« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »

ブログの誘拐カタログ化について憂慮する

 いきなり結論から→書くなとヤボは言わないが、じゅうぶん注意して

 子どもの誘拐事件に対し、警察はどこから調べるか? 以下の順番でしらみつぶしに捜査する。営利なら時間との勝負。短時間に大量のリソースを投入し、犯人が「動く」前に網をできるだけ絞っておく。

 ・ 子の近親・親戚
 ・ 園、学校、塾など定期的に通う場所
 ・ 友だちや遊び場など子の生活圏

 では、なぜこの順番か? それはターゲット(子ども)に最も近いから。ターゲットに近いということは、行動パターンや特徴、周囲の状況がよく把握できるということ。子どもは犯人を知らないかもしれないが、少なくとも犯人は子どもを知っている。むしろ「子どもを一方的によく知っている」大人こそ、犯人として絶好のチャンス(!?)を有するとも言える。

 ターゲットがどの学校へ通い、何曜日に塾へ行くか(そして何時に帰るか)、一人で行動するのか友達と一緒が多いか、事前に調べ上げ、準備してから犯行におよぶ。だから上記の順にしらみつぶしに調べれば、いずれ犯人へ行き着く。それがどんなに大きな網だとしても、その中に必ずいるから。東京の犯人が大阪の子どもをさらったりは、しない。

 これをひっくり返したのがブログ。子の毎日を微に入り細にうがって書き込む親がいる。まるで観察日記のように毎日きちょうめんに書く親がいる(顔写真付き)。それはとても微笑ましく暖かい行動だと思う。人権厨房みたく「子どものプライバシーが…」と酸っぱいこと言うつもりはないが、軽率な記事(エントリ)があまりに多い。これからその子をさらおうとする輩にとって、大変有益な情報を提供してくれる。あるいは、どの子を誘拐しようかな? と吟味している輩には格好のカタログと化している。

 試みにgoogle先生に訊いてみるといい。「子育て」「育児」「ブログ」「トラックバック」「日記」をいくつか放り込むと、いくらでも採れる。育児の苦労話や喜びを語るだけでなく、子どもの行動を懇切丁寧に教えてくれる。さすがに個人情報そのものは転がっていないが、顔写真、行動パターン、行事、学校と簡単に拾える。

 誇らしい気持ちは分かる(わたしも親だ)。習い事のイベントや学校行事、家族旅行の全員写真をアップしたくなる気持ちも分かる。だが止めとけ、適当なところで。世の中、アナタのブログの来訪者のように善意の人ばかりならば何の脅威もないが、そんなわけないことを、アナタは痛いほど知っている、大人なんだから

─────────────────────────────

 じゃぁ禁止せよとか全部止めちまえといっているのではない。これだけ普及したものを引き絞るのはムリというもの。せめて自分でルールを作り、守ってほしい。アナタの子どもを守るために。以下、「ブログを活用する犯罪者」の視点でリスティングしてみた。参考にしてほしい。

1.日付をぼかす
 「9月9日、社会見学で海遊館に行きました」とある。「9月9日」「海遊館」「社会見学」でどの学校か分かる。学校そのものが公開している場合もあれば、同じ学校の先生が書いた記事が掛かるかもしれないし、昨年の生徒が書いた記事がヒットするかもしれない。検索のキーとして有効なのは、日付だ。だから「先日、社会見学で海遊館に行きました」が正解。

2.生年月日を書かない
 誕生日は個人情報。氏名や住所なら注意するだろうが、見落としがちなのがこれ。いまはいいが、大きくなればなる程クリティカルな個人情報と化す。ビジネスの芽の話。「赤ちゃん」「生まれました」というキーで子どもの誕生日を知り、一年後などに「お子さまの成長を記念して」とメールする商売もあり。書くときは気に留めないかもしれないが、1.と同様「先日」とするのが吉。

3.写真は1歳ぐらいまで
 人の顔はどんどん変わってゆくものだが、全体の特徴は1歳ぐらいで整う。「おもかげ」というやつやね。赤ちゃんの写真ならまだしも、特定できるぐらいに成長したら、露出はやめる。学校当局が行事の写真をアップする際、かなり気を使って個人が特定できないようにしている。その一方で無造作にわが子の卒業写真を曝している親もいる。

4.服装の写りこみに注意する
 同じ服の組み合わせは、個人を特定するキーとなる。あるいは他と異なる特別な服も同様で、なるべく避けるが吉。「特別なコトをするときは特別な服で」は、けだし名言だが、そうした写真は曝さない。

5.出す情報の組み合わせに注意する
 「だれ」はNGなことは分かるが、他の情報は組み合わせ次第によって特定が容易になるので注意が必要。ダメなのは×、同じ組み合わせで避けたいのを△、露出OKなのを○で示す。ようするに「何をどのようにやって、どう思ったか」に留めて、後は具体的に書かないこと。

   △ いつ(when)
   △ どこで(where)
   × だれが(who)
   ○ なにを(what)
   ○ なぜ(why)
   ○ どのように(how)

6.学校名、園名は書かない
 もちろん住んでいる場所を特定するための重要なキーとなるから。これらは時間が経つと個人情報と化す。自分には累を及ぼさないかもしれないが、同じ学校(園)の他の誰かへのキーとなる。「○月○日に××という行事」から学校名(園名)をたぐれる。あとは通学経路、学童、学校行事といもづる式に。

7.子どもの呼び名について
 ブログでの子どもの呼称に気を配る。下の名前そのままを書き込むことのないように。家庭で呼んでいるニックネームよりもむしろ、ネットに露出する専用の名前(ハンドルネーム)をつけてあげる。わたしの場合は「あゆ」と呼んでいるが、タイ焼きが好きだからそう呼んでいるだけだ(当然うちの子の方が可愛い)。

─────────────────────────────

 最後に。居ながらにして一方的に相手を知ることができ、かつ自分との接点はほとんど無いというブログの利点を充分に活用した犯罪者は、これから出るのか、まだ捕まっていないのかのいずれか。電子メールを利用した完全犯罪を描いた「Cの福音」という小説がある。すばらしい出来なのだが、その完全性は電子メールが一般化して崩れ去っている。このネタも小説化(=物語化)されれば、危機意識も高まるかもしれない。例えば、こんなふうに[参照]


| | コメント (17) | トラックバック (9)

6色ハット発想法

 自分メモ。「6色ハット」発想法とは、会議の参加者に同じ方法で考えさせることを目的としたメソッド。堂々巡りを回避したり、枝葉の意見に右往左往させないメリットがある。

 ひとたび言い出した「自分の意見」は、今度はそれに囚われることになり、同じ会議の中での制約となる。翻すと「一貫性が無い」になるから。でも考えなんて一貫性が無いのが普通。あるいは、違う立場の意見をムリヤリひねり出すことにより、これまで思いもよらなかったアイディアに至るかもしれない。

1.準備

 予め色画用紙でトンガリ帽子を人数分作っておく。色の意味は以下の通り。作ってもらうところから始めると(時間はかかるが)より一体感が得られるかも。


  • ブラックハット = 悲観的 :物事のマイナスの側面を考える
  • イエローハット = 楽観的 :物事のプラスの側面を考える
  • レッドハット = 主観的 :感覚・感情・直感をもとに考える
  • ホワイトハット = 客観的 :現実のみを対象に考える
  • グリーンハット = 創造的 : クリエイティブに考える

 参加者はこれらの帽子を被って発言してもらう。参加者は違う色の帽子を同時に被ってはいけないし、ずっと同じ帽子ばかりもダメ。プロジェクトマネージャ(以下PM)は誰に何色の帽子をかぶせるかを考えながら会議を予め組み立てておく。そして、6番目の帽子ブルーハットを被って会議に参加する。ブルーハットは会議のコントローラで、同じ人がずっと被り続ける。チェアマンやね。

 会議を始める前に、ホワイトボードを5つのエリアにわけ、色ごとの説明を見出しに書いておく。記録係を決め、出たアイディアを付箋にメモり、色別のエリアに貼り付けるよう指示しておく。

2.会議開始

 参加者は、最初は全員ブラックハットを被る。PM(ブルーハット)は、「○○について、悲観的・マイナス思考で意見を出してください」と依頼する。人はマイナス的な側面から物事を見るもの。ブラックハットからだと意見が出やすく、会議に入りやすい。ただし、ブラックハットを長時間被り続けていると、モチベーションの低下につながる。回避するにはイエローハット。ブラックとイエローの時間配分に注意すること。

 参加者は自分の被っている色の思考モードで話し合いを行う。色と違う意見が出たとき、「帽子の色が違うよ」と指摘する。意見ではなく、帽子に注意を向けること。これ重要。意見をたしなめることで人格を攻撃されたかと思わせないためのテク。

 一定の時間、意見の数、煮詰め具合を判断し、PMの指示により、帽子を替えてもらう。替えるとき休憩を入れることで帽子の色が変わったことを意識させる。ダラダラと拘泥させないためのテク。参加者は自分の色の役割を演じている意識を持たせる。

 ブラックとグリーンを混在させないこと。ブラック→ホワイト、イエロー→ホワイトに被ってもらい、自分が出した意見の客観的な裏づけを出させる。

 本来、会議の発言は肯定的であろうと否定的であろうと、「意見=方向性+事実の裏づけ」のはず。これができない人多杉。進行をメチャメチャにしたり、枝葉末節にダラダラこだわる人を排除すれば話は簡単なのだが、そうもいかぬ。また皆の面前で「オマエのは『自分勝手な思いつき』に過ぎないんだから、すっこんでろ!」とか「否定だけならサルでもできる。代案もないくせに言うな!」なんてバシっと罵倒できたらスカっとするのだが、そうもいかぬ。

 そのため、方向性と裏づけを「帽子を被る」ことで、段階的に出してもらう。さらに「帽子」に注意を向けることで、トラブルメーカーを傷つけないようにたしなめる。

3.議事メモ

 出たアイディアは付箋に書いてボードに貼り付けるわけだが、「被っている色と合っているか」を吟味すること。上記ではボードを5つのエリアに分けたが、ポストイットそのものを5つに分けられるなら、マインドマップ的に「ポストイット+連結線」で構成してもよし。

4.さいごに

 要は6種類の帽子を次々と被ることで思考の切り換えを促し、それぞれの色に応じた役割(ロール)を演ずる(プレイング)すること。帽子を使ったロープレ。コスプレした人なら分かると思うけれど、暗示による「なりきり」って結構なれるもの。

 プロジェクトリスクとその対処の洗い出しに使ったが「ブラック→イエロー→レッド→ホワイト→グリーン」の順でうまくいった。しゃべっているうちに考え方が整理されたり、創造的アイディアが出てきたりするので、ホワイトやグリーンを後に持っていったほうが話しやすいのかもしれない。

 オリエンテーションするなら、OJTのツマミとして、チーム能力向上の一つとして。説明40分、実践60分ぐらい。「6色ハット」というくらいだから6人必要かというとそうでもなく、1人でもやれる。書籍はデボノ博士の「6色ハット」発想法(E. デボノ)がある(未読)。

5.おまけに(2005/9/8追記)

 名札でもメガネでもコスプレでもなく、どうして帽子なのか? 調べてみると、帽子(hat)には「役割」「立場」の意味があることが分かった。枢機卿や司祭など、特別な帽子によって象徴される地位、職から転じて。英語圏の連中に隠喩的に伝わるね。

  wear one's ... hat
  ... の役割を果たす, ...として活動する, ...の立場でものを言う

  wear one's doctor's [official] hat
  医者として[公的な立場で]行動する

  wear two hats
  一人二役をする, 二足のわらじを履く, 仕事を2つもつ

 (参考:リーダーズ英和辞典第2版)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »