« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »

子どもに「お金」を教える実践編:受給意識を植え付けない

子どもに「お金」を教えるシリーズ。「お金」を教える際、最も気をつけなければならないのがこれ。ピンとこないようなら、次の場面を想像してみるとよい(人によると、思い出すことになるかも)。

子は親の鑑というが、私にとってはむしろ、子どものふるまいを通じて、自分の子供時代を思い起こすことが多い。無邪気に見える言動に自分のコピーを感じ取ってひやりとすることもある。つい先日も、こんなことがあった。

「パパ、今月のおこづかいちょうだい!」

『お、そうだった、はい1000円』

「うん…」(と財布に入れる)

『おいおい、ちょっと待った』

「なに、パパ?」

『もらったら、ありがとうというんじゃないの?

「どうして? パパは毎月1000円くれるって約束でしょ? くれるのがあたりまえだから、わざわざありがとうを言うのはヘンだよ。でも、パパがありがとうと言って欲しいのなら言うよ、ありがとう

参考:ロバート・キヨサキ「金持ち父さんの子供はみんな天才」

この会話で明らかになるのは、親のお金に対する意識(子どもの、ではない)。ものの考え方は、ふつう親から子へ受け継がれる。もちろん親以外にも、教師、友達、メディアから受け継がれるが、こと「お金」に対する考え方を子どもに伝えるチャンスは、親以外誰も持っていない

では、この会話から炙り出されることは何か?

パパは、1ヶ月に1000円お小遣いをくれる。お小遣いをもらうことは当然だ。ひどく叱られる罰ならともかく、特に悪いことをしない限り

問題が特に無ければ、定期的に定額の収入が得られる

会社から給与をもらうのは当然だ

国から年金をもらうのは当然だ

もらうのが当然という考え方がある限り、お金からは自由になれない。会社や国が所定のお金を払わなくてもよい、といっているのではない。もちろん働いたり払い込んだ分、受け取る資格はある。しかし、それをアテにして、あたかも神から授かった権利の如く「当然」の顔をするのは、今のうちから止めておいたほうがよい。会社が所定の給与を払わなくなる出来事や、国が規定の年金を払わなくなる事態なんて、ここでいちいち挙げなくっても、分かるでしょうに。

「定期的にお小遣いをあげる/あげない」について夫婦間で話し合ったことがあるのなら、この問題につきあたる。ちゃんちゃんとお金をあげることが本当に子どものためになるのか? と考えてゆくと、次の2つに割れる。どちらが良い/悪いのではなく、それぞれの根拠に着目したい。

1.お小遣いは、義務に対する権利

 あいさつをする、身だしなみを整える、部屋を片付ける、学校へ行く、宿題をする… などといった「決められたルールを守る」「すべきことをする」ことによって、定期定額に与えられるのが「お小遣い」。この場合、一定額でやりくりすることや、欲しいものがあっても我慢する忍耐を身に付けることができる。一方、「大過なく過ごせば、お金をもらうのは当然」という受給意識が植え付けられる場合がある。いわゆるサラリーマン意識が育つことになる。

2.お小遣いは、努力に対する成果

 買物を手伝ったから100円、掃除をしたから150円、読み古しマンガをヤフオクで売って1000円… などといった、お金を成果として受け渡しする「お小遣い」。お小遣いというよりも、小額ながら「稼ぎ」という感覚に近い。この場合、子どもはより大きな成果を目指し、努力する。よりチャレンジングになるだろうし、誰かをアテにしたような生き方はしなくなるだろう。しかし、その一方で「本来やるべきこと」が疎かになったり、浮き沈みの激しい懐具合にバクチ的な稼ぎをするようになるかもしれない。

かつては1.のやり方が一般的だった。「ちゃんと学校へ行って、ちゃんとした会社に入って、ちゃんと仕事をしていれば、ちゃんとした生活は送れる」という暗黙知が神話にすぎない今、1.のやり方を続けるということ自体がバクチ的になるかと。「お金」に対して子どもに教えられるのは、今のところ親だけ。親が1.の考えなら、子どもも1.のまま。「義務を果たせばもらうことは当然の権利」という意識を親が持っていて、それを変えようとしない限り、子どもも同じ考え方で世の中へ出てゆくことになる。

もう少ししたら、「お小遣い」をあげようと思う。その場合、1+2の併用になるだろう。定期定額(ただし小額)のお小遣いと、努力に対する成果としてのお金。子どもには1の中でやりくりしてもらい、2で「お金を殖やす」ことを学んでもらう。ふつう1の小遣いは年齢が上がると金額も上がっていく。しかし、うちの場合、1の定期的なお金は、ある年齢から据え置き(または低減)でやってみよう。それが今の給与の実体だからといったら残酷か。

以上、実践編「受給意識を植え付けない」話。底本は「金持ち父さんの子供はみんな天才」。お金に対し自由度の高い人生を手に入れてもらうことが目的。そのために親として何ができるか? このシリーズは続く。

これまでの「子どもにお金を教える」↓
  基礎編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画AIRを観る人の7割はメガネをかけている

ええ、なんとか時間ひねって行ってきた観鈴ちんの晴れ舞台。結論は「観なきゃよかった」だけれども、行かなかったなら後悔していたことも事実。ねぎらい言葉や罵声・非難は他をどうぞ。

平日昼間にAIRを観にきた人82人
そのうち女性3人(♀♀カップル1、単独1)
♂♀カップルできていた人ゼロ

池袋シネマサンシャインの話。しゃべりからすると大部分が学生さん。一部ネクタイ組あり。「♂♀カップル」があったら美しいニュースになろうかと思ったが、そんな奇特な女(男?)はいなかった。

メガネかけてた人59人

日本人でおよそ3-4割程度といわれているので、7割超はスゴい。メガネっ子は観鈴がお好き? かくいう私もメガネ派なのだが…

ラストで泣いちゃった人1人

かつてギャルゲならぬ「泣きゲー」の金字塔とまで言われていた(誉めすぎ?)にしてはみんな冷淡なのか? でもエンディングテロップが流れるとフツー帰り支度したり出てったりするものがだ、82人全員が身じろぎもせず魅入っていたのは壮観だった。

ラストで泣いちゃったのは実は私。お約束かもしれないが、あの曲をあそこで流すのは反則。観たことで大事にしていたものがいろいろ壊されたけれど、観なかった後悔はせずにすんだので、良しとしましょ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「万物理論」バレ抜き/バレ入りで

最初はバレ抜きで。抜きで書くと、どうしても貶しがち。

テクノロジーが社会や人体を突き抜けた2055年の世界は素直にスゴいぞ。視神経に接続され、腹腔内にアーカイブできるビデオカメラや、メラトニンパッチで体内時計を操作できるバイオガジェットは心底欲しいと思った。畏怖の念すら抱かされる未来社会は、ハックスリーやオーウェルのそれよりも、攻殻機動隊やAKIRAの方がしっくりくる。訳者あとがき(ここ)からの引用↓

 豪快で意表を突く奇想。論理のアクロバットとも呼ばれるほど大胆にして、偏執的なまでに緻密なロジック展開。それが混然となって、グレッグ・イーガンの長篇は読者に壮大なめまいを引きおこす。そのめまいこそは、“圧倒的な知的スリル”――SFの魅力にとりつかれたころはつねに感じていた、ほかでは味わえない興奮――にほかならない。さらに、惜しげもなく投入された長篇数冊分のアイデアが、そのめまいに輪をかける。

あらすじは扉の紹介を読むとこうある↓

"万物理論"──TOE:Theory of Everythig──とは、すべての自然法則を包み込む単一の理論である。2055年、この夢の理論が完成されようとしていた。ただし学説は3種類。3人の物理学者がそれぞれの"万物理論"を学会で発表するのだ。正しい理論はそのうちただひとつだけ。科学系の映像ジャーナリストの主人公は3人のうち最も若い20代の女性学者を中心に番組を制作するが───学会周辺にはカルト教団が出没し、さらに世界には謎の疫病が。究極のハードSF!

ただし、2/3は薀蓄がぎっしり。作者の博覧・空想・妄想が主人公または周囲の人々の口を通して語られ、やたら説明ちっくな会話が延々と続き、物語そのものは1ミリも動かない。主人公はああだこうだと脳内でしゃべくるだけで、お話を進めようという気は一切ない。まるで村上春樹の小説のようだ。主人公は、ときおり気の利いた警句めいたセリフを吐くが、だからなんなんだチョコボール。ネタ元を挙げればよいのか? ネタ集としては面白いが、伏線にしては書きすぎ。

ところが、残り1/3になると、ようやく主人公が動き出す。ここからが面白い。長い長い伏線がこんがらがった超ひも論の輪を解くように、主人公の動線上につながってゆく。そのつながり(リンク)が面白いといえば、面白い。

ここからバレ入り(ドラッグ反転で表示)。


「宇宙を正しく説明できたら宇宙そのものが消滅する」ネタは、とどのつまり「わたしが理解するから世界がある。そのわたしは、みんな」というオチにつながる。ここ読んでて激しくエヴァ「Air/まごころを、君に」を思い出した時点でオタ決定でしょうか? あるいは「アトレーユ!」と正しい名前で叫んだことで世界が還るエピソード(エンデ/はてしない物語)を思い出した時点でファンタジー厨房でしょうか? あるいは「真理を書こうと決意したまえ。そのペンの下で紙は燃え上がるだろう」(出所失念、シェイクスピア?)を思い出した時点で(ry

この本は「愛」というテーマで貫かれている」というひできさんに強く一票。他者理解の究極は自己同一化だ。自己同一化を極限まで進めれば「自分=宇宙」まで行けるってワケだ。ところが筆者はややこしくもまわりくどく、「愛」そのものの裏返しや外堀を伏線として使う。セックスは中毒性の神経化学的反射作用を持つ多幸性の症状に過ぎないと凡性に言わせたりする。あるいは、愛情とは脳からもらう快楽という"ごほうび"つきの自己モデルの信念なのだ。だから、その部位を自発的に取り除いた<自発的自閉症>者の方が、セックスやドラッグや宗教で同等の快楽を得ている人よりも優位だと言わせたりもする。愛とセックスについては異論が多々あろうが(わたしもその一人)、愛とはとどのつまり、相手を完全に理解することなんだ。ここでいう「相手」とはパートナーだったり宇宙だったりもするが(w

原題"Distress"は作中では正体不明の「奇病」として扱われるが、序盤に少し言及されただけで、後は全くといってもいいほど出てこなくなる。いつ出てくるのかなー、そもそも題名が「万物理論」なんてどうしてつけたのかなー、などと考え考え読みすすめると、ラストの万物理論に触れた人の症状に突き当たってなるーと思うだろう(わたしは唸った、と同時につながってよかったなぁとホっとした)

最後に。愛について抉られる文を引用。正直、究極の包括理論なんてどうでもいいと思っている。最近の科学の賞味期限は短い。ここン百年のテクノロジーだけで宇宙を包括しようなんて、幼稚(をっと、無知カルトと同じ考えだw)。むしろ突き抜けたテクノロジーの合間に見える人間くささの方に共感が湧く。そういう意味では2055年にこうしたセリフが吐かれるのは非常に面白い。自分への(結婚への、と読み替えても可)深い反省をもたらす一節なり。

 おれはほんとうにリサを愛しているし、ほんとうに娘たちを愛している……だがそこには、それがいまのおれに送れる最良の人生だという事実以上の深い理由はない。自分が十九歳のときにいったことには、なにひとつ反論できない───あれからなにも智恵がついていないからだ。なにも賢くなっていない。おれはそれに憤っている。成長だの成熟だのについてきかされた、糞ったれな仰々しい嘘の山に。"愛"や"犠牲"は、自分が敵陣に追いこまれたときに正気でいるための行為でしかない、と正直に認めたやつはだれもいない

太字はわたし。たしかに面白かったのだが、600頁えんえんとの作者の空想につきあわされるのは、かなり疲れる。こいつ軽々と読める人は薀蓄耐性のある方なんだろうな。京極夏彦の弁当箱をサクっと読める人なら、(畑違いだけど)読むのは苦にならないんじゃないか、と想像してみたり。魑魅魍魎と万物理論の取り合わせはちょっと面白いかも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

マジカのひみつ

羽生章洋さんの業務分析セミナーを聴講した(業務プロセス改善技法ワークショップ第2回)。ここで紹介されたMagiCa は「いますぐ」「ここで」「誰でも」使える方法ナリ。「MagiCa って何?」という人はここからダウンロードどうぞ(要メールアドレス)。羽生さんご本人のマジカ説明はここ。謳い文句「現場主体で仕事の棚卸と見える化を簡単に実現する」は禿同。自分なりの分析手法は確立しているんだが、上手くMagiCaを盗んでみよう。

ひみつ1 : 最初はチョキ

 「さあ、業務分析しましょう」と話を持ってきても、人は動かない。現場の人はどうしても構えてしまう。「業務フロー」なんてSEやコンサルならともかく、普通の現場の仕事している人は書いたことがないから、「間違えたらどうしよう」と固くなってしまう。

 凝ったココロをどうするかというと、ハサミが登場する。MagiCa はA4用紙を8分割した程度の大きさ。最初に持ち出すときにはA4用紙に印刷しただけという不親切さ。こいつをハサミで切り離すことが最初の作業だという。「業務分析」をするんだと固まっている人々は、面食らうだろう。でも、チョキチョキしているうちに、おもわず没頭してしまうこと請け合い(そして最初の構えも解いてしまうことも請け合い)。

 もちろん切り離したカードは予め準備してたりする。また、貼ってはがせる紙ならポストイットが至極便利なのだが、あえてハサミを使ってもらう。ハサミを使うことは、結構アタマと手を刺激することになるので、最初のハードルを楽々と越えることができる。

ひみつ2 : カードの大きさ

 カードといえばCRCカードを思いつくが、その大きさは京大式カード(128mm×182mmヨコ)とかなり大きい。それでもクラスの責務を書こうとすると、結構ぎゅうぎゅうになってしまう(後で割る結果になりがちなのだが)。一方MagiCaはかなり小さい(65mm×85mmタテ)。このカードに、「入力・手順・出力」を書くのだが、その小ささに秘密がある。

 カードが小さいから、たくさん書ききれない、というメリットが生まれる。書ききれないと、別のカードに書くことになる。カードが小さいから、「細かく書こう」とも「詳しく書こう」とすることもできなくなる。言い換えると、小さなカードに書ける程度に小さい単位で仕事を割ることが出来る←別の仕事(業務)を紛れ込ませないようにする工夫。

 羽生さんは繰り返し強調していたが「違う業務を混ぜない/混ざった仕事を割る」ことが重要だと。たしかにその通り。整然としたフロー、まとまった業務手順を書くために、ほとんどの人が意識・無意識的にやるのが「ウソ・想像・願望を混ぜる」こと。業務フローを描く紙はたいていA3だ。沢山書く場所があるので、想像や願望もいっぱい書き混ぜてしまう。混ぜることでフローはちゃんと書けているように見えるが、そいつを設計へ回すと疑問が噴出する。それをだましだまし製造すると…いやこれ以上言うまい。しかし、MagiCaカードが小さい分、余計なことを書くことはできない。

ひみつ3 : しばり(制約)を入れる

 小さいカード。カードをつなげて業務フローにできるのは起承転結の4枚まで。「人→PC」「人→帳票」「人→人」で業務を簡略に(かつウソを混ぜないように)する(もちろん他にもカードはあるが、主役はこの3枚だろう)。しばりを入れることで狭い範囲に集中することができる。この制約は羽生さんの経験則からだというが、業務フロー死ぬほど書かされた私もそう思う(直感的にそう思った)。

 その結果、コマ切れ時間の積み重ねが可能となる。カード単位に業務を考えられるので、短い時間で作業をすすめることができる。現場の人は本業がある、業務フローを書いている時間なんてない。極端に言うと5分の空き時間を10回積み重ねても10枚のカードが書ける。フローをイチから書くとこうはいかない。羽生さんは「業務フローを書くのは長文と一緒。最初は頑張ってレベル感や一貫性をもたせて書けるが、いずれ失速します」と言ってたが、確かにそう。粒度や統一性、一貫性を考えながらフローを書こうとすると、どうしてもまとまった時間を必要とする。酷い場合は朝から晩までを何日も続けることになる。

 細切れ時間を積み重ねるが、粒度は必然的にそろってくる。詳しさは「カード1枚にかける程度」、フローの数は「発生タイミングが同じもの」の数だけ。そして、分析する人は一貫性や粒度にあまり気を配らずに本来考えるべき点=業務に集中することができる。

ひみつ4 : 専門用語を取り外す

 MagiCa の説明をする上で、「ユースケースシナリオ」「メインフロー」「代替フロー」「インターフェース」「ロール」といった用語は出てこない。意識して注意深く言い換えている(セミナーでもそうだった)。主役は現場の人であり、「こしゃくな」用語は敬遠されるだけだということがよく分かる。

 そのおかげで、現場の人を本当の意味で巻き込んだ「業務分析」(←この用語も「仕事の整理」と置き換えている)ができる。

他にも様々な刺激をもらったので、仕事場で若手を相手に「実験」してみようかと。最初の実験は、業務フローをポンと与えて、「明日このフローを書いた顧客とヒアリングします

  1.疑問・ツッコミを洗い出しなさい
  2.(MagiCaを説明して)疑問・ツッコミを洗い出しなさい。ただし30分以内で」

というのを考えてる。彼らにとっては良い武器になるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »