« 2005年1月2日 - 2005年1月8日 | トップページ | 2005年1月16日 - 2005年1月22日 »

PMBOK3とPMBOK2000の違い

PMBOK 3rd Editionをぼちぼちと読み始めている。ボリュームはPMBOK2000の1.5倍ある(400頁)。1996年に初版、2000年に2版、そして2004年に3版と版を重ねてきたPMBOK。オンナであれWindowsであれ、3番目から具合がよくなってくるといえるし、PMBOK3も同じに違いない。ダイターン3やザンボット3と同じように、PMBOK3も無敵になるといいねっ。

一言で言うと「隙が無くなった」。2000版はツッコミどころ満載で「書いた奴ぁ現場知らないね」と毒づいていたけれど、3版は隙なし。あやふやにぼかしているところが無い。語句の統一性(動詞-目的語)や明確さと具体性を追求している分、わかりやすい英語になっている。不得手な私でも分かる(スピードは出ないけれど)。難しい言い回しや語句は減っている。言い換えると翻訳ソフトとの親和性が高いベタな文になっている。

PMBOK2000→PMBOK3の改訂にあたり以下の部分を拡張しているという。


  • プロジェクトマネジメントプロセス
  • 立ち上げプロセス
  • 終了プロセス

重要度の高いところを拡充しました、ということが良く分かる。「始めよければすべてよし」と「終わりよければすべてよし」というやつ。

プロジェクトライフサイクルとプロダクトライフサイクルの違いを明確にしてある。「プロダクトライフサイクル⊃プロジェクトライフサイクル」なカンジ。「新製品を開発する」プロジェクトは、できあがったその製品を「売りさばく」プロセスを含まない。一方、「新製品開発→売る→フィードバック」となっているプロダクトライフサイクルは、プロジェクトライフサイクルを含んでいるといえる。

プロセスの数は39→44に増えたそうな。7つ追加され、2つ削除されている。追加されたプロセスは次の通り。


  • プロジェクト憲章の展開(sec4.1)
  • スコープ記述書の作成(sec4.2)
  • プロジェクトのモニタリングとコントロール(sec4.5)
  • プロジェクトの終結(sec4.7)
  • WBSの作成(sec5.3)
  • アクティビティリソースの見積もり(sec6.3)
  • プロジェクトチームのマネジメント(sec9.4)

WBSの重要性を強調しておきながら、その作成プロセス(5.3)無かったのねorz このへん未読なので楽しみ~ あとプロジェクト憲章をどう展開させるか(4.7)も興味あり。プロセスは増えただけでなく、プロセスの順番と構成に注力している(chap.3)。フローチャートやシーケンス図(?)もどきを使って、プロセスの順番や構成を解説している。相変わらず「そんなキレイに分けられるかぁ?」と言いたくなるが、その順番は妥当。

PMOの役割や、PMとの違いについての説明が増えている。Project Management Office って世の風潮という奴なのか? 組織がそんなにキレイに割れないだろうとは思うのだが、まぁハヤリモだし…

そういや、和訳版が同時刊行と噂されていたけれど、出ているのかな? amazonでは見当たらなかったナリ。ボランティアの皆さま、がんがってくださいまし。このblogではマターリと紹介しようかと。あくまで私の「読み」なので誤読&バイアスがかかっている模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜泣き対策 -応用編-

毒男には全く役に立たない赤ちゃんの夜泣き対策の続き。ここではQ&A形式で夜泣き対策を紹介するぞ。あくまで私の経験(あるいは読みかじった情報)であることをお断りしておく。

Q1.泣いてる赤子をずっと放っておいたら、泣き止むのではないか?
A1.Yesだが、子どもの心に決定的な影響を及ぼすかも

押し入れや別室に放っておく、というオヤはいると思う。どんなに泣き叫んでも誰もこないならば、赤子は泣き寝入りするだろう。「死にゃしない」と考えるのは勝手なのだが、そういう風に育てられた子どもは大きくなると、ある傾向が見受けられる。それは人を信じる心が欠けていること。「泣く→めんどうを見てくれる」の繰り返しによって、赤ん坊は「泣いたら世話してくれる」ことを知る。さらに「泣いたら助けてくれる存在=親」を信じるようになる。どんなに泣き叫んでも誰もこなかった夜が繰り返されると、赤ん坊はついには絶対に泣かなくなる。「泣いても助けてくれない」ことに諦めてしまう心ができあがる。この子は長じて「人を信じる」という心が抜け落ちてしまっている。これは「ガマン強い」心ではない。むしろその逆。泣きつづける子の方が「ガマン強く」助けを呼んでいるんだ。子どもが最初に信頼する人は親。親が信じられない子どもは、誰も(自分自身すら)信じることができなくなる。

ネタ元「子どもへのまなざし

Q2.赤ちゃんのためのCDを聞かせる効果は?
A2.気休めに毛が生えた程度

ズバリ「赤ちゃんのためのリラクゼーションCD」と銘打ったモノがある。心音などの体内音もを聞かせることで、胎内にいた頃の安らぎを思い出してもらう意図なのだが、ぎゃあぎゃあ泣いている赤ん坊は、聞いちゃいねーよ!。自分の泣き声でさらに泣いてるので、周りの呼びかけもほとんど耳に入ってこない状態なり。BGMのようにずーっと流しつづけるならばちょっとは効果があるかもしれないが、「夜泣きに困った親向け」の商品であって、けして「赤ちゃんのための」ブツではないと思うぞ。あと「赤ちゃんのためのモーツァルト」も然り。「親がモーツァルト好きで、赤ちゃんにも聴いてもらう」なら分かるが、自分が好きでもないのに流すのはヤセ我慢というもの。身の丈に合った音楽を(だからといってデス系はどうかと)

Q3.泣き喚く赤ん坊に殺意がわいているんですけれど
A3.そうかもしれないが…

もちろんサー残で疲れ果て、当然のごとく明日は平日なんだけれど、そんなことにはお構いなしに泣き叫ぶ赤ん坊に心底イヤ気が差すのはあなただけではないはず。一線を超えてしまう人もいる、いわゆる「魔が差す」というやつやね。けれどこう考えてほしい。赤ん坊にしてみれば「テメェの都合なんて知ったこっちゃないんだヨ!」と言いたいはず(口がきければ)。泣くことしかできないから泣いているんだし、赤ん坊にとってサー残や平日は心底どうでもいい話。ここはひとつ、オトナであるアナタが大人にならなきゃ。赤ん坊は泣くのが仕事、アンタはその面倒を見て、それから自分の仕事もする、だってオトナだから、オヤだから。あるいは中国の諺を紹介しとく「よく泣く赤ん坊は、いい声になる」そうな。だからおっくうがらずに「いい声になーれ」とかなんとかハイになって、明日(既に今日だが)の会議は放っておいて、朝まで付き合ってあげな >私

おまけ。いま「夜泣き対策」でGoogleってみたらオモシロイ対策が→着メロで夜泣き対策 。いわゆるレジ袋のカシャカシャいう音の着声素材なんだけれど、これはユニークなり。

--------------
2005/11/23追記
はてなでの夜泣き対策の質問と回答
赤ちゃんの夜泣きへのアドバイスをください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜泣き対策 -入門編-

8ヶ月目の娘も、そろそろ夜泣きの頃となり候。上の子も苦労させられたので、ある程度は覚悟の上よ。でも1.5時間おきに「ぶっギャーンンッ!」(ジョジョ風)な泣き声で起こされるのはちと辛い。毒男には全く役に立たない赤ちゃんの夜泣き対策をいくつか紹介するぞ。

1.とりあえずいま泣いている赤ちゃんを泣き止ませたい

そのまんまの題名の本がある→「赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」…んが、買うほども無し。授乳や抱っこのテクニックは経験的に知るものだし、それこそネットには様々な「泣き止ませ方」が転がっているので。それでも使えるのは「シーっ」という魔法の言葉。どこの国の言葉でも「静かにしろ」は「シーっ」と発音する。もちろん赤ちゃんにも通じる。耳元で(大きな声で)「シーっ」をゆっくりくり返すと、あら不思議、泣き止みます(本当)。いろいろな説があるが、胎内音を聞かせてもらったときの呼吸音「シーっ」を思い出すのかなぁ、と勝手に解釈している。

2.泣き始める前にできることは?

上記の本で「おくるみ」スイッチが紹介されていた。タオルケットを何枚も使って、赤ちゃんの身体をぐるぐる巻きの繭状態にするとよいらしい(もちろん顔は出して)。お腹の中にいた頃を思い出してもらうために、キュウクツな思いをさせるという←実験済みだが、ぎゅっと抱っこするのと同程度の効果。実験済みで有効なのは心臓の音や呼吸音を聞かせるがある。赤ちゃんの耳を自分の胸にあてるように抱っこして、心音を聞かせると心地よいらしい←彼女いる毒男は彼女にさせると良いらしいぞ。ボセイホンノウとやらを刺激することができる(たぶん)。

3.夜泣きしないような予防策は?

決定打は見当たらない。なるべく昼に機嫌よく遊んでもらって、夜は早寝してもらうとか、お風呂にゆっくり入ってもらう、とか月並みなことしか思い浮かばねぇ… つか無理。 「赤ちゃんは夜泣きするもの」と腹を括って相手するしかない。

さて、抱っこしてまいりますか。

野郎ども、がんばれよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ25年間で最も革新的な技術ベスト25

携帯、メール、デジカメ、ATM... 今では身近なものだけど、25年前はどうだっただろうか? CNNはここ25年間で最も革新的なイノベーションのトップ25を挙げている[参照]。1位は現在非公開、1/16に発表するとのこと(間違いなくインターネットだと思うが)。このランキングは医療技術を除く。

  1. ???
  2. 携帯電話
  3. パーソナルコンピュータ
  4. 光ファイバー
  5. 電子メール
  6. GPS
  7. PDA
  8. CD
  9. デジカメ
  10. RFID
  11. MEMS [注1]
  12. DNA判定
  13. エアバッグ
  14. ATM
  15. 充電池
  16. ハイブリッド車
  17. OLED [注2]
  18. 液晶パネル
  19. HDTV
  20. スペースシャトル
  21. ナノテクノロジー
  22. フラッシュメモリー
  23. ボイスメール
  24. 補聴器
  25. 高周波ラジオ

25年前、つまり1980年当時からは想像もつかない技術もあるが、興味深いのは上位のほとんどは25年前に存在していたが、持ち運べるようなシロモノじゃなかったこと。言い換えると、ここ25年間のイノベーションはポータブルなブツを生み出すことに注力してきたとも。

今は持ち運べるシロモノじゃないが、25年後はポータブルになっていたりして。例えばヘッドマウントディスプレイとか。OLYMPUSの"EYE-TREK"が生産終了してだいぶ経つ。夏休みの工作とかでPSPとゴーグルを一体化させる厨房が出てくるかも。

あるいはノーズマウントデオドラント装置とか。「ゴーグル型加湿+除湿+脱臭装置」で、その頃は世界的に花粉症が流行してたりして(Kafun-Syndrome)、さらに花粉症先進国の「メイド・イン・ジャパン」がもてはやされてたりして。
--
[注1] MEMSとは"Micro-Electro-Mechanical Systems"略。次世代のシリコン加工の革命的技術のこと。機械システムを極小レベルまでスケールダウンし、全てのシステムが砂粒程度の大きさに収まる大きさのものを指し示す。例えば、半導体極小部品やセンサ、アクチュエータの構成要素に適用されている。

[注2] OLEDとは"Organic Light Emitting Diode"の略。有機ELディスプレイ(有機EL)のこと。視認性、応答速度、寿命、消費電力でこれまでの無機ディスプレイ技術を凌駕している。例えば、携帯電話やPDAなどに適用されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムシキング必勝法

CPUアルゴリズムは単純。でないと小学生でも勝てない。どのムシでもよいが、テクニックは100欲しいし、拳、鋏、破の技カードがスキャンされていることを前提として解説する。ムシキングROMは3バージョン出回っているが、全バージョンに共通。

【基本戦略】1回目、敵は必殺技(大きいアイコンで表示)を必ず出す。それに勝ったら、次からは左回り(拳→鋏→破)で押し続ければ良い。基本的に敵は「前回負けた相手の手に勝ちにいく」ように思考している。

【必殺技・超必殺技について】自分が必殺技・超必殺技で勝った場合、その次も同じ手で勝てる。これはボーナスと考えて良いが、「二度あることは三度ある」ワケではないので注意。

【ポポの助言】リンクのなりそこないの格好をしたポポの助言は聞いておく。「気をつけて、僕らの手を読んでるよ」は、左回りの手を一手戻す。「フラフラしているよ」は同じ手で勝てる。「必殺技で勝ったときは…」は同じ手で勝てる。

【あいこやぶり】この後は「基本戦略」から外れる(ランダム?)。負けるかもしれないが、敵が勝った場合同じ手で勝ちに来るため、次の勝利は容易。

【必殺よこく】ハッタリだと思えばよい。ただし100%というわけではない。

【ムシのレベル】自分が強いムシだと敵は2回目以降強いムシを出してバランスを取ろうとする。わざとムシカードをスキャンせず、デフォルトのカブトムシで闘うのが「通」との評判あり。

ROMバージョン3以降のTips:「ひとりであそぶ」を選択時、拳鋏破の全ボタン同時押しで、ボス(アダー)を打ち負かした後のストーリーから始まる。性懲りもなく同じセリフをくり返すアダーはちょっと可愛いが、敵レベルが1.5割増されているため、「むずかしい」モードになっているといえる。

ちなみに、上記のネタをムシキング行列のお友達に吹聴してもバカにされるだけ。彼らにすれば常識なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月2日 - 2005年1月8日 | トップページ | 2005年1月16日 - 2005年1月22日 »