« 「オタク=臭い」と思う人は自分のメガネを嗅いでみろ | トップページ | 6色ハット発想法 »

劇薬注意!「獣舎のスキャット」

 やっほう!みんな聞いてくれ!「獣舎のスキャット」は読後感サイアクだったぞ。だからうっかり読まないように気をつけてね、特に女性は
悦楽園
 この短編が収録されている「悦楽園」(皆川博子)は粒ぞろい。「退廃 + 刹那」の全共闘の時代なので、若い読者はとまどうかもしれないけれど、通底する コンセプトは一緒「人間こそが恐ろしい」。それは"血"だったり"業"だったり、あるいは過去のおぞましい記憶だったり。

 それを緻密に書くんだなぁ、肝心のトコを上手に省いて。例えば、おぞましい記憶が一気に明らかにされる場面がある。それまで心理描写ばかりだったのが一転して、まるで白色光をあてたかのように事物をクッキリと書き尽くす(血潮は書かない)。それまで主人公にぴったりと寄り添った視線に、こちらも思わず引き込まれていたのが、いきなり「過去の現場」に立たされる。これは、怖い。

 さらに、「性」がお話のキードライバーであるにもかかわらず、登場する「母」「妻」「妹」「姉」から女「性」が剥ぎ取られ、記号にしか見えない。おんなおんなしてないオンナが性交しても萌えも燃えもしない。これは書き手と私の性差からか? 肉と心が喜ぶためにつながろうとするオスと、つながることに他の理由を探そうとするメスとの。だからこそ、「獣舎のスキャット」のラストでサイアク気分を味わいながら激しく興奮、おっきおっきした。
(*´Д`)ハァハァ

 グロは皆無。血糊や臓物の代わりに人の心のグロさを存分に味わえる。収録作の一つ「疫病船」は口の中がムズムズする一方で、人の厭らしさが滲み出るダブルのエグさ。また、「水底の祭り」の屍蝋のエピソードは、それこそフラッシュバックのように私の記憶が呼び起こされた。それは母が言ってたセリフ→「この小説は読むな」、と。

 もう読んじゃったわぁん、水底をぐるぐる回る白い女体が脳に焼き付いて離れないよぉ

 ランキングを以下の通り変更。オススメいただいた mhkさん、t さん、ありがとうございます。こんな胸クソ悪くなるような小説を教えていただいて。

  1.隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  2.獣舎のスキャット(皆川博子)
  3.暗い森の少女(ジョン・ソール)

  選外
   ・ぼくはお城の王様だ(スーザン・ヒル)
   ・砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)
   ・蝿の王(ウィリアム・ゴールディング)

 しかし、1位は変わらない …ってか、「同一作家の他作品もOK」だとケッチャムが独占しちゃう。だから良い子の皆さん、ケッチャムだけは読んじゃダメだよ。

────────────
「劇薬小説を探せ!」に戻る

|

« 「オタク=臭い」と思う人は自分のメガネを嗅いでみろ | トップページ | 6色ハット発想法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/5741050

この記事へのトラックバック一覧です: 劇薬注意!「獣舎のスキャット」:

» おすすめできないけど衝撃短編 [memory cell ~つれづれ]
 決してお勧めはいたしません・・・・・・。  皆川博子さん、好きでもないんですが、むか~したまたま読んだ短編集のとある作品が、一生忘れられない作品になりました。  皆川 博子 悦楽園  こちらに収録されております「獣舎のスキャット」であります。  ... [続きを読む]

受信: 2005.10.21 17:39

« 「オタク=臭い」と思う人は自分のメガネを嗅いでみろ | トップページ | 6色ハット発想法 »