« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

「使える新書」で笑う

新刊本は、目にとまって、レジまで持っていけたら「勝ち」なんだから、パッケージとつかみネタで勝負しているから、浚うのは時と銭が勿体無い。ましてや新書をや。


こんな風に考えている私にピッタリだと思ったが、この一冊はレジの手前で思いとどまって、結局借りて読んだ→「使える新書」新書オンリーのブックガイドなのかしらんと一読して痛い目に遭う。これは、新書レビューのフリをしたライター達の自己満足エッセイ集ナリ。


えらく挑発的な書き方をする一方で、「ぼくらの○○」(*1)といった共感の押し売りも鼻につく。俺様系blogならまだしも、お金を受け取って書いている文ですぜ。批判文もマンセー文もどこかで聞いたことがあるような借り物文ばかり。「ライターとしての教養あふれる文章読本」なんてブツがあるのかしらんと真剣に探したくなる。


だいたい「教養としての○○」と紹介されるカッコ書きの「教養」なんて、fj か2ch の厨房を煙に巻くといった効用しかない。新書で手に入る「教養」は、あくまでも入口。それを、「○○を標榜するならコレぐらいは読んでおけ」的にやたら「必読」でくくるのもどうかと。必ズ読メといわれても、読む気が失せるレビューの後で締められても萎える。ブックガイドとしてはおすすめしないが、Amazonでのこの本のレビューに倣ってライター達の「教養」ぶりを吟味しながら読むと愉快かも。引用するね。


編者こそ教養を

編者が複数のため一部であることを注釈しますが、慣用句などに誤りが多く、無教養なのが明らかで表題が皮肉に思える。(中略)少なくともこれだけ不遜な題名をつけるのであれば知的に全方位に武装されていてしかるべきであろう。企画は悪くないがキャスティングに失敗した映画のようなものか。


そう、この「使える新書」にはサブタイトルがついていて、「教養インストール編」と銘うっている。教養という言葉にくすぐられそうな人なら飛びついてしまいそう。

こんだけこき下ろしたが、それでも読みたい・再読したい新書がいくつか。

インタビュー術!(永江朗)講談社現代新書

インタビューアーもインタビューイーも縁がないが、「人の話を聞く」ことは、私の仕事でも重要なスキル。インタビューという技術を知ることで、得るところがあると思う。

「わからない」という方法(橋本治)集英社新書

題名だけは気になっていた。橋本治本は影響力が強すぎるので差し控えていたけれど、この際。お題はソクラテスのあれやね。

なぜ人を殺してはいけないか(小浜逸郎)新書y

子どもに訊かれたときのために、一度考えたことがあるので[ここ]。そんときは相互性の原則から一歩も出られなかったけれど、もう少しマシな答えが得られるかな?

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(マックス・ヴェーバー)

新書じゃないけど、「マックス・ヴェーバー入門」という新書を読むぐらいなら、こいつを再読しようかと。入門書って、入門じゃないよなぁ。それから、入門書を読んだんなら、それ以降も、読むよなぁ。

万葉秀歌(斎藤茂吉)岩波新書

日本語が読みたくなったときのために。

わたしは二歳(松田道雄)岩波新書

「家族とはなにか」が分かるらしい。わたしの答えは「浮世の方舟(ただし期限付き)」だが、それ以上の何かを得られるか? これまで読んできた中で、最もこの問いに答えているのは、山本直樹「ありがとう」だろう。家族とはなにかが一発で分かるように書いてある。

権威と権力(なだいなだ)岩波新書

なだいなだも影響力が強い人。ここで採りあげられたのを縁に再読。っつーか、なだいなだは全部読んどかなきゃ…

詩のこころを読む(茨木のり子)岩波ジュニア

こいつを採りあげたのはエライ!詩も厳選してあるし、解説も○。声に出して読みたい詩ばかり。図書館で借りて読んだが、こいつは買って再読しよう

--

注 *1 ○○には「構造主義」「マクロ経済」「相対性理論」など、お好きなコ
トバをどうぞ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

始末書の書き方

「上手な謝り方」好評だったので、始末書の書き方をまとめてみる。新人さんがやりそな失敗は、次の3つかな。

無断欠勤

平成○年○月○日
○○部○○課 ○○○○ 様

○○部○○課

○○○(印)

 このたび、○年○月○日より○日までの○日間、連絡することなく欠勤いたしましたこと、社会人としてあるまじき行為と猛省しております。
 初日は体調不良により連絡ができない状態でございましたが、二日目以降は、無断欠勤をどのように説明、謝罪していいのか思い悩み、結局のところ連絡をすることができませんでした。まことに無責任きわまることと、心より反省しております。
 今後は二度と同じ過ちを繰り返さないことを誓います。本当に申しわけありませんでした。



パソコンの紛失

平成○年○月○日
株式会社○○○
取締役社長 ○○○○ 様

○○部○○課

○○○(印)

 当社所蔵のノートパソコン「ダイナブックE8」は、小職に貸与され管理されているべきところですが、○年○月○日の出張で紛失してしまいました。直ちに警察へ届け出をいたしましたが、現在のところ所在は不明のままです。
 このような次第では、小職のずさんな管理を指摘されても申し開きのしようがございません。まことに情けなく申し訳ないことと、深くお詫び申し上げるとともに、今後は決してこのようなことのないよう、厳重に注意することを誓います。
 なお、今回、会社に与えました下記の損害額につきましては、私の身元保証人と連帯して、賠償責任を負うことを、あわせて申し上げます。  今回に限り、何卒お許しくださいますよう、本書とともにお願い申し上げます。
金 ○○○○円



泥酔して喧嘩→警察沙汰

平成○年○月○日
株式会社○○○
取締役社長 ○○○○ 様

○○部○○課

○○○(印)

 このたび、小職の不始末により傷害事件を引き起こし、対外的に社の名誉を傷つける次第となりました。誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。
 被害者につきましては、本人ならびに身元保証人が賠償することになりましたので、示談解決することにしましたが、小職としましては心を入れ替え、今後再びこのような不祥事を起こさないことを誓います。本当に申しわけありませんでした。



ポイントは必ず手書きで!ていねいに!。コピペ厳禁。字が下手でもいいが、心を込めて丁寧に書く。何度も書き損じするかもしれないが、いいかげんにしない。書いたものは残るから。ちゃんと書いた文には魂が宿ってるぞ。きちんと書けば伝わる。書いたもののパワーと恐ろしさを知らない人のために、繰り返し強調しておく。「心を込めて、丁寧に」

「やっちゃったことの状況→反省・改心していること→二度と起こさない決意表明」の三段構えが基本。弁済するのであればその額も明記するのが普通。あと、「ですます」調で統一すること(アタリマエか…)。

始末書なんてまっとうな社会人ならまず縁のないもの。書かずに済むのならめでたしめでたし。…え? ええ、もちろん書きましたよ、むかしorz

どんな始末書かはひみつ。

もっと知りたい方はこれをどうぞ。
上手な謝り方

| | コメント (7) | トラックバック (10)

上手な謝り方

ガッコで教えてくれないけど大事なことは多々ある。借金の仕方と同じぐらい重要なことは「上手な謝り方」だろう。新人さんがちらほらとアクセスしているようなので、社怪人のオヂさんがご紹介。上手にマネしてくださいませ

まず、「謝ったモノ勝ち」だと考えよう。どっちが正しいとかスジが通ってるとかで他人と衝突しても仕方が無い、ということを心に留めておこう。もちろん仕事上の衝突は避けられないけれど、自分のちっぽけなプライドを満足させるためだけにぶつかるのは止めておこう。そんなとこでとんがっても疲れるだけ。むしろ、ヒートアップしてやりこめたりやっつけたりしている「時間」と「エネルギー」が勿体無い。エネルギーは「感情」「労力」「アタマ」と読み替えてもいい。どれも有限でしょ。

次に、「感情を込める」ことを心がけよう。「どうもすみません」「申し訳ありませんでした」と口で言うのはたやすい(し、口だけで言っている人多し)。ホンキで済まないと思う感情は、「私の○○が原因で、△△な結果を招いてしまい、済まない」という言葉につながる。○○を正すのか、△△の結果を償うのかは臨機応変に。「済まない気持ち」を次へどっちへつなげるか、自分で伏線を張っておく。

謝罪は先手必勝。怒気を削ぐ意味でも、まずいと思ったら謝ってしまえ。ただし、謝罪した後どうなるか(責任問題や賠償問題)が分からない場合は、まずいところ「だけ」を強調して、精神論で謝罪する。例えば「もうちょっと気をつけていれば」とか「いたらないばかりに…」など、言い方は悪いがどうとでもとれる言葉で「すまなさ」を表現する。スピードが大事よ。

Noを使わない。映画「交渉人」(原題は"THE NEGOTIATOR")のワンシーンに「Noという言葉を使うな」とあるが、謝罪の時も有効なり。ネガティブな言葉はネガティブな感情を呼び起こす。「できません」は使うな、ということやね。さはさりながら、相手が付け入って、ムリな要求を押し付けてきたらどうする? 難しいよね。でも、ただはねのけるのではなく、謝罪の理由(○○が悪いと思っている)を繰り返し、正すところ(○○を直す、△△を償う)を強調しよう。しつこい場合は、「持ち帰り検討」も可。ビジネスの場で「検討します」は「やります」と同義。しかし謝罪の際は「検討した結果、○○させていただきます」とあらためて謝意とともに伝えればよい。時間を措けば最初の怒りも冷めてるだろうし。

「陰謝り」という裏ワザ。「陰褒め」という言葉がある。本人の知らないところで褒めておくと、まわりまわって「○○がアンタのこと誉めてたよ」と必ず耳に届く。本人は直接ほめられるよりも何倍も嬉しいだろう。このワザは謝るときにも使える。以下「思わず許す!上手な謝り方」より。

当人が目の前で心をこめて謝っていても、すでに迷惑をこうむっている事実があるため、どうしても不信感や疑念が先に立ってしまう。そんなとき、本人でない誰かから「彼、『本当に申し訳ないことをした』と頭を抱えていましたよ」などとささやかれれば、相手は「なるほど、本心から謝っているわけだな」と納得できるし、「そろそろ許してやるか」、こんな寛大な気持ちにもなってくれるはず。

最後は「ありがとうございます」で締める。「謝る」という行為は、相手の許しを請い、許してもらうことを前提とする。だから最終的に許してもらった場合は、「ありがとうございます」をつけること(←忘れる人が多いし、そのためさらに怒りを買う人も多し)。よしんば許しを得られなかったとしても、「自分の過ちを気づかせてくれて、ありがとう」という気持ちを伝えること。「ありがとうございます」は魔法の言葉。誰も反論できない言葉であることをお忘れなく。

おまけ。下手な謝り方は、こんな特徴がある


  • 責任転嫁「前任の○○がやったことでして…」
  • 反論口答「お言葉ですが、○○については…」
  • 逆切れ型「じゃぁどのようにすれば納得いただけるのですか?」
  • 開き直り「謝ればいいんでしょ、すみませんでしたー」

ああぁ、何度もやってるよ >私
書いててウンザリする。前にも書いたが、これは一般論のフリをした自己反省文ですな。

ゴメンで済むなら警察は要らないが、謝って済む話はさっさと謝ってしまおう。謝罪の「謝」は、感謝の謝でもある。「自分の誤ちに気づかせてくれ、謝るという行為を導いてもらい、感謝してます」ぐらいの心意気で。「ごめんなさい、でもこんな悪いところが分かって、ありがたく思ってます」ぐらいの殊勝さなら、きっと相手も許してくれるはず…

最後に、これらのテクニックは嫁さん相手にさんざん実証してきたことを付け加えておく。嫁に限らず配偶者マネジメントとして、「上手に謝る」ことはケッコンした者の必須のテクといえよう。

野郎ども、がんばれよ

もっと知りたい方はこれをどうぞ。
上手な謝り方

| | コメント (13) | トラックバック (16)

« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »