« 2004年11月14日 - 2004年11月20日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »

すくなくともハリーポッターより面白い「ダレン・シャン」

…と嫁さんが強力に勧める一冊目「奇怪なサーカス」を読了。一言で言うと「すっげぇオモロイ!」

二言以上で言うと、「百戦錬磨のワシがまったく先が読めない」「たった1時間で読み終わるが、文字通り呼吸を忘れて没入できる」…などと陳腐な表現で誉めておこう。

これから読む人のためにこれが何の話なのかは一切紹介しない。読もうとする人は調べるなかれ。amazonレビューも不可。他の紹介文を読んじゃったらもったいない。

予備知識なしでいきなり没入するのが、ファンタジーの正しい入り方。読中はステーブン・キングのある小説と、ウィリアム・シェイクスピアのある戯曲を思い出した。

気に入った部分を引用したいが、ネタバレになってしまうのでやめとく。とにかくこいつはオモシロイ。これといい、「デルトラ・クエスト」といい、近頃の小中学生は幸せモノだねッ

--

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いまそこにある2007年問題

プロジェクトが火を噴いている。まぁ、いつものことだとうそぶく自分が情けない。理由は「非現実的な納期」「見積もり不備」「仕様不在」… と、このテの仕事をしている面々には茶飯事なのだが、今回はそれらを押しのけて「2007年問題」が突出する模様。

2007年問題とは、一般に団塊の世代の一斉退職による人材・ノウハウの逸散のことを指す。狭義だとメインフレーマーな人・COBOLerな人の退出によるレガシーシステムのメンテ問題だし、広義ならプロジェクトマネジメントノウハウの流出とも位置付けられる。これを深刻に受け止める人もいれば、むしろ好機とみなす人もいる。日コン11/1号に詳しい。

いまココにある「2007年問題」はそんな上っ面なやつじゃなく、もっと切実なやつ。つまりこうだ。団塊世代は「いけいけどんどん」、即ち作ってナンボ、動かしてナンボの世界だった。止めるのは悪であり、動かすためのいかなる手段も正当化された。よく分からない定数(群)、サブシステムを跳躍するGOTO文、だれも理由をいえないオリジナルインクルード文。

こんがらがって書いた当人も読めないようなコードを「スパゲッティ・コード」と呼ぶが、スパゲッティならまだマシ。スパゲッティなら、まだ皿にのっている。皿からはみ出てテーブルから落ちそうな血まみれ「スプラッタ・コード」となっている。もちろん、誰も読めない(し、メンテも不可能)。

しかし、システムは動きさえすれば善なのであり、動いているコードは触るなという鉄則がある

その結果、ブラックボックスと化したシステムは、「よく分からないけれど動いてるからいいや」状態で放置。動かすために裏でごにょごにょ手入れしたことは、ドキュメント化されないまま、みんなの記憶の中に放置→やった本人すら忘れている。いや下手に「ワシがやった」などと手を挙げようもンなら、ドキュメント化せよという至上命令が降ってくる。ここは口をつぐんで放置プレイ。

レガシーシステムには、多かれ多かれ「記録に残していない修正」がたっぷりと入っている。こうした「裏でごにょごにょ入れた仕様」を前提とした修正・バージョンアップが繰りかえされる。

…そしてある日、「レガシーシステムを更改せよ」という命令が下される。オープン系? いいねぇ、MDAでやってみる? かっくいー

プロジェクトの俎上に乗る「現行のスペック」には「バックドアから入った仕様」が漏れている罠に誰も気づかない。ゲームだと隠れキャラを出さなくてもクリアできるが、この隠れキャラは突然必然出現する。しかもどこにも書いてないし、「あンとき何かイロイロ入れたなぁ」としみじみと思い出されるのみ。

「記録より、記憶に残るプレイをしたい」という名言を吐いたのは新庄剛志。団塊オヤヂたちよ、「あの頃は大変だった」と遠い目をしているヒマがあれば、記憶よりも記録を残しておけ、たのむ。

--

| | コメント (8) | トラックバック (0)

怒号と罵声が飛び交っていても、まだデスマじゃない

夕方になって朝から一度も座っていない(*1)ことに気づいたとしても、まだデスマじゃない

ごはんを食べそびれても、まだデスマじゃない、たとえ3回食べそびれても、まだ

眠った≒意識が跳んだかもしれないが、まだデスマじゃない

会議の連続でトイレにすらいかせてもらえず、おしっこがまんプレイ状態(*2)になっても、まだデスマじゃない

「今日は何日だっけ?」ではなく、「今日は何曜日だっけ?」ではなく、「いま8時? 夜の8時?」 という会話を交わしてても、まだデスマじゃない

机の下にダンボール敷いて寝てても、まだデスマじゃない。ダンボールそのものがが汗臭くなってても、まだデスマじゃない

勤労感謝の日に仕事していても、まだデスマじゃない。まだ仕事があることに感謝しているから、口が裂けてもデスマというまい

「死者の行進」「死の行進」というならば、行進しているもの皆、ゾンビー化しているはず。血走り目はウツロ、髪はボウボウ、腐臭・体臭をまき散らしながら、「ほえぇ」(cv:CCさくら)と呻きながら、それでも何か仕事のようなものをしている状態が、デスマーチなのだから

がんばれ、オレ

もっとがんばれ

こんな時間にブログを更新しているようなら、まだデスマじゃない、もう寝ます

--

*1 便座を含む

*2 ♂♀入り乱れてのおしっこがまんプレイなので、ある意味笑えるし、別な意味で萌える。缶詰状態の会議室でモジモジする♀を目端でチェックするのは腐れオヤヂの楽しみの一つ。ただし自分もモジモジしながらだけどな(w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月14日 - 2004年11月20日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »