« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »

子どもにネットを教えるとき、心がけていること

昨日は「テレビっ子」、今日は「ゲーム脳」、そして明日は「ネット子」(ネト子?)という流行語になるのだろうか。このメディアとの付き合い方を子どもに教えている。

他の親たちは、「英語耳のため英会話」だの「ピアノで絶対音感」だの、色々な習い事をさせているようだ。3歳からの英会話学校があることにビックリしたが、ウチは死とは何かとかゲームとの付き合い方などを今のうちから教えておこうかと。どうせ小学生になったら、きっと耳も貸さなくなるだろうし:-)

マスメディア。特にテレビとの違い

調べモノがあるとき、子どもを膝の上にのせてGoogleってみせる。「さて、明日のお天気は~」とか「次のデカレンジャーショーはいつかな?」とか。おかげで、「テレビとは異なり、リアクションがある」ことに気が付いたようだ。能動的にならないと、情報は得られない。「テレビをダラダラ見ていても、必要な情報は得られない」ところまで理解して欲しいが、も少し先。

ネットはゼロ次情報

「あれーこことここで、言ってることが違うねー」とことさら強調する。ネットの中は整合性も一貫性もない。本人が語る情報は一次情報、そいつをメディアでフィルタリングした二次情報と呼ぶ。それとは別に「本人が真実だと思い込んでいる」情報、即ちゼロ次情報が垂れ流されている。極端だと「脳内電波」と呼ばれるが、事実のフリをした虚報も混じってるのがネット。検閲がない代わりに、校正もない。ネットでの「情報」は、編集されていないことに気づいて欲しい。

ひとり一台ではない「ファミコン」

PCを立ち上げるときは、いつも子どもと一緒。ネットがインフラであるのと同様、端末も共有物。一家に一台のコンピュータ、これが本当のファミリーコンピュータ、なんちて。あたしゃオッサンなので、コンピュータとは、タイムスライシングしたなかで複数の人で使いまわすべき計算機なんだと考える。学生時代、マシン運転時間中に端末を奪い合っていた人なら分かるだろう。コンピュータは私物ではない、ネットが公共財であるのと同様に。従ってパソコン(パーソナルコンピュータ)は personal にさせない。リビングに置いて、使うときはみんなで。テレビやビデオと一緒やね。個人で持たせるのは、せんずりを覚えるようになってからだ。

お母さんが安心して子どもにパソコンを使わせる本という本がある。このblog読んでるような人ならこれで金とるなんてふざけているとしか思えない内容だ…が、こんな本がまかり通っているということは、「子どもにPCやネットを使わせることに不安を抱いている親がたくさんいる」ことの裏返しなんだろう。「子どもパソコン教室」なんて流行りそうやね、いろいろあったし、いろいろあるだろうし。

--

おまけで自分メモ。子ども向け検索サイト。

  yahooきっず
  キッズgoo
  KIDSPLAZA
  学研キッズネット

どれがいいか分からないので、とりあえず「ふたりはプリキュア」で検索してみる。yahooとgooでは2件(朝日放送とオフィシャルサイト)ヒットしたが、KIDSPLAZAと学研キッズネットでは0件…ななな、なんだってー(AA略) やっぱりプリキュアは大きなおともだち向けの番組だったんだと独り合点。

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プロジェクトの仕様」を表現する

PMにとってUMLは強力なツールだよもん、と書いた[参考]。あきぴーさんからトラックバック[参考]をいただいて、私の説明がまずかったことに気づいた(あきぴーさんありがとうございます)。私の記事では、「スコープ = 仕様」という紛らわしい書き方をしている。これだと「プロジェクトの範囲 = システムの仕様」とも読み取れてしまう。正しくは「スコープ ⊃ 仕様」であり、「プロジェクトの範囲 ⊃ システム仕様の実現」なり。

PMBOKアプローチなら、スコープにはプロジェクトスコープとプロダクトスコープと二つあり、プロダクト(成果物)の一つに設計書があり、その設計書で表現される仕様を定義するのに、UMLが有効だよ、という理屈。

UMLアプローチだと、ユースケース図を使うことで、システムに期待する振舞いを定義することができる。んで、システムの振舞い定義に有用なUMLなら、プロジェクトの振舞いにも使えるのではあるまいか、という仮説を立ててみる。つまり「UMLでプロジェクトの仕様を表現できないか」ってね。

ここから脱線。

やらなくてもいい作業がプロジェクトに組み込まれ、本来すべきことが実施されていない惨状を目の当たりにすると「どうして、それはプロジェクトですべき作業ではありません、と言えなかったんだろう」と強く感じるので

もちろん「そいつぁWBSで定義するんじゃないの?」というツッコミ上等。ちゃんとBreakdownされたWBSなんて見たことないので。んでもって、WBS書く側からは「何を作るのかが共有化・明確化されていないのに、作るもののためにどんな作業をすべきなのか、分かるわけないやんー!!」という怨嗟が。

本線に戻る。

プロジェクトの仕様がUMLで表現できるのなら、成果物を書く人とWBSを書く人が一致する(し、そうすべきだ)。

そして、成果物を明確化する仕事と、その成果物のために必要な作業を明確化する仕事は、クルマの両輪のはず。前者を優先するあまり後者を蔑ろにしていたのは私の狭量。だから「スコープ = 仕様」にしちゃったんだな。PG/SEの思考だと、どうしても「プロジェクトの範囲 ≒ システム仕様」になってしまう。これは間違い。この見方だと、教育費やコンティンジェンシープランなどを見落とす罠に陥る。

「UMLでプロジェクトの仕様を表現できないか」については、非常に興味深いネタとして考査中。もちろんモデリングは可能だが、かなりのボリュームになる。しかし、これまで経験してきたプロジェクトをモデリングすることでプロジェクトのパターン化ができないか、ひいてはプロジェクトデザインパターンができるのではないか? …などと聖夜に独り自問。浜の真砂は尽きるとも、世にデザパタのネタは尽きまじ。

--

| | コメント (7) | トラックバック (0)

この本がスゴい!2004

今年読んだ中で、最もスゴい本をピックアップする。名付けて「スゴ本・オブ・ザ・イヤー」なんちて。

最も面白い本「ダレン・シャン」

現在4巻目(全12巻、最終巻は先日発売)だが、まちがいなく今年のNo.1だッ。久々に「物語にハマる楽しさ」を味わいながら、ページを繰る手を愛しみながら読んでる。未読の方のために、中身の紹介はしない。予備知識ゼロでどうぞ。ダークでエグ味のある描写があるため、万人受けはしないだろうが、「何か面白い本ない?」と訊かれたら今年はこいつを推す。

最も仕事に役立った本 "Project Management Body of Knowledge 2000"

プロジェクトマネジメントの教科書。テクニカルな面よりも、繰り返し読むことにより多くの「気づき」が得られた。即座に仕事に役立つということはなく、仕事の取り組み方に変化が起きた。文書の書き方が変わった。計画を立てる順序を変わった。情報を共有する方法が変わった。その変化とは、「目標を定めて、目標へ向かって動く/動かす」「品質・コスト・期間は、目標との差で管理する」というやり方になった。あたりまえじゃんというツッコミ上等。真の意味で実践することはかくも難しい。現在PMBOK3版を熟読中、来年はこれが最スゴ本になるかな?

最萌本「おもいでエマノン」

Air の原作だと激しく思い込みながら読んだSFファンタジー。ステゴTシャツもゲルルンジュースも出てこないが萌えた、というより悶えた、というより少し泣いた。ここでの旅人は往人ではなく観鈴。太古からの全ての記憶を持つ少女。彼女は、さまざまな時、場所の「往人」たちとの出会い、別れを繰り返す。彼女は転生を繰り返しはるかな時の中を生きてきた。まさに「えいえんはあるよ、ここにあるよ」といえよう。(この紹介文のネタが分からない人は読んではいけません、ただの旧いSFです)

最スゴ本「カラシニコフ」

同名の銃「AK-47」を追ったノンフィクション。朝日新聞連載中から注目。読むと陰鬱な気分になるが読まないではいられなかった。単行本で通しで読んでさらにぐったりとなる。原爆の発明を罪とするなら、AK-47も同罪だろう。いや、誰でもカンタンに扱えて、効率的に人を殺せる点で、もっと罪深い。戦時とはいえ子どもに殺人を強要する話は涙が止まらなかった。しかし、最終章「銃をおさえこむ」には光がある。銃に汚染された失敗国家から立ち直り、ついには銃をコントロールする話。淡々と書いている分、感動的ナリ。

--

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »