« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »

ネコ好き厳禁「D-ブリッジ・テープ」

 グロ本。通常、グロはエロとセットなのだが、エロは皆無。オススメいただいて[参考]、かなり期待して読んだのだが、残念!。非常に楽しく読ませてもらった。大感謝。悪食や自傷シーンは人によると吐くかもしれないので、ご注意を。あらましはこんなカンジ(amazonD-ブリッジ・テープ(沙藤一樹)紹介文を引用)

 近未来、ゴミに溢れた横浜ベイブリッジで少年の死体と一本のカセットテープが発見された。いま、再開発計画に予算を落とそうと、会議室に集まる人々の前でそのテープが再生されようとしていた。耳障りな雑音に続いて、犬に似た息遣いと少年の声。会議室で大人たちの空虚な会話が続くなか、テープには彼の凄絶な告白が…

 確かに凄まじい読みどころがある。○○を○○する場面は日本人の書いたものではピカイチだろう。しかし、いかんせんリアリティが…とツッコミを入れた時点で萎え。これは筆力ではなく著者(と編者)の経験値が足りないことによる。

 例えば、食物が全くない極限状態でアリやらセミやら虫を捕まえて食べるのだが、「クモはおいしくない」と独白する。クモは美味ですぞ。ねばねばして食べにくいが、味はトロに似ている。以下、バッタはショウリョウバッタ、クモはジョロウグモでランクづけしてみた(イナゴは食用なので論外)。

    ムカデ <…超えられない壁…< アリ < セミ < バッタ < クモ

 筆者が「クモはおいしくない」と書いたのは、クモを食べたことがないから。一方で「ムカデを食べた」と書いている。ムカデを食べると唇から食道にかけて腫れ上がるぞ。焼いてもツブしても毒は消えない(経験済)。

 また、【ネコ好き厳禁】子猫を素手で解体する場面が出てくる。扼殺した後、両手で裂くようにバラしているが、子どもの力ではムリ。さらに血抜きもせずに一晩放っておいて、翌日食べている。凝結した血がカチンカチンになって齧りとれなくなるのに。【ネコ好き厳禁】

 さらに、ある時点で出血多量か壊疽で死ぬハズなのだが、「驚異的な生命力!」と読み流してあげるのが優しい読者なんやろな。淡々と凄まじい描写を読ませる筆力はスゴいなぁと思った分だけ、読後感は「残念!」なり。

 劇薬小説に不慣れな人ならガツンとクる素晴らしい作品なのだが、ホラー小説大賞の選考委員である高橋克彦氏が絶賛しているらしい。あらら、彼はC.バーカーやJ.ケッチャムを読んでないようだ。

 … あ、でもこれ新人が書いたのだからスゴいかも。

────────────
「劇薬小説を探せ!」に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (1)

劇薬小説を探せ!

 はてな「読後感サイアクの小説を教えてください」で教えていただいたものを、片ッ端から読んでいる。質問[ここ]からピックアップしてみた。すげぇ楽しみ。ゆえに評価はすげぇ辛口になるはず。(最新の劇薬小説リスト&レビューは、劇薬小説【まとめ】にまとめてあるよ)

劇薬小説とは

 読了して後味の悪い思いをした小説を指す。読んだことを激しく後悔するような、いやあぁぁぁな気分にさせてくれる本。下らなくて情けなくなる「壁投げ本」ではない。また、マンガを含めると莫大になるので、対象外とする(ちなみに劇薬マンガNo.1は日野日出志「地獄の子守唄」)。

    エロだったりグロかったり、救いがなかったり

    大の大人なのに怖くて夜に読めなかったり

    読了してヘコんだり、生きる気力が奪われたり

    生理的にクるものに、おもわずマジ嘔吐したり

    その後、人生のトラウマと化したり

 小説はしょせん絵空事。リアルでない物語に実人生を侵食されるほどヤワじゃないと思っているし、相当読みこんできている自負もある。だからたいていの「オススメ」はたいしたものじゃない。ただの「出来のよい」ホラーや「救われないラストの」ミステリなら山ほどある。はてなの住民は「普通」で「お上品」な方が多いような気が。

 「爽やかな感動が得られます」クソクラエ。本を読んで感動するのは、実人生で感動するための訓練のためじゃろう。おまいらリアルで感動できないくせに小説に感動を求めるんじゃねェ!それはウソんこの感動だ。感動のシミュレートだ。

