« 2005年3月20日 - 2005年3月26日 | トップページ | 2005年4月3日 - 2005年4月9日 »

緑の資本論

イスラーム経済論はイラン革命で突出してきただけであり、イスラーム域では常に存在していた。これはイスラーム域以外から見えなかったのではなく、見ようとはしなかったから。

中沢新一は9月11日のあの夜、「砂の城のように崩れ落ちていく高層タワービルの向こうに、巨大な鏡が立ち上がるのを、たしかに見たのだった」と語る。その鏡は視ることを強い、強いられた思考がこれを著しめた。

面白いのは最初の「圧倒的な非対称──テロと狂牛病について」。中はお題のとおり、深度はチョムスキー911より浅い。ただ、宮沢賢治やアイヌ話とからめて話すところが興味深い。「圧倒的な非対称」←この言葉がよっぽど気に入ったのか、20ページの小論に18回も登場する。貧富や力量の彼我の差を指して使っているが、「非対称性」や「対称性」も含めると44回も出てくる。

真打の「緑の資本論」は貨幣と利子を中心にすえたキリスト教的「資本論」と相対すべく、一神教の認知論から「イスラーム資本論」という全く新しい価値体系を再構築しようと試みている。

しかし、よく理解できなかったところもある。中世以降の貨幣経済の発展には、ユダヤ・キリスト教の「三位一体論」がねじれたお墨付きを与えたと示唆しているが、よく分からん。スコラ→古典派経済→資本主義の一連と、マル経の援護で滔々と語っているのだが、言辞に弄ばれているようで、リクツは分かるがまるで腑に落ちない。ケインズもう一度読めってことか…

一方で、鏡の反対側のイスラーム経済論は分かりやすかった。物と物との厳正な等価交換の原則を保つ一方で、利子をとる活動は否定されている。その根本にあるものは、貨幣は物の代用物であり、象徴=現象を厳密に規定する一神教的な考え方だという。ただこれも、彼の言うがままを鵜呑みにして(自ら考えずに)なるほどなーと唸っているだけで、現場でどうなっているかは分からない

最後に、無限に欲望を拡大し続ける資本主義社会へのアンチテーゼとして「緑の資本論」すなわち原理としてのイスラームを位置づけ、こう結んでいる。

スークの商品とそれを支持する消費者たちは、地域共同体の原理に頼って資本主義に抗する別種の経済システムを守ろうとしているのではない。イスラームにあっては、その生活の倫理を、自己増殖をおこなうものに対する一神教的批判の原理という、イスラーム世界共通の思考が支えている。その思考の素粒子レベルにいたるまでの一貫性に対して与えられた名前がタウヒードであり、アッラーへの信仰なのである。
そこには、人間の自然的知性がつくりだしてしまう世界に対する、一つの透徹した批判システムの作動をみることができる。イスラームとは、その存在自体が、一つの「経済学批判」なのだ。原理としてのイスラームは、巨大な一冊の生きた「緑の資本論」である。資本主義にとっての「他者」は、この地球上にたしかに実在する。イスラームは、われわれの世界にとって、なくてはならない鏡なのだ。

結局「ホントかよ」感は消えないまま読了。イスラームでは厳密さの裏側に柔軟さ(したたかさとも言う)を備えていて、いつでも取り替えられるようにしている一面もあるぞ。

なんだか上手に騙された気が…まぁ中沢新一だからそういうものなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸なんて脂肪です。偉い人はそれが分からんのです

俗に万能細胞と呼ばれる幹細胞(stem-cell)を用いた再生技術の革新により、シリコンの代わりに生体組織を用いた豊胸が可能となった。

これは、自分の脂肪を使って幹細胞を作り出し、それをカスタマイズして胸に注入することでおっぱいをでかくする「究極の脂肪リサイクル」といえよう。

「胸なんて脂肪です。偉い人はそれが分からんのです」ある後輩が吐いたこの言葉は名言でもなんでもなくただの事実。しかし悲しいかな、ほとんどの毒男はこれに気づいていない。地球の重力に引かれるようになって初めて、彼女のそれが脂肪でできているに過ぎないことに気付くのだ。

「おっぱいには、夢がいっぱい詰まっている」別の後輩は言う。おまえの夢だろというツッコミをこらえて、夢の代わりにシリコンパットが入っていたらどうするかね? ムスカ的な質問にも、この技術はクリアしている。つまり、生体組織のため、破裂の危険性は一切ないし、自分の組織を使うことで拒絶反応の恐れもない。さらに、胸のみならず、唇といったセンシティブな組織への適用も可能という。

ただし、この脂肪リサイクル、問題点も多々ある。

問題のひとつ。生体組織に血液を供給する有効な手段がない。生きているのだから、当然血液が必要なのだが、現在のところ、体内に注入した組織へ効率的に供給することができないらしい。

まだある。「成長を止める方法が見つかっていない」という問題は深刻かも。生きているのだから、細胞分裂し、殖え続けようとする。いったん注入したら最後、延々と大きくなり続けるおっぱいって、かなり怖いかもー

最後に。この200年間、おっぱいの形やサイズを増強するために入れられたモノは以下のとおり。

 19世紀は象牙や海綿が胸に挿入されていた。

 1940年代になって、パラフィンやシリコンの派生物が直接胸に注入されていた。

 1960年代になって、シリコン・ゲルが導入されたが、一部で食塩水ではなく醤油が使われていた。

以上、Grow-your-own breast implants on the wayからの妄想。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「ダレン・シャン」はスゴ本

今年No.1スゴ本。え? 去年も言ってなかったかって? うん。ただし去年は途中まで、今年は全12巻を読み終えて、あらためて思う「びっくりした、おもしろかった」と。

私がガキだった頃はルパンとファミコンだったのが、今じゃダレンとPSPかよ、最近の子どもは恵まれてるなーっと、子どもだけに読ますのはもったいない、ここんとこ面白い本が無いと嘆くなら、これを読むといい、折り紙つきだ。

ただ、1冊 1,680 円 × 12 巻なのはちと割高かと。それこそ1冊1時間で読めてしまうので、図書館を利用するとよいかも。ちなみに近所の図書館で検索してみたら、最終巻は 200人待ちという人気っぷり。

現実の世界はきたないし、とても厳しい。主人公がどうなろうがおかまいなしで、ハッピーエンドなどそっちのけだ。人は死ぬし、けんかには負けるし、悪が善に勝つ
このことを、話に入る前にたしかめておきたかったんだ

ここであらすじを紹介するつもりは無いし、(読む気なら)探して知ろうとしないこと。もったいない。形容詞だけで話すほうが易しいし優しい。すなわち、「ダレン・シャン」シリーズは、ダレン・シャンが主人公の「どきどき」で「はらはら」で「わくわく」で「手に汗にぎりながら」「ページを繰る手ももどかしく」どんどん読めて、どの巻の最後で「あっとびっくり」し、「次はどうなるんだー」と叫びたくなる物語ナリ。

その点でamazonは罪深い。紹介文や読者レビューでバレを力いっぱい書いてしまっているので、推理小説の犯人に○印を付けているようなもの。amazonで買う人はスクロールせずにカートに入れたほうが吉。

これから話すことはひとつ残らず、本当に起きたことだと信じてほしいからなんだ

ダレン・シャンはもちろんペンネームで、本名はダレン・O・シャネッシーといい、1972年7月2日生まれのアイルランド人。6歳までロンドンで育ち、後にアイルランドのリムリックへ引っ越す。大学のときいったんロンドン生活をするが、その後再びリムリックに戻り、作家デビューするまでケーブルテレビ会社で働く。

家族は両親と弟。ちなみに、母親は、教師。

ダレンはずっと作家にあこがれていた。14歳のとき最初のタイプライターを買い、いくつかの短編小説やコメディの脚本を書く。15歳のときTV脚本コンペに次点として合格し、最初の成功の味を占める。題名は"A Day in the Morgue"(モルグでの1日)。

17歳のとき最初の小説"Mute Pursuit"(無音の追求)を書くが、お蔵入りとなった。「ターミネーター」と「ダークタワー」を混ぜたようなお話らしい。以降、大学や会社員とかけもち時代には年1冊のペースで、フルタイムで執筆するようになってからは年5冊のペースで出せるようになる。もっとも「ダレン・シャン」の販促で世界各地を飛び回るようになってからはペースが落ちて、最近では年2冊程度らしい。

彼は始めから児童小説を書くつもりはなかった。1999.2の作品"Ayuamarca"は「ゴッドファーザー」と「ナイトオブザリビングデッド」を混ぜたような話だ。

結局、彼の作家生命を決定付ける本「シルク・ド・フリーク」が出た2000年がダレンとしての経歴の転換点だったことは間違いない。彼は、この本で多数の読者を(子どもの読者を)獲得し、「ダレン・シャン・シリーズ」を書き始めることになる。そして最初の2冊の本の映画化権をワーナーブラザーズと契約し、彼のキャリアは一気に飛びぬけたものになる…

ここからはバレになりうるかも。著者が好きな小説の紹介なので。ダレンが好きな小説は(反転表示)「呪われた町(S.キング)」「秘密の花園(バーネット)」「指輪物語(S.トールキン)」「幼年期の終わり(クラーク)」「ウォーターシップタウンのうさぎたち(R.アダムス)」「ハイペリオン(ダン・シモンズ)」「怒りの葡萄(スタインベック)」などなど…

ダレン・シャンのオフィシャルサイトshanvilleの紹介。上記の著者経歴もここを参考にしたのだが、それだけでなく、BBS、ギャラリーなど盛りだくさん。特にギャラリーが見もので、各国の「ダレン・シャン」の表紙を見ることができる。

「ダレン・シャン」は、日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、イタリア、アイルランド、ハンガリー、中国、韓国、台湾、オーストラリア、ニュージーランドで出版されているが、それぞれの表紙にお国柄が出ていて興味深い。総じて、ヨーロッパではおどろおどろしい絵だが、日本以外のアジアだとファンタジー色が前面に出ている。恐ろしい話でもあるし、ファンタジーなところもあるので間違ってはいないけれど、日本の田口智子さんの幻想的な絵画調の表紙の方が最もしっくりくるような気がする。

ちなみに日本のダレン・シャンのオフィシャルサイトはここ(未読の方は行かないほうが吉)

さて、最後にもう一度。子どもだけに読ますのはもったいない。「最近面白い本ないなぁ」とお嘆きのあなたに、オススメ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年3月20日 - 2005年3月26日 | トップページ | 2005年4月3日 - 2005年4月9日 »