« 金融再編残酷物語(日立の場合) | トップページ | 「戦争請負会社」読書感想文3 »

「戦争請負会社」読書感想文2

この本で、戦争の外注先として実にさまざまな形態があることを知った。著者が名づけた「槍の穂先による分類」すなわち「フロントラインに近い順」に分けると、以下の3種に分類される。

  (1)軍事役務(実践と指揮)
  (2)軍事コンサルタント(助言と訓練)
  (3)軍事支援(非殺傷的援助と兵站)

(1)はいわゆる戦争の犬たち。「朝に嗅ぐナパーム弾のにおいは最高だぜ」とのたまう地獄の黙示録な人々が集っているのではなく、業務を粛々と遂行する「もと」兵士「いま」傭兵。(2)のインストラクターが研修成果の調査名目で現地入りして第一線で戦うなんてこともあるらしい。(3)はいわゆるロジスティクス。大戦略をやりこむとわかる、戦争で最も重要なものは兵站だ。そして最もアウトソースしやすいのもコレだ。

出自は軍人が大部分。元SAS、元アルファチーム、元海兵隊…と、「元××」が幅を利かせているらしいが、これにはメリットが2つある。優秀な兵士に育て上げたり、武器や兵器の錬度を上げるためには、費用がとてつもなくかかる。この費用は国家もちで済むこと。それから、リクルートするとき、「元××」の階級でレベルが一目で分かるため、人材の選別が容易なこと。

華々しい経歴は無いが、それなりの人材なら安価で大量に手に入る。どこで? 最近戦争が起こった国、失敗国家(failed country)にいけば若くて絶望した人材が豊富に手に入る。育てるのは? (2)のインストラクターたちが育てるのだ。

その結果、高い戦闘能力を持つ人材を安価に手に入れることができる

また、戦争請負会社の多くは「バーチャル会社」として活動しているという。つまり、いわゆる「常備軍」や社屋などを持たないことで固定資産を抑制する。また、ネット取引や人材派遣方式を採ることで、実際に契約が発生した後で人をかき集める。人だけではない。あらゆる商売道具(兵器や軍用品)は在庫だ。必要になってはじめて国際市場で購入したりリースしたりする。テンプスタッフのやり方と同じ。

その結果、戦争サービスの提供という本来業務にリソースを投入することができる

戦争請負会社がどこで儲けるかについて、本書では非常に詳細に解説している。フロントラインの向こうにある鉱山・天然資源の利権そのもの。西側(死語だ…)の NATO標準軍事行動という知的財産も売り物。あるいは合衆国政府や国連がお得意さまという会社もある。面白いのは、軍事知識のコンサルタントとしてハリウッド映画の脚本をレビューしたり、英国海軍に原子力潜水艦の運用と整備を教えたりする「民間会社」もある。

ある戦争請負会社が提案する「トータルソリューション」が興味深い。

MPRI社が提供する一括提案は、一個の軍隊を底辺から完全に改革し、NATOの標準に仕立て上げる。MPRI社の人間が米軍で現役だったときに与えられた教本をそっくり真似たもの。結果は外国の軍隊に「アメリカ式軍事行動」を教えるという点で、国際貿易取引の他分野において働いている力学を軍事分野に持ち込むものであり、知識という資本を豊富なところから乏しいところへ移す。(本書より引用、太字化はわたし)

どっかのコンサルティング会社がやっているように、ステイツの慣行をスタンダードとして「輸出」する。クリティカルチェーンでもISOでもCMMでも何にでも置き換え可能。こうして、米国式行動様式がグローバルスタンダード(これも死語)になる。

|

« 金融再編残酷物語(日立の場合) | トップページ | 「戦争請負会社」読書感想文3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/4015966

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争請負会社」読書感想文2:

« 金融再編残酷物語(日立の場合) | トップページ | 「戦争請負会社」読書感想文3 »