニアへの道(ジェラルド.M.ワインバーグ)
  89. ピープルウェア(トム・デマルコ/ティモシー・リスター)
  90. 人月の神話(フレデリック・フィリップス-ジュニア・ブルックス)
  91. ソフトウェア工学―理論と実践(シャリ・ローレンス・プリーガー)
  92. オブジェクト指向に強くなる(青山幹雄/中谷多哉子)

     ワインバーグ、デマルコ、人月の神話とメジャー級が並ぶ。開発方式、方法論は沢山書籍が出ているけれど、わたしが選んでもやっぱりこれらは外せない。ただ、「ワインバーグ(あるいはデマルコ)ならコレじゃないの?」というツッコミはある。

     「人月の神話」は原書が発行されて20年以上経つが、全く古びない。いや、読むたびに気づかされる点が増えてくるのが面白い。初読ンときは「構造化無用、OO万歳」だったのが、そもそもOOを銀の弾丸と見なす時点で、ジ・エンドだと気づかされる。また、「遅れているプロジェクトへ要員を追加することは、は火に油」とあるが、実践では押し付けられた追加要員をどうやって上手くまわすかを学んだ。古典・名著だからガクセーさんにオススメする人がいるが、むしろ実践で酷い目に遭ってきたPMこそ味読して欲しい一冊。

    ■データベース/ネットワーク

  93. データベース・システムの原理(J・D・ウルマン)
  94. データベース・システム概論(クリスチャン・デート)
  95. トランザクション処理 概念と技法(ジム・グレイ/アンドレアス・ロイター)
  96. コンピュータ・ネットワーク(アンドリュー・S・タネンバウム)
  97. Webの創成 World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか(ティム・バーナーズ=リー)
  98. TCP/IPによるネットワーク構築(ダグラス・E・コマー)
  99. 詳説イーサネット(チャールズ・E.・スパージェン)
  100. PGP - 暗号メールと電子署名(シムソン・ガーフィンケル)

     これも全滅。「初心者のための~」とか「○○入門」といった本なら読み散らしてきたが、基本に相当するこれらは一切読んでいない。言い換えると、入門から一歩も先へ進んでいないとも。入門だけは沢山カジって、あとは実践投入で鍛える。今から考えるとそら恐ろしい冷や汗モンだな。それでもチームリーダーがスゴいプログラマだったので、こんなわたしでも駒として動けたんじゃないかと。

 名著100冊の紹介はこれにて終了。このリストに「ない」名著が沢山あることは急いで指摘しておかねばならない。なぜなら、このリストを見たら「ソレを名著というなら、コレは?」というツッコミをしてくてウズウズするだろうから。

 例えば、どのジャンルに入るか迷うが、UMLも入るだろ。原典なら、UMLによる統一ソフトウェア開発プロセス(イヴァー ヤコブソン)だけど未読。ファウラー氏の「UMLモデリングのエッセンス」を何度も読んだが、名著100冊に入るか微妙。

 こうしてみると、オブジェクト指向開発の書籍が少ないことが分かる。アジャイルなんてまるでない!「ハッカーと画家」なんて入れたくなるね。あるいは、知識体系をまとめたガイド(SWEBOK)もない。それでも、新しめの書籍は各章最後のコラムで紹介されており、名著100冊と謳いながら100冊+αとなっている。OOの良本はここで拡充できる。

 何を入れ何を外すかは意見の分かれるところ。「今から10年経っても読むべき」基準で考えると、また違ったリストができあがるかもー


|

« 「涼宮ハルヒ=キャッチ22」説 | トップページ | IT失敗学の研究 »

コメント

reflexive(再帰)は recursion ですね。形容詞形のrecursive は少し似ているか。

投稿: no-name | 2006.05.26 15:25

初めまして。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
「読書が趣味」と言う域にはまだまだ達していないのですが、
出来るだけ多くの知識に触れてみたいと思い、
ここで進められている本を、せっせと「読書リスト」に加えている毎日です。

そこでご質問があるのですが、
タイトルの管理(未読、既読、面白かった、つまらなかった等)は、
どのようにして行っているのでしょうか?

教えて頂ける範囲で構わないので、効率的な方法があれば宜しくお願いします。

投稿: Nobu | 2006.05.26 18:12

> no-name さん

あっ
確かに。「再帰」は recursion が適切ですね。ありがとうございます。

> Nobu さん

読書リストは手帳+ネット上のメモで管理しています。
図書館を利用し、貸出期限をペースメーカーにしています。
「面白い・つまらない」という観点ではなく、「何のために読むのか?」を意識しながら手にします…で、読んだら必ず「抜き書き」をします…などなど、、

  「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」(福田和也)

から盗みました(オススメ)。

投稿: Dain | 2006.05.26 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/10241856

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータの名著100冊:

» コメント追加中! [最新本に辛口コメント。テキトー批評。]
最新の本をテキトーにコメントしてます。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 2006.06.19 13:39

» JavaプログラマのためのUML [もぼなもな書房]
JavaプログラマのためのUML これとargoumlのコードジェネレータでUMLを覚えました。 って、まだ一部だけだけど。 UMLは結局コードに... [続きを読む]

受信: 2009.03.30 15:37

» C++によるXML開発技法 [もぼなもな書房]
C++によるXML開発技法 XMLというとJavaばっかりで、C++からどう使うのか 情報を求めていた。C++とXMLという組み合わせでは この本が唯... [続きを読む]

受信: 2009.05.26 01:00

« 「涼宮ハルヒ=キャッチ22」説 | トップページ | IT失敗学の研究 »