« 2004年9月5日 - 2004年9月11日 | トップページ | 2004年9月19日 - 2004年9月25日 »

子供を追いつめるお母さんの口癖

「子どもを追いつめるお母さんの口癖」(金盛浦子)は目次だけでお腹いっぱい。言い換えると「子どもをダメにする魔法の言葉」ってやつだねっ 毎日くりかえし言い聞かせることで今ドキの子どもの出来上がり!? 昔、なんだかんだ自分も言われつづけていたような(w

ある意味「蓮画像」より恐い「お母さん画像」クリック注意 !  この画像を見ながら次の130のリストを読めば夢でうなされること請け合い。

続きを読む "子供を追いつめるお母さんの口癖"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第12章:プロジェクト調達マネジメント(その4)

ここでは、プロジェクト調達マネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第12章:プロジェクト調達マネジメント(その4)"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

デジタル覆面

ブロードバンド低廉化、blogの普及により、個人スナップをネットにアップロードする人が飛躍的に増えた。アップする人にとっては個人アルバムを公開するノリだろう。親類縁者や知人に公開する場合、これほど便利なツールはあるまい。

その一方で、個人情報の最たる「顔」が手軽に気軽に流通できる下地ができたともいえる。新しい犯罪手法「インターネットの個人サイトで女児を物色した」でも示唆した通り、犯罪予備群がターゲットを物色するとき、blogは強力なツールとなるだろう。

かつて子供服の通販カタログを収集する(;´Д`)ハァハァな人がいた。服を買うためではなく、ここではとても書けない別の目的のために使っていた。今は違う。例えばgoogle「運動会」「学校」イメージ検索を見ると、沢山の児童の顔、顔、顔が並ぶ。クリック一発でどこの学校で、いつの運動会なのか分かる。

続きを読む "デジタル覆面"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもはどこまで残酷になれるか

劇薬小説「ぼくはお城の王様だ」を読んだ。劇薬指定したのはここなんだけど、確かにそのとおり。何も知らずに読んでしまったら最後、とてつもなく厭な気分になること請け合いの太鼓判トラウマ小説ですな。

いじめられるキングショーと、いじめるフーパーの一人称が交互に続く構成となっていて、それぞれの母、父の独言がこれまた一人称で縒り合わさっている。一人称×4人分で読みにくいことこの上ない。ガマンして読み進めていくと、キングショーが次第に追い詰められていき、ついには「出口なし!」にまで達する様、フーパーのいじめ慣れていない子どもの執拗なイジメがよく分かる。

11歳の子の罪深い心理を描写した衝撃作! と銘打っているが、子どもが抱く悪意のどす黒さにひるむこと請け合い。見所はいじめられるキングショーの心理描写ナリ。例えばこんなカンジ…

続きを読む "子どもはどこまで残酷になれるか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月5日 - 2004年9月11日 | トップページ | 2004年9月19日 - 2004年9月25日 »