« 「ブログでビジネス」失敗と教訓 | トップページ | PMBOK3からの気づき »

続マジカのひみつ

マジカを使って若手に実験。なかなか興味深い結果が得られた。前回のマジカのひみつはここ

実験対象
   入社2-4年の若手社員(♂3人)
   SEとして分析・設計をやるかたわら、テスターとして試験もやってる
   java読み書きはできるが、プログラマではない
   予備知識なし (゜Д゜)ハァ? まじかァ? という連中

実験1:マジカなし

マジカの説明なし。ある企業の業務フローをポンと渡し、「明日このヒアリングを顧客とする、という状況で、疑問・質問・ツッコミをピックアップしてね、15分でね」

実験2:マジカ使う

マジカの説明をする。「カード洗い出し→カード並べ」に特化してザクっと解説した後、マジカを使って業務フローからの質問をもう一度考えてね

対象となった業務フローはセミナーでもらったもの。どこの企業にもある「与信業務」「受注業務」に限定して分析を行う。

マジカなしの場合、出てくる質問はさもありなんなものばかりだった。つまり、誰でも思いつく質問だし、回答する方もそれなりな準備がされているものばかり。

  • 手続きのフォーマットはありますか?
  • 与信の基準となるものはありますか?
  • どんな媒体(電話?メール?FAX?)で行っていますか
  • 1日に何回の受注業務がありますか?
  • 受注業務で作成する帳票のフォーマットを教えてください

マジカを使った場合、ヤバそうな質問が頻出。ヤバそうな質問とは「分析フェーズでスルーされ易く、設計もスルーされ、実装フェーズで露見する仕様の切れ目」のこと。

  • 受注の前に営業から「提案」を行っているのでは? その情報を引き継いだり管理したりする業務があるのでは?
  • 発注→受注の順番を明確化したい。発注書、請け書が書かれるタイミングは?
  • 在庫が無い、納期まで短すぎるなど、発注を請けられない場合があるはず。しかし、そのフローが書いてない
  • 受注する人と出荷指示する人は、同じ人なのか? 違うのであれば情報を渡すタイミングと内容を教えて欲しい

あらふしぎ、見違えるほど良い質問になった。ま、かなり誘導可視的なアプローチだけれど、マジカでやりたかったことは彼らに伝わったと思う。

フロー間に埋もれたやるべき作業、誰もトリガーを引いていないのに回りだす仕事、同一人物が担当しているため「見えない」ものとなっている共有情報は、ずっと後になって「気づく」ハメになる。気づいた人がプログラマなら設計バグ化になり易いし、お客さんが気づいたならコンサルの不備とみなされるだろう。

マジカの良さは、お客さんをまきこんで、かつ、システマティックに業務分析できるため、ベテラン/新人のバラツキを減らすことができるところ。さらに、分析する側だけでなく、お客さんの「質問に答えるための気づき」も引き出すことができる。お客さん自身の「気づき」を分析フェーズでできるのは大きい。このありがたみ、酷い目に遭った人なら分かるでショ。

|

« 「ブログでビジネス」失敗と教訓 | トップページ | PMBOK3からの気づき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/3166782

この記事へのトラックバック一覧です: 続マジカのひみつ:

» やってみたいです [HelloWonderWorkWorld!]
Dainさんの続マジカのひみつを読んで、Magicaダウンロードさせていただきました。うーーーーむ、とっても役にたちそうです。明日からの仕事で早々に使ってみます。(^_^) [続きを読む]

受信: 2005.03.06 15:38

» 業務の視える化ツール、ノリとハサミの MagiCa [SE 市井賢児のメモ]
情報システムは業務を改善/改革するためにあり、その前提として業務を分析しなければなりません。 誰がいつどこで何のために誰と何をどうやってするか、その量は質は、と... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 21:01

» MagiCa [せつないぶろぐ]
顧客の業務ってなかなか捉えづらいのですよ。やっぱり実体験していなくて机上であれこれ説明受けてもなかなかわかんない。顧客は要求だけを出してくるので現業務がわかんな... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 22:59

» マジカはここがよいのですよ。 [atsushifxの七転八倒]
(via はぶにっき 経由 わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる) マジカを使った場合、ヤバそうな質問が頻出。ヤバそうな質問とは「分析フ... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 23:20

« 「ブログでビジネス」失敗と教訓 | トップページ | PMBOK3からの気づき »