« 2004年8月1日 - 2004年8月7日 | トップページ | 2004年8月15日 - 2004年8月21日 »

第11章:プロジェクトリスクマネジメント(その4)

ここでは、プロジェクトリスクマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第11章:プロジェクトリスクマネジメント(その4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11章:プロジェクトリスクマネジメント(その3)

ここでは、プロジェクトリスクマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第11章:プロジェクトリスクマネジメント(その3)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あなたの会社のプロジェクトマネジメントを診断する

PMアセスメントをやってみた。診断結果↓

レベル2「覚醒」


相変わらず「品質よりも納期」「安易なテストで納品」「ルールを無視して工程飛ばし」「応急修理の山」といった状況が続き、経営層は、「失敗プロジェクトの削減」「問題処理で本来の業務停滞」等に頭を抱えることになる

うぐぅ…その通りだよぉ
会社の状況を正直に入れた結果、かなり酷と評価された(まぁ分かっちゃいたけれど)

[ 状況 ]


 プロジェクトスタート以前に問題があるようです。
 場当たり的なプロジェクトマネジメントが実践されており、プロジェクトの成否は個人の能力に大きく依存するレベルであると判断されます。大抵は、「とにかくやってみよう」でプロジェクトがスタートします。このままプロジェクトをスタートさせることになれば、初期の段階からカオス状態を起こすことを容認しているようなものです。丸腰で戦地に向かう兵隊に近い状況ともいえます
 組織では過去のプロジェクト遂行経験がまだ少ないか、あるいは、成功がいわゆる「スーパーマン」と呼ばれる特定の個人に依存してきたこともあり、特定個人の能力の限界を超えたプロジェクトを受託した場合、いわゆる「火消し作業」に追われることが多くなります。

[ 改善方法 ]


  本組織は過去のプロジェクト遂行経験がまだ少ないと診断されます。プロジェクトを成功させるためには、初期段階でプロジェクト完了時のイメージを明確にすることが重要です。
 明確なシナリオを持たず、マネジメント組織構造の見直しが場当たり的、かつ、無秩序に行われた場合には、経営者の主観で作ったものだけが残り、社員のモチベーションを大きく低下させることにも成りかねません。
 経営層がプロジェクトマネジメントが必要であるという認識を持たない限り、組織が進んでプロジェクトマネジメントを受け入れることはありません。

レベル1が最低で7段階ある。面白いのは「プロジェクト」→「自分の仕事」に読み替えてやってみると違った結果になること。もちろん違っていなければいけないし、組織よりも常に上を目指すべし。(組織上ではないよ)

仕事をする人はみんな、自分の仕事のプロジェクトマネージャー。あなたが会社経営者でなくても、「あなた経営者」なのだから。

トム・ピーターズが似たようなことを言ってたっけ…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP試験対策の目次に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸血感染の話

献血した血液は100%検査されているが、ウィンドウピリオド(空白期間/感染しても検査で検出されない期間)をすり抜けた血液が輸血感染を引き起こす。

その一方、検査目的の献血を排除しようとにやっきになっている日赤。「身に覚えのある」検査目的の人は、仮名・別人住所を使うため追跡調査できない。輸血感染が発覚しても足取りが途切れている場合がある。

献血のとき本人性の確認を行うようになったのは本年4月から。

この事故(事件?)は本年3月に発覚し、犠牲者がB型肝炎ウィルスで死亡したのも4月の話。

輸血でHBV感染の疑い 日本赤十字社

白血病の治療のため輸血を受けた70歳代の女性が今年4月、輸血が原因でB型肝炎ウイルス(HBV)に感染して死亡した疑いがあることが7日、わかった。同じ献血者の血液から作られた輸血用の血液はほかに5本出荷されていたが、保管してあった検体からウイルスは見つからなかったという理由で、日本赤十字社は回収はしなかった。HBVはごくわずかでも感染する恐れがあり、厚生労働省は同様のケースがないか調べるよう、日赤に指示した。

以前に予想したことぴったりなので空恐ろしく思う。4月に献血をしたときに気づいたことを元に書いた自分の記事を引用することになろうとは…

 事故や病気などで、大きな手術をして、成功して喜んでいたら、HIV感染していた… なんて、想像したくないほどの悲劇でしょう…
 再び輸血感染が発生したのではないかと想像してみる。そして、その献血者の氏名・住所から手繰れなかったのではないかと邪推してみる。この本人性の確認、もし上記の目的でやるのであれば、最初の症例が報告された1998年から即座にやっていただろうから。

traceableでない過去の「血」にどれだけ混じっているのだろうか?

氷山一角でないといいんだけど… と思っていたら追い討ちコンボがきた。PPP↓Kといったところか

輸血でB型肝炎ウイルスなど80例感染の疑い


輸血が原因で、B型肝炎ウイルス(HBV)などに感染した疑いがあるとの報告が、4月以降の約4カ月間に全国の医療機関から80例あったことが10日、厚生労働省のまとめでわかった。大半は輸血血液の保存検体からウイルスなどは見つからなかったが、HBVに感染した4人で、同じ遺伝子のウイルスが検体から見つかった。HBVや敗血症などによる死者も4人いたが、輸血との因果関係は不明という

この話、大きくなる予感。引き続きヲチする

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長森瑞佳を思い出すOVA

18禁成人指定OVAネタ。題名にピンとこない人はこの記事読んでも意味不明…っつっても"ONE"なんて古典の領域なのかも。ご存知萌えゲーの元祖にして頂点ともいえる。むかし別会社でアニメ化されたが、シュールすぎて大いにコケたそうな(私も観たが全く意味不明なやつだった)。んで今回、原作に忠実にアニメ化されたやつがこれ。

続きを読む "長森瑞佳を思い出すOVA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What Not to Buy (for American)

"Why you shouldn't buy a T-shirt in a language you don't understand."

which translates as "I'm a stupid American."

We Japanese say this "BAKA-T" means as "funny T-shirt".

other BAKA-T (in Japanese)

funniest one is "That's you know!" : 「だっちゅうの!」

same as us, some,"bi*ch" T-shirt. But who buy this knows what this mean.

Adrift in Japan, via: Achikochi

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布オムツ入門

布オムツとは、以下の3つで構成される。
 1. 布オムツ
 2. オムツライナー
 3. オムツカバー

トムトジェリーに出てくるような、サラシ巻いて安全ピンで留めただけのは至難の業といえよう。

1. 布オムツ

サラシタイプ
タテ33センチ、ヨコ66センチの木綿。一枚布じゃなくて円筒形に縫い合わされてる。音無響子のエプロンと同じヒヨコ柄(piyo piyoってやつ)。二つ三つに畳んで使用する。こんなカンジ(絵柄は脳内で補完して欲しい)

Piyo PiyoPiyo Piyo
Piyo PiyoPiyo Piyo
Piyo PiyoPiyo Piyo

ナプキンタイプ
タテ10センチ、ヨコ30センチの巨大なナプキン。ヨメに言わせると「夜でも安心タイプ」と同等というが良く分からん。ただコットン100%と書いてあるので、新素材ポリマーな生理用品と偉い違う。ちなみにタブが縫い付けてあるほうが裏。

2. オムツライナー
極めて重要。尻とオムツの間に差し入れる一枚。液体と固体をここで分ける、いわゆる「ろ紙」のこと。ピジョンとチュチュベビーが有名。直接おしりにあたるので、とても滑らかな手触りをしている。

3. オムツカバー
T字形をしてる、いわゆるフンドシ。フンドシは前で結ぶが、オムツカバーはマジックテープで留めることができる。水を通さないポリエステル製。

一日に20~25枚(夜は紙オムツ)。頻繁に換えてる。固形物を除いてざっと流した後、漂白剤(手間なしブライト)でキレイにする。ギャザーの有り難味はここで知る。いわゆる「かえし」なのだがこのギャザーのおかげで布団がウンコまみれにならずに済んだ夜は何度あったことか…

ポイント1: 「排泄したらしたことがわかる」
触ってみればわかるが、オムツ、生理用品、高齢者オムツに使用されている高分子ポリマーは2度3度の排泄はカンペキに吸収することができる。サラサラ、というやつ。おしっこしたら分かる→気持ちが悪い→早く換エロ! …っつーわけで泣く。そりゃもう、巨大な声で泣く。だから頻繁に換えてます。… っつーよりか、頻繁に呼び出される… これで「オムツはヤだなぁ」という気持ちと、「泣いたら来てくれる」というオヤへの信頼が培われていくのだろうか!?

ポイント2: ムリしない
服下着タオル×3人分+ オムツで一日2回の洗濯をしているヨメ。大変だから、夜オムツは紙にした。っつーか体がもたん(w 布にしたのは、「早くオムツが取れて欲しいから」 布にするとキレにくい子供になるとか、愛情深い人になるとか、「神話」はたくさんあるけれど、それで母親がまいってしまったら意味なし。

だから布オムツでもテキトーにね

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月1日 - 2004年8月7日 | トップページ | 2004年8月15日 - 2004年8月21日 »