« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »

ネタバレ禁止「我らが影の声」

 やべ、一行たりとも感想が書けない。このblogを選書の参考にしている奇特な方もいらっしゃるようなので、書けない。どう書いてもバレになる。こんな小説は珍しい。

 常態から異常事態へ。このお話を「狂気」の一言で片付けられたらどんなに嬉しいことか。しかし、どこも狂ってないのがおそろしい。だいたいヒトを「正気」と「狂気」の2色で塗り分けようとすること自体がおかしい。正気の中にも狂気を宿し、狂っていても一貫性を見出そうとするのが、ヒトだ。

 これは、その変移を味わう小説。賛否両論の「驚愕のラスト」は○○○○したが、「他にどんな終わり方を望む?」と自問して、飲み込んだ。

 兄が死んだのは、ぼくが十三のときだった。線路を渡ろうとして転び、第三軌条に触れて感電死したのだ。いや、それは嘘だ。ほんとは……。ぼくは今、ウィーンで作家活動をしている。映画狂のすてきな夫婦とも知り合い、毎日が楽しくてしかたない。それなのに――底知れぬ恐怖の結末があなたを待っている。

 amazon紹介文我らが影の声(ジョナサン・キャロル)より。読む気あるならamazonレビューも見ないほうが。バレを上手に回避してオススメいただいたmhkさんに大感謝!






 さて… いや、反転表示にはしたけれどバレではない。「悩み」について、あるエピソードを思い出したので。

 大学生の息子が悩める年頃になった。曰く「これからどうなる?」「自分はどうあるべき?」「自分はダメなのか?」といった若い人なら一度はかかるハシカのようなやつ。悶々と悩んだ挙句、休学して旅に出ると言い出した。

 もちろん父親は快く送り出した。ただ、出発の朝、次のようなアドバイスを息子に念押しすることは忘れなかった。

 「気をつけて行っておいで。だけど、悩んでることがどう変わったかをちゃんと見つめるように」

 出発してから一週目の夜、電話がかかってきた。

 「父さん、いくらもしないうちに気がついたよ。どんなに遠くに行っても、違った環境で生活しようとも、悩みを抱えているのはぼくであるという事実は変わらない。だから、ぼくの周りがどう変わろうとも、ぼく自身が変わらない限り、ぼくの悩みは消えることも変わることもないんだ…

 …最初は『悩みが追いかけてくる』と思ってた。けど違うんだ、ぼくが悩みを持ち歩いているんだよ。この悩みをどうしたいのかを自分で決めない限り、こいつはずっとぼくの頭の中に住み着いたままさ。明日帰るね」

────────────
「劇薬小説を探せ!」に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさに背筋が凍った「暗い森の少女」

 こわい本とはこういうもの。小説読んでて、久しぶりに「こわい」「おそろしい」「もうヤメテ」体験をした。ラストに説明を求める人は、その禍禍しい終わり方に読後感サイアク気分をたっぷりと味わえるだろう。

 人よりはグロ・ヘンタイ・血まみれ耐性はあると思っていた。しかし、この正統派ゴシックホラー(救いなし)を読むうちに、何度もゾっとさせられたことは白状しておく。

 とはいえ「正統派」なので展開はすぐに見抜ける。今の読者ならほとんど分かるに違いない。ほら、あれだ。80年代に流行ったホラー映画のアレ。伏線を張って「来るぞ来るぞ~」と読者に思わせておいて、やっぱり、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

というやつ。いわゆる「お約束」をキチンと守ってくれる。でも13金のようなビックリ箱みたく脅かすだけの小説ではないし、最近の低級な「読者を騙す」叙述系でもないので、ご安心あれ。ストーリーとキャラでじわじわ怖くさせて、バーン!!とくる。

 スレっからしになってしまった自分を嘆いてもしかたがない。「お約束」がどう守られているかを確認しながら読むのだが、それでも怖い。「暗い森」へ連れ込まれた子どもたちがどんな運命を辿るのか、分かっていてても、怖い。ニューイングランドの由緒ある屋敷、先祖代々の「呪われた血」、父娘、姉妹、虐待、狂気、消された過去、そして「暗い森」の先にあるもの…  ○○モノという設定はまさに古典的。

 グロや残虐シーンはあるけどたかが知れてる(これは1978年の作品だぜ!)。グロや残虐だから怖いのではない。人は「分からない」ものに恐怖する。しかも、生きている人間が一番恐ろしい。「分からない」ものへの説明が無いまま、読者は本能的に理解する、「これに違いない」と。そして、それが正しいことを知りつつ、そうならないことを祈るような気持ちで読み進める、真ッ黒なラストに向かって。

 そういう、根源的な、恐怖を、煽ってくれる。オススメいただいたddwさんに大感謝!

 劇薬小説ランキングを以下のとおりに変更。

  1.隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  2.暗い森の少女(ジョン・ソール)
  3.ぼくはお城の王様だ(スーザン・ヒル)
  4.砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)
  5.蝿の王(ウィリアム・ゴールディング)

 ランキング1位「隣の家の少女」を超えられない理由を書いておく。「怖くて面白かった」から。ジョン・ソールの他作品を読みたいから。「隣の家…」は読まなければよかったと後悔するいやぁあぁぁぁな本だから。読んだことそれ自体を抹消して、人生のそこだけをなかったことにしたいほどの本だから。

 …というワケで、良い子は読んじゃダメだよv

────────────
「劇薬小説を探せ!」に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »