« JAPAN UNDERGROUND を絵本がわりにする | トップページ | ゲームで子育て »

良い育児書、悪い育児書

 実は見わける方法がある。「子ども」の部分を「あなた」に置き換えてみるのだ。納得感が得られれば、良い育児書。「えー!?」と思ったなら、悪い育児書。「良い」「悪い」とは、「読んで使える」か否かと定義する。

 例えば、感情的になっている子どもにどう接するかについて、次のガイドで確かめてみよう。「子ども」を「あなたの妻(夫)」に置き換えてもOK。

[子どもたち]は強い感情に突き動かされているときは、誰の言葉も耳に入らない。忠告も慰めも建設的な批判も受け取ることができないのだ。[子どもたち]は自分のなかに起こっていることを、自分がその瞬間に感じていることを、わたしたちに理解してもらいたがっている。

[子ども]が自身に対し否定的なことを言った場合、それを打ち消したり異議を唱えたりしても、[子ども]にとってはほとんど役に立たない。まず[子ども]の感情を丸ごと受け入れ、認めることが先決。

 「子は親の鑑」…分かっちゃいるが、(わたし含む)実践できてない人は、育児書というツールで確認してみてはいかが?

 さらに、良い育児書と、最高の育児書の違いがある。良い育児書は、読んで実感できる。もっと良い育児書は、読み手が(=親が)感化される。最高の育児書は、読むうちに親の方を育自してしまう。

 「マニュアル世代」誹謗上等!育児書は読み漁れい!

 実践的親業をする身になって、初めて気が付いた→見習うべき「親」がいない。上の世代に、ロクなオトナがいない。過去の家族モデルにしがみつくつもりは毛頭ない。だからマニュアル(育児書)に手を出す。可視化された knowledge は参考にするが鵜呑みにしない。かつ、読んだら実践→フィードバックする。経験値は読んで身に付ける。

 わたし自身、親のありがたみは骨身にしみているが、親業として見習うものは、少ない。「背中を見て育つ」は確かに真実だが、放任の言い訳とも。ときどきわたしは気づくんだ、自分が親から言われたことと同じようなことを、子どもに向かって告げている。

 「子育てとは、リアル育成シミュレーションゲーム」っつったら殴られそうだが、現実はそんなもん。ただし、コントローラーは「自分自身」であるところがミソ。育児はまず、自らを育てる「育自」から。ファミ通の攻略本はないけれど、数だけは山ほどある。

 「デート中に、"選択肢"が見えたらなぁ」と本気で考える奴はヲタ。けれど、親業やっているときは、選択肢を念頭において行動すべき←行動の根拠を自覚しておく必要があるから。

 無数にある「選択肢」のうち、強力なやつを紹介しているのは、これ「子どもの話にどんな返事をしてますか?」。これはかなり良い本。以下ザップするので参考にして欲しい。

* * * * *
子どもの話にどんな返事をしてますか

 いいほめ方と悪いほめ方。ほめる対象は子どもの努力や成果であって、性格や人格ではない。叱り方と同じ

 庭掃除をした子どもに、子どもがいかに一生懸命働いたかとか、庭がとてもきれいになったということについてほめることは良い。しかし、その子に向かって「あなたはいい子ね」というのは、全くの的外れであるどころか、不適切でもある。「いい子」には親の評価が入っているから。

 ドラゴン桜効果(?)なのか、最近では「ほめて育てよ」が合言葉。しかし、正しいほめ方をしないと「親のメガネからの姿」を強要することになる。子どもにとって、これは苦痛だろう。やみくもでなく、習慣・行動に的を絞って正しく「誉める」こと。

 正しい怒り方。感情を噴出させる方法があり、自覚しながら正しく怒る。子どもに激情をぶつけ、自分がスッキリするために怒るのではない。親にも堪忍袋の緒というのがあることを理解させ、すべきこと/してはいけないことをハッキリと思い知らせるために、怒るのだ。正しく怒るため、次の3つの準備をしておく必要がある。


  1. 子どもの相手をしていると、どきどき怒りを感じるという事実を受け入れる(わたしたちは聖人ではない)
  2. 罪の意識や恥を感じることなく、怒る権利を持ち、感じたことを表現する権利がある(怒りは悪徳ではない)。
  3. ただし、怒りを表現するとき、子どもの人格や性格を攻撃してはならない。怒りはコントロールできる。怒ることを止めるのではなく、正しく「怒る」

 実際に怒るとき、正しく怒るためのポイントは次の通り。


  • 主語は「わたし」に限定。動揺した気持ちをハッキリ口に出して言う。「私、怒っている」「私、かんかんになっている」と怒りを強めながら表現する。
  • 怒っている理由を説明し、こちらの反応や、取りたい行動を淡々と述べる

    • 「靴下やセーターが床一面に散らかっているから、カッとなったの。窓を開けて全部放り投げてやりたい」
    • 「あなたが弟を叩いたから怒っている。もうカンカンになっている。あなたが弟を傷つけるのは絶対に許せない」
    • 「夕食に呼んだのに、あなたがこないから怒っている。すごく怒っている。美味しい食事を用意したんだから、感謝してもらいたい、無視するのではなく」

 正しい怒り方があるように、まちがった怒り方もある。それは、すでに答えが分かっている質問をすること。ウソの上塗りを強要するか、子どもを追い詰めているだけ。最高にまちがった怒り方は「どうして…なの!」。それは質問ではなく、「おまえは…なんだ!」と強烈なメッセージを送っている(決め付けている)。決め付けられた子どもがそいつを改めると思うか? 自分に当てはめてみるといい。

  「どうしてオマエはいつもだらしがないんだ?」

                     →オマエはだらしがない!

  「どうしてオマエはいつも間違えてばかりいるんだ?」

                     →オマエは間違えてばかりいる!

  「どうしてオマエは自分で決めたことを守れないんだ?」

                     →オマエは決めたことが守れない!

 「別に」「何も」対策

  「学校はどうだった?」
                     『別に』

  「今日は何をしたの?」
                     『何も』

 …んで、これ以上ツッコもうとすると、『うるさいなぁ、放っておいてよ!』と嫌がられる。上手くいっているか心配な親と、根掘り葉掘り聞かれるのがイヤな子どもとの典型的な会話。

 子どもは疲れていたり、学校で起きたイヤなことを忘れようとしたりしている。そこへ畳み掛けるように質問されたら、自分だってイヤでしょ? 職場から帰ってきて、妻(夫)に、「お帰り、仕事はどうだった?」て訊かれたらどう感じるか想像してみて。

 この場合、「質問」ではなく「コメント」を伝える。自分が相手(子ども/夫/妻)を理解している「メッセージ」を伝える。例えば、


  • 家に帰ってきて嬉しそうだね
  • 大変な一日だったみたいだね
  • やっぱり家に帰ってくるとホッとするよね
  • 学校が終わるのが待ちきれなかったんじゃないの

 このとき、子どもがどう反応するかは、自分自身に当てはめて想像してみよう。妻(夫)からそうした「お疲れサマ」というメッセージを受け取ったら、自分ならどう返すだろうか。「別に…」でないことは確かでしょ。

* * * * *

 「子どもの話にどんな返事をしてますか?」の対象は、3歳~15歳の子ども。しかし、「子ども」を「わたし」や「妻(夫)」に置き換えると、実は末永く使える共育マニュアルでもある。

 以前のエントリ「親になったら読んでおきたい三冊」に加え、本書は四冊目として強力にオススメ。

|

« JAPAN UNDERGROUND を絵本がわりにする | トップページ | ゲームで子育て »

コメント

はじめまして。もうすぐパパになる者です。育児書を探しており、こちらにたどり着きました。突然のコメント失礼いたします。
すっきりとした気分で読ませていただきました。
僕が最近読んだ「幸せ子育て」に共通する部分があります。
僕はすばらしいと思いましたが、そちらさまがどういう感想をもたれるのか、ぜひ知りたいところです。
もし、読む機会がありましたら、ご感想をお願いします。
今手元にないので、詳細は確かでないのですが、表紙が黄色で、ごま書房かごまブックスの出版だったと思います。。
ご紹介くださった本を手にとってみます。
ありがとうございます。

投稿: もんきち | 2007.06.23 07:52

>>もんきちさん

コメントありがとうございます
「幸せ子育て」の評判を漁ってみました。入りやすい良い本ですね。
実は、今では子育て本よりも「人育て」になってきているので、杉浦 類美子さんのターゲットからは外れてきています。

今はこんなカンジです↓

子どもに死を教える三冊
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2006/04/post_71d1.html

子どもに死を教える4冊目
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2006/08/4_fd8c.html

ゲームで子育て
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2006/03/post_ee00.html


他にもいくつか埋まっていますが、自分でサルベージできません…

投稿: Dain | 2007.06.23 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/9094017

この記事へのトラックバック一覧です: 良い育児書、悪い育児書:

» 子どもの話にどんな返事をしてますか? [satoshi's 父子家庭日記]
我が家にはたくさんの育児書があったりする。なぜたくさんの育児書があるかと言うと、神さんが出産と育児に非常に興味を持っていたのだ。でも、この本はなかったように思う。 この本は、「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」という有名なブログの昨日..... [続きを読む]

受信: 2006.03.16 17:36

» 育児書だけでなくマニュアル・技術書もそう [atsushifxの七転八倒]
良い育児書、悪い育児書  実は見わける方法がある。「子ども」の部分を「あなた」に置き換えてみるのだ。納得感が得られれば、良い育児書。「えー!?」と思ったなら、悪い育児書。「良い」「悪い」とは、「読んで使える」か否かと定義する。  さらに、良い育児�... [続きを読む]

受信: 2006.03.20 16:48

« JAPAN UNDERGROUND を絵本がわりにする | トップページ | ゲームで子育て »