« 子どもに死を教える三冊 | トップページ | 大聖堂 »

チェルノブイリ旅行記―――オオカミの大地

 以前ご紹介した「チェルノブイリ旅行記」の続編、「オオカミの大地」を読んだ。

 「チェルノブイリ旅行記」は、あの場所を駆け抜けた女性ライダーの記録。美人だぜ[証拠]

 廃墟がブームらしいが、この地上での究極の廃墟はチェルノブイリを中心とした閉鎖領域(Confiscated/Closed Zone)だろう。A.タルコフスキー監督「ストーカー」の"ゾーン"そのまんまの光景。

 廃棄された軍用トラック、ヘリコプター、船舶…そして建造物。全ての建物のドアというドア、窓という窓は開かれている。なぜなら放射能はホコリに溜まるから。ドアや窓を開放することで、放射塵を吹きさらし、自然に帰すことができる。

 地球規模の希釈。

 その場所を、彼女は再び訪れる。再びどころか、何度も。

 原子炉から45km離れたヴィルチャでは、ガイガーカウンターは109mRを示している。危険ではないらしいが、吸い込んだ放射塵は分からない。ホコリは地面に吸収され、土地そのものが放射能を帯びている。呪われた土地だ。

 …というのも、地図からは地名も道路も抹消されているからだ。旅のドライバーがうっかり迷いこまないようにとの配慮らしい。

 ある特定の廃屋や廃ビルの「写真集」ではない。バイクに乗って延々と走っても走っても、遺棄された光景が続く。連綿とつながる写真"群"を見ていると、核戦争後の風景はきっとこんなんだろうな、と思えてくる、オオカミが支配する大地。

本家
  Ghost Town
  Land of the Wolves

邦訳サイト
  エレナのチェルノブイリへのバイク旅
  訳者さん、お疲れさまです。教えていただき、ありがとうございます。

|

« 子どもに死を教える三冊 | トップページ | 大聖堂 »

コメント

こんばんは。チェルノブイリですか・・・

前に書いた文章です。1冊目とてもいいです。

「恐怖と憤怒」
http://dora.boo.jp/doc/00001.html#20050327-2

ではでは。

投稿: Dora | 2006.04.06 23:45

Dora さん、コメントどうもです。

んー、どれも未読ですが、原発バックエンド処理や放射性廃棄物処分の費用も含めると、当初予算を大幅に上回る…なんて話のような気が。
広瀬隆氏はネタとして面白いと思っています。

投稿: Dain | 2006.04.07 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/9464564

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ旅行記―――オオカミの大地:

» 温暖化と病気 [ニュースとビジネスの点と線]
4月16日の日経記事、「温暖化このまま進むと・・・固有種大量絶滅の恐れ」を読ん [続きを読む]

受信: 2006.04.19 12:18

« 子どもに死を教える三冊 | トップページ | 大聖堂 »