« 嫁とギャルゲ(家族計画) | トップページ | 「ベルカ、吠えないのか?」でチョビを思い出すのは反則 »

羽生さんの「仕事とやる気のつくり方」はスゴ本

 本読んで勇気もらった、感謝。マネジメントをやりたいと強く動機付けられた。「幸せなITパーソンになるためのいきいきする仕事とやる気のつくり方」はスゴ本。でも普通に読んだなら「あたりまえのことが書いてあるだけじゃん」で終わってしまうだろう。

 この本の本質は「あたりまえのことをちゃんとやる。その考え方」。「SEへの応援歌」と銘打っておきながら、ITにはほとんど関係ない。「プロ」として食べていく人全員が読者候補だな。

 著者は「なぜ仕事をするのか?」とか「どうして会社にいるのか?」といった素朴な疑問から簡単な言葉を選んでで順々と説いてゆく。ナルホド納得と読み進めていくと、自分では意識していなかった深いところまで連れて行かれる。いいや、知ってはいたけれど、ちゃんと考えるのが怖くて目を向けていなかったところへ否応なしに連れて行かれる。

 4匹のサルの話は心底ゾっとした。この話だけでモトは取った、と思っていると、「はぶにっき」でおなじみの羽生節が随所で光る。

大きな変化は大変です。漢字の通りです。小さな変化を継続的に繰り返していく体質を身につけましょう。小さな変化を習慣化するのです。

あなたがリーダーになったら、覚悟を決めなければならないことがあります。「すべての責任を背負う」ということです。調子のいいときだけ景気のいいことをぶち上げて、苦しくなったら言い訳をして蔭に逃げ込むような人を果たして信頼できるでしょうか。そんな人についていこうと思うでしょうか。あなた自身はどうですか?

 プロジェクトマネジメント論といい、仕事と給料の話といい、これ「あなた=読者」の書きっぷりだけど、自分に言い聞かせているように見える。羽生さんは最初の読者である自分自身のために書いたのではないか、と思ったり。
仕事とやる気のつくり方
 Seasar で知り、「はぶにっき」でファンになり、マジカで取り込まれたわたし。この人と一緒に仕事したい、と強く思った。そのためには、まずマネージャにならないと。ずっと尻ごみしていた昇格試験、受けよう、そして上を目指そう。

 ただ一つの文句。なにこの装丁!? 嫁さん曰く「なにこのアヤシゲな宗教みたいな表紙」…これでかなり損していると思う。

|

« 嫁とギャルゲ(家族計画) | トップページ | 「ベルカ、吠えないのか?」でチョビを思い出すのは反則 »

コメント

面白そうな本の紹介をありがとうございます。
読んでみます。

本当に、当り前の事を、当り前のように
実施していないプロジェクトが多過ぎますね。

舞い込んで来る問題プロジェクトは、
殆どが当り前のことを実行していない、
常識的判断が出来ていない、
など信じられないようなものが多いです。

問題になると、とにかく出来るPMを直ぐよこせ
ばかりです。

最後の表紙へのコメントが面白いですね。

では

投稿: maida01 | 2006.01.12 13:22

農家の本棚運営者の玲治です。
先日はトラックバックを張らせていただきありがとうございます。

>あなたがリーダーになったら、覚悟を決めなければならないことがあります。「すべての責任を背負う」ということです。

本当のことですよね。
結構まわりにそんなことも出来ない人がチラホラ(^-^;)ゞ

これからも宜しくお願いします。

投稿: 玲治 | 2006.01.12 15:35

maida01さん、コメントありがとうございます。
この本がスゴいなぁと思うのは、どこにも目新しいことがないことです。奇を衒ったノウハウはありません。愚直であたりまえな説明を、自分の経験と照らし合わせながら順番に追ってゆくことで、腹の底から納得できるのです。

玲治さん、コメントありがとうございます。
「責任を背負う」ことが恐ろしくて、今まで「上」を目指すことをためらっていました。しかし、この本に後押しされました。「できない」からやらないのではなく、できるようになりたい、と強く思いました。

投稿: Dain | 2006.01.12 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/8120288

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生さんの「仕事とやる気のつくり方」はスゴ本:

» 仕事とやる気のつくり方 [HelloWonderWorkWorld!]
いつも楽しく拝見させてもらっているDainさんのページで紹介されていたので自分も読んでみました。いきいきする仕事とやる気のつくり方いちおうITとかになってますけど、そんなことに関係なく社会人ならだれでも読んでみる価値はあるかと。... [続きを読む]

受信: 2006.01.17 23:38

« 嫁とギャルゲ(家族計画) | トップページ | 「ベルカ、吠えないのか?」でチョビを思い出すのは反則 »