« 「見える化」は2章を読め | トップページ | PG、SE、PM に求められるコミュニケーションスキルの違い »

そういえば「劇薬小説を探せ!」はどうなった?

 …という指摘をいただく。こんな場末のネタにツッコミ入れていただけるなんて、感謝。肝心の劇薬小説リストは粛々と消化しているけれど、スピードは抑え気味。また、引っかからない作品は記事化することもなく、ここに一行コメントを追加してひっそりと終わる場合もある。

 ひょっとして期待してる人がいたならゴメンナー。おわびに似たような企画の紹介をば。

読まなきゃよかった物語を教えて下さい。ネタバレ推奨ですので、閲覧の際はご注意下さい。買わなきゃ良かったとか時間を無駄にしたなどではなく、「トラウマになった」「暫く何も手につかなくなった」「価値観が変わった」「変な快感」などの読まなきゃ良かったです。

 グロ、陵辱、虐待、淫行、暴力、縛り、吊るし、切り刻み、焼印、監禁、カニバリズム、人体分解がキーワードで、ケッサク「ミッドナイト・ミートトレイン」を挙げた方は王見人ネ申。描写がキツめなので、次を読んでも大丈夫なら、のぞいてみてはいかが?
ミッドナイト・ミートトレイン
真夜中の人肉列車、というところです。血を抜かれ、毛をそられ、逆さ吊りにされた全裸の死体を発見したカウフマン。彼の見た肉切り包丁を手に、死体を処理している男こそ、地下鉄内連続惨殺事件の真犯人…この殺人鬼マホガニーは、人肉を食う集団に、人間の体を提供する役目を担っていて、という話

(「ミッドナイトミートトレイン」の紹介より)

殺人鬼II

動けなくされた後口に消火器を突っ込まれて噴射され、腹が破裂してしまう看護婦や(舞台は病院です)、口から木刀を突きこまれて肛門までブチブチと(この擬音がまた…)貫通させられる男や、頭を踏み潰されて殺された我が子の肉を無理矢理食べさせられて狂う母親、etc。しかも全て『生きたまま』というところが凄い

(「殺人鬼II」 の紹介より)

オーケーならここからどうぞ

|

« 「見える化」は2章を読め | トップページ | PG、SE、PM に求められるコミュニケーションスキルの違い »

コメント

ミッドナイト・ミートトレイン....
なんか読んだことがあるような気がするw
(表紙もタイトルも見覚えあり)

けど全然思い出せないw
劇薬系だから思い出せないのだろうかwww
Amazonでクライヴバーカーを見てみたけど、これ以外の本は読んでいないようだし...むーん

投稿: nni | 2005.10.19 13:30

nni さん、コメントどうもです。

表紙は強烈ですね。描写は凄惨なやつが多いです。設定がトンデモなやつが多いです。クトゥルフ神話ぽいのもあります。人により劇薬ですが、「愛」を感じさせる作品もあったような→「ジャクリーン・エス」とか

この頃のC.バーカーが最高に好きでした。

投稿: Dain | 2005.10.20 01:18

初めまして。「ミッドナイト・ミートトレイン」のキーワードでネット検索していたらここに来ました。

そうなんですか…こんなにグロい小説なんですね。
『あずみ』や『ゴジラ ファイナルウォーズ』の北村龍平監督が本作を映画化するとの事ですが、はたしてどうなる?
でもこの監督の出世作『ヴァーサス』も、狂ったスプラッタ描写満載な怪作だったので、案外水が合うかも?

投稿: は~みぃ | 2006.12.22 15:47

>> は~みぃ さん

 「ミートトレイン」は描写もアレですが、発想の着眼点がスゴいです。「人肉列車」に吊り下げられた死体は、激しく屠殺場を想起させられます。また、同シリーズの「セルロイドの息子」にある「屍衣の告白」のラストは、あらゆる殺害方法を超越したやり方に仰天させられることを請合います。

 「ミートトレイン」は、その発想の強烈さと映画的な描写から、誰が撮ってもコワい奴になるでしょう。ヘンに気を使って「邪悪なモノ」との対決モノにしない限り、期待しても良いかと。

 余談になりますが、「ミートトレイン」の話になると、いつも「猿夢」を思い出します。これはこれで、怖いですね。

投稿: Dain | 2006.12.23 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/6470136

この記事へのトラックバック一覧です: そういえば「劇薬小説を探せ!」はどうなった?:

« 「見える化」は2章を読め | トップページ | PG、SE、PM に求められるコミュニケーションスキルの違い »