 ハラ減ってメシがうまい→感動。女はやっぱり美しい→感動。セックスはすばらしい→感動。くたびれて眠る→感動。感動できない未熟な人が、小説を読んで感動したフリをしているんだろ。マスターベーションと同じなり。

 人間やってて毎日感動しているんだから、たまには感情をネガティブにドライブしないと、釣り合いが取れない。ホラ、アイスクリームの後に熱い緑茶が飲みたくなったり、恋愛映画を見た後はスプラッタで口直しが必要だったりするだろ。

 けれども人間をやめるわけにはいかないので、やめたつもりになってみるぞジョジョオオオォォォーーーーーッ!!っつーわけで、「これは!」というものをチョイスした。全て読む。

「はてな」でのオススメ劇薬小説

殺戮の「野獣館」(リチャード・レイモン)
  読むハードコア・スプラッタ

D-ブリッジ・テープ(沙藤一樹)
  ネコ好き厳禁!

記号を喰う魔女(浦賀和宏)
  壁投げ本。オススメしてくれた人に悪いが

岬(中上健次)
  <未読>

死者の奢り・飼育(大江健三郎)
  <未読>

姉飼(遠藤徹)
  壁投げ本らしい。読まない

完璧な犠牲者(クリスティーン・マクガイア)
  事実は小説よりも奇を地で行く

黄金色の祈り(西沢保彦)
  くだらない話だったorz

アクアリウムの夜(稲生平太郎)
  「それなんてエロゲ?」

夏の滴(桐生祐狩)
  とんでもない話。後半で筆力がみるみる減っており作者が不憫なり。これは編集者の罪

閉鎖病棟(パトリック・マグラア)
  本当に「歪んだ純愛の形」なのか?

溝鼠(新堂冬樹)
  ヘンタイ小説

神様ゲーム(麻耶雄嵩)
  壁投げ本らしい。読まない

夜の記憶(T.H.クック)
  <未読>

悪いうさぎ(若竹七海)
  <未読>

地下室の手記(ドストエフスキー)
  <未読>

我らが影の声(ジョナサン・キャロル)
  ネタバレ厳禁

グルーム(ジャン・ヴォートラン)
  <未読>

雪の死神(ブリジット・オベール)
  orzらしいのでやめておく

★悦楽園(皆川博子)
  「獣舎のスキャット」は劇薬注意

不思議な少年(マーク・トウェイン)
  <未読>

リカ(五十嵐貴久)
  壁投げ本。穂村愛美の方が恐ろしい

鬱(花村万月)
  <未読>

クリスマス・テロル(佐藤友哉)
  壁投げ本らしい。読まない

盤上の敵(北村薫)
  時限爆弾を解除する読み方

人獣細工(小林泰三)
  オススメした人に悪いが、くだらない

恐怖夜話(ガストン・ルルー)
  <未読>

告白(町田康)
  <未読>

★暗い森の少女(ジョン・ソール)
  ひさびさに背筋が凍った

夏の葬列(山川方夫)
  国語の教科書として読んだ人は激しくお気の毒というしか

小説大逆事件(佐木隆三)
  <未読>

異形の愛(キャサリン・ダン)
  畸形たちの「ホテル・ニューハンプシャー」(J.アーヴィング)

きみとぼくの壊れた世界(西尾維新)
  妹+ツンデレ+密室殺人

ロウフィールド館の惨劇(ルース・レンデル)
  <未読>

ZOO(乙一)
  激しく期待→激しく失望

異形博覧会(井上雅彦)
  ソコソコ期待→失望

妖魔の森の家(ディクスン・カー)
  この手法のご先祖様

「贈る物語 Terror」(宮部みゆき編)
  遅効性のヤな感じを味わう「くじ」

わが愛しき娘たちよ(コニー ウィリス)
  <未読>

ある晴れた日に(ドーン・パウェル)
  <未読>

問題外科(筒井康隆)
  <未読>

クリスマスに少女は還る(キャロル・オコンネル)
  <未読>

チョコレート・ウォー(ロバート・コーミア)
  <未読>

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクソン)
  <未読>

今のところ、読後感ワースト3は

 1.隣の家の少女
 2.ぼくはお城の王様だ
 3.砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない

2位3位は入れ替わるかもしれないが、不動の「隣の家の少女」を凌駕する作品が出てくることを期待しる!

--------------
2005/12/6
いくつかリストに追加。あとこの企画の二番煎じ「読まなきゃよかった物語を教えて下さい。ネタバレ推奨」も張っておく

| | コメント (34) | トラックバック (2)

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »