« 2004年6月27日 - 2004年7月3日 | トップページ | 2004年7月11日 - 2004年7月17日 »

タダで日本語を学ぶ (learning Japanese for FREE)

昔、英語を学んでいるときには、「なんて難しい言葉なのだ!」と苦労したものでした。日本語を母国語とする私にとっては、英語の壁はとても厚いものでした。

While studying English years ago, I shouted "What a difficult Language it is !". For me who make Japanese a native language, the English wall was very thick.

今、日本語を学んでいる人を見ると、とても大変だなぁと思います。日本語の壁の厚さは、英語のそれの比ではないでしょう。

If those who are studying Japanese are seen now, I will think that it is very serious. The thickness of a Japanese wall is no English match for that.

加えて、日本では英語(エイゴ、横文字)が氾濫しています。SONY、Panasonicなど、企業名にアルファベットを使うのは普通だし、ネット、マック、セクハラなど、カタカナ語は生活に浸透しています(昔は「外来語」と呼んでいました)。

In addition, English (EIGO, Western language) has overflowed in Japan. SONY, Panasonic of using the alphabet for a company name, etc. are common.

Katakana words, such as a "NETTO"( as internet mean), "MAKKU"(as Macdonald orMac mean), and "SEKUHARA"(as sexual harassment mean), have permeated the life (it was called the "foreign word" a long time ago).

日本人にとっての「英語の壁」は、薄くて低いのかもしれませんね。

"The English wall" for a Japanese may be thin and low one.

日本語を学ぶ人へ。この「ひらがなぶろぐ」は「ひらがな」だけで書いてあります。面白くって分かりやすいのでオススメ。

To those who study Japanese This weblog "HIRAGANA-BLOG" is written in "hiragana." Since it is pleasantly intelligible, it is recommendation.

-- How to learn Japanese through internet for free --

Free Internet services can be useful. For intermediate learners, free listening an reading exercises:

1. Go to the TBS News Site. Choose a news subject, watch the video and read the script

2. Copy the script and paste it in Jim Breen's text Word translator

3. And voila, for almost zero yen the material you need to improve your news listening and reading skills.

via:wirefarm, "Japanese through the Internet"

--

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親子のデジタルディバイド

自分を基準に判断することは拙速。「メディアとしてネットは浸透している」との理解は拙速なのではないかと思うようになった。

…というのも子育て仲間との会話から。「パソコンは年賀状やデジカメのために使う」ご夫婦が多いこと多いこと。「ネットは?」聞くと一様に「怖い・よく分からない」(2chあたりを意識していると思われ)携帯メールやe-mailは使うので、「ネット=メール」という感覚。情報収集/発信までの閾値は高い。

これが全てとは思わないが、ネットメディアの浸透度は自分が考えているよりも低そう。

その一方で小学校でPCの授業がフツーに行われている。昔そろばん、今パソコン…どちらもデジタル計算機だ(w

続きを読む "親子のデジタルディバイド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか変だぞ雑誌「選択」

選択エージェンシー騒ぎで、記事のクオリティを憂慮していたのだが7月号で現実化したことを報告する。

ネタの切り込みはあれれ。害にも益にもならないし、斬ってすらいないもの多し。松下ヨイショ記事は、以前のバッシングと比較すると別の雑誌としか思えない

日ビジかよ
ヽ(`Д´)ノウワァァァァン

ネタの深度はもっとあれれ。新聞+事情通レベル。カネボウ→NTT→三菱と続いた巨大企業ネタは、ちょっとした企業史といったところ。「だから何なの?」と切り返されると何も無し。皇室と牛乳ネタは女性自身の方が深いらしい(ヨメ談)

ネタの先見はさらにあれれ。旧いっす。対中弱腰外交は「だから~はダメなんだ」で終わってるけど、そこらのブログの方がよっぽどプロアクティブに書いてる。中国バブル論や消費税10パーセントネタはナニヲイマサラ。

キングストン弁が抜けたのか?
それとも破裂するのか?

…それでも応援する。がんがれ「選択」

引き続きヲチする
--

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年6月27日 - 2004年7月3日 | トップページ | 2004年7月11日 - 2004年7月17日 »