« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »

ぼくの見た戦争~2003年イラク(高橋邦典)

日本人カメラマンの従軍写真集。「児童向け」に薄めに作ってあるとはいえ、慣れない人が見ればショックを受けるかも。ためしにblogでの感想をさらってみると、予想通り。

眼の好奇心に従って、試みにgoogleってみるとよい。ブラウン管や紙面に映らない生々しい映像がたくさんある。これこそ「子どもに見せられない画像」だな(w。グロ画像を含むリンク先は提示できないため、簡単なやり方を記すに留む。

  1) googleのイメージ検索のkeywordとして、以下を入力する
    iraq+body とか、
    iraq+dead とか、
    iraq+injury とか...

  2) 検索結果をチェックする(リンク先がPhoto Albumになっているならそこも全部)

別にグロ画像を見ろといっているわけじゃない。現代のマスコミは、目黒のサンマのようにフィルタリングされた情報しか無いよ、ということ。彼の地の人々がどういう目に遭っているかを知って、あたしゃ目の前が真っ暗になりましたもん、ことば通りで。
隠された仄暗いところを見る予習に、この本はいいかも。

良いところと足りないところを、書く。

【良いところ】米兵との以下の会話が良い。彼らの気持ちが凝縮されてると思う。引用する。

 ぼくが話をした若い兵士たちの多くは、「早く、家に帰りたい」といっていた。戦争は、彼らにとっては、仕事であって、「とっとと仕事(戦争)を終わらせて、家に帰ろう」という気持ちなのだ。(p.5)

2004.3で進攻より12ヶ月。準備期間を含めると16ヶ月。さすがに駐留しっぱなしの兵士はいないとは思うが、苛酷な状況下で緊張を強いる「仕事で出張しにきた」米兵の精神状態はかなりのモンだろうなぁ。雑誌「選択」で採りあげていたからマスコミ報道にもでてるかもしれんなぁ、この話題。

【足りないところ】写真で伝えられない次の要素が書いていない。

 におい。血と肉の匂いは、皮膚に染む。あの写真(p.27,49)を撮ったのに、その匂いを記さないのはどうしてだろう?。「ベトナム戦記(開高健)」を読んで、私は、死体の匂いは「甘くて皮膚に染む」ことを学んだ。後に確認する機会があったが、その通りだった。チグリス河のほとりは乾燥しまくっているから、彼の鼻腔まで届かなかったのだろうか?。

最期に。この写真集は、「イラクの小さな橋を渡って(池澤夏樹)」とセットで見るべきだと思う。ダイエット食品『使用前』と『使用後』よりもクッキリとよく見えるから。
--
2004/5/9追記
ひできさんの米兵は「最後の人間」か?を読んで考えさせられる。こんなことできるのもネットというオモチャのおかげで「情報」コストが飛躍的に下がったためだと思う。中東という距離とプレスコントロールにより、彼の地をベールで覆っておきたい人たちにとってはやりにくい世の中なんだろうな、と想像してみる。
んで、彼の地で戦う米兵たちを想像するときに役に立つだろうと思いトラックバック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛ぶ夢をしばらく見ない(山田太一)

kanonが厨房へのファンタジーなら、これは厨年男へのファンタジー。どちらも楽しみました。
ょぅι゛ょとか言ってる輩(やから)、まぁ読んでみそ。厨年男の萌えを垣間見ることで客体視できるかもな。

女は年齢を遡って生きるようになった。
最初は老婆、40代→30代→20代→10代、そしてょぅι゛ょと、会うたびに変態を繰り返していく。さながらセト神アレッシーの影を踏んだかのように(スピードはゆっくりだけど)、若返っていく女。何故そうなったのかは分からないし、後説明もなし、ファンタジーだからね。

女との関係は、真剣な戯れから始まった。
ケガで身動き取れないため、カーテン越しに手指でまさぐりあう。
言葉と指の感触だけで達する二人。

どんどん若返っていく女を相手に、濃密な交合を繰り返す主人公。この平凡な中年男の手記という形式で物語は進みます。見た目は少女とはいえ、以前の記憶は全て残っています。つまり、「体は幼いが心や経験は成熟している」というオタな方には非常に都合のよい存在…男は会社を辞め、家庭を捨て、女と共に生きようと、最期まで見届けようとするが…

当時の解説には、「エロス」という言葉を割り当てているけれど、こりゃ「萌え」だよ「萌え」。光った箇所を引用する。若さを表現するのに、こんな的確な方法があったなんて。

 着物からこぼれる白い腕をひるむように私は見た。
 「つまんで」
 いいながら睦子は自分でその腕の皮膚を右手でつまむようにした。
 「さ」
 私がしたようにしてみて、というように左の腕を私の前にさらした。
 「つまめないでしょう」すがるような響きがあった。
 「若いの」若いことを歎くようだった。
 (新潮文庫P.119)
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私へのメッセージ(Dain)

それよりオレよ、聞いてくれ
オマエの子は、どんな子になって欲しい?

   勉強ができる子か?
   サッカーが得意な子か?

   それとも、
   分けへだてなくやさしい子か?

   あるいは、
   そんなんどうでもいいから、しあわせになって欲しいか?

じゃぁ、「やさしい子」になるにはどうすればいいか、知ってるか?
「しあわせな子」になるにはどうすればいいか、知ってるか?

子どもは、「やさしさ」なんて知らない。「しあわせ」なんて知らない。
オマエを見て覚えるんだヨ !!

だから、先ずオマエがやさしくならなきゃ > 妻に、子に
だから、先ずオマエがしあわせな顔をしなきゃ
(しあわせは単品じゃない。子の幸せ⊂妻の幸せ⊂オマエの幸せ)

子どもは、親の言うことなんて、聞かないよ
ただし、親のマネをするのは抜群に上手いよ

もう一度、言っておく。オマエ忘れっぽいからな(w
「やさしさ」は、オマエがやさしくなることで、初めて伝えることができるんだよ
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kanon(key)

このトシになってギャルゲーかよ…

大昔、子供だったころ、親父にぐーで殴られた夜、頬の形が分かった。腫れて熱を帯びていたから。
まだ若かった頃、むちゃして激辛カレーを食べたあと、胃の形が分かった。刺激物で一杯になっていたから。
最近、オッサンじみてきた今、このゲームをプレイするとき、ココロの形が分かります。いっぱいのせつなさと、名前の知らない気持ちで満杯になっているから。

涙を流すとか、声をふり絞るとかはココロの安全弁なんだなぁ。それが間に合わないぐらいのスピードでココロが一杯になっていくという、非常に珍しい経験をしました。
でも、ファーストプレイの印象は…目がとにかくデカい!
picture/kanon06
(クリックで拡大)

も、物の怪の類(たぐい)…?
(ファンの方、ごめんなさい~でも第一印象の本音)
慣れたけど~(w

造形の云々じゃなくって、いいシナリオです。いい演出です。しみじみと、何度でも泣けます。心のカタチが変わっちゃったかも?
象徴的なシーンを引用しときます。未プレイの人にはナンのこっちゃ? という会話だけど。

  あゆ「悲しいことがあっても、自分に都合のいいように考えて、いつも前向きに」
  祐一「あゆらしいな」
  あゆ「祐一君が言ったんだよ」
  祐一「…いつ?」
  あゆ「ずっと昔に」
  祐一「…どこで?」
  あゆ「えっと…あれ?」

このページの画像の一部は、ソフトハウス『Key』の作品の提供素材を使用しています。これらの素材を他へ転載することを禁止します。
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Souce Code (JOKE)

ウィンドウズのソースコード漏えいが騒がれているけれど、Windows98なら、とっくに全文が公開されてるよ、というサイト。

Windows 98 Source Code

include宣言とinstall処理が笑えた。
山口智子がOS/2のCMをしていたのはいつだったっけ…(遠い目)
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司とマヨネーズ(水月マヨ)

いわゆる寿マの単行本。一時期ROMだったが、書籍化されていたとは。
「寿マ」といってももう通じないだろうな。

ROMだったときも、読み終わった今もそうだが、感想はムリ。あまりに強くて痛すぎるから…これは、俗に言うSMカップルの物語。サディストとマゾヒストとして出会い、ご主人様と奴隷をいう大人のゲームを、このうえもなくマジメに貫き通したお話。

『ごっこ』なら誰でもできる。

けれど、続けることは非常に難しい。離れた性愛を垣間見るつもりで読んでいたのだが、ふと自問する『彼女のように、ひたむきに尽す[尽し続ける]ということができるのだろうか?…それも、ただ好きなんだというだけで』。

1997年2月20日の日記より引用する。ここに凝縮されている。

 すでにご主人様に差し上げた人生。こんなことをうだうだ考えていると、「おまえをどうしようと俺の自由なんだろう?」と言われるような気がする。勝手に作り上げた幸せの幻想にとらわれているのは、結局私が自我を捨てきれていないということか。大好きなご主人様、私はこの方に愛されて可愛がられたい。その方法が一般的な愛し方とは違うSMという性癖であって、根底に流れるものは同じなのかと思っていたけど、どうなんだろう。  せめて願うのは、ゴミのように捨てられる前に、私はご主人様に踏みつぶされて粉々に壊れてしまいたいということだ。 (P.104)

ふーんと読んできて、『エピローグ』があることに気づいた。いわゆる後日譚があること知らなかった。ほんの十頁のエピローグに泣いた…出来過ぎな話かもしれんが、もう涙、なみだ…そんなことがあったなんて。
サイトからはうかがい知れぬ良話ですな。

…というわけで往時を知っている方、今すぐamazonへGO! (^-^

最後に。読むキッカケをくれて、ありがとうございます>kobaさん
--

| | コメント (0) | トラックバック (2)

子どもへのまなざし(佐々木正美)

乳幼児期の育児こそが大切という、児童精神科医の講演録。

この本には、たくさんの『気づき』があります。何度も読んでも、「ああ、そうだよな、その通りだよな」と思わされることがたくさんあります。母親、父親に限らず、乳幼児の保育者に必要な心がまえを、分かりやすくじゅんじゅんと語っています。

『ゆったりとした、やさしい気持ちで子育てをしてほしい。なぜなら、そうしたあなたを見て、子どもは育つのだから』という、お母さんへのメッセージが随所に見られます。育児に悩む全ての人たちに届いて欲しいメッセージです。

また、『子どもの望んだことを、望んだだけ満たしてあげてください。そうすることで、子どもは、人を信頼することができるのです』というお話には、心から納得しました。赤ちゃんは泣くことでしか、空腹や、オムツが濡れたことや、さびしいといった気持ちを伝えることができません。その望みの一つ一つに応えてあげることにより、親を通じて、人に対する信頼を育んでいくことができるというお話は、腑に落ちるだけでなく、親としての自信にもつながりました。

さらに、『子どもに、やさしい人になって欲しいと思う親は、どのようにしてやさしい人になってもらうか、考えたことがありますか?』との問いかけには、ドキっとさせられました。特にオオカミ少女のエピソードを通じたその答えには、あたりまえのことなんだけれど、わかってなかった自分に気づかされました。

『気づき』ってそんなものだと思います。あたりまえすぎて、見逃しているもの。見失っているもの。この本に出会わなければ、今でも気づかないままだったと思うと、なんだか空恐ろしくなってきます。
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに会った息子は大きくなっていた
もう三つになるのか

妻は顔を伏せていた
ちょっといってくるよ、と声だけかけて家を出た

だっこ、というので抱っこした
重たい
明日は腰痛だな

おかっぱの髪がさらさらという音が聞こえた
頬にあたってちょっとくすぐったい

そのままバスに乗った
坂を下った街まできた

海までいこうとバスを降りた
でこぼこした岩場を歩く

抱えている腕がしんどい
重たい

海はまだみえない
足場が不安定なまま歩く

ふと

子どもが泣いているのに気づいた
声を殺して泣いている
私の首に額を押し付けて
涙だけはらはらと頬をつたっている

どうしたの

声をかける、返事はない

さびしいの?

訊いてみる、返事はない

首をねじまげて顔をのぞきこむ

そして私は気づくのだ、その子は私の息子ではない
そこにあるのは、幼い頃の私の顔であることを。

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »