« 2004年6月13日 - 2004年6月19日 | トップページ | 2004年6月27日 - 2004年7月3日 »

「おひさま」 vs 「ほっぺ」

読み聞かせ雑誌対決。結論からいうと「ほっぺ」の方がモノとしては良いのだが、一つしか買えないのなら、「おひさま」を選ぶ。

1.テーマ、または目的

 「おひさま」は、「本好きの子どもを育てる」、「ほっぺ」は「子どもエンターテイメント*絵本*お話*歌*遊び」。絵本+お話の一辺倒な「おひさま」に比べると、「ほっぺ」のほうが盛りだくさん。

 たしかに「ほっぺ」にはシール遊びや、切り張りする「しかけ」がある。しかし、てれびくんやしまじろうで、紙模型やシール遊び疲れしている私には、中途半端な感が否めない。シール数枚とクラフト遊び二つ程度で、子どもは満足しない。子どもはシールで遊ぶときにはそこらじゅうに張りまくるもの、しかもはがして張って、張ってはがしてをくり返す。歌を唄いたいときは、歌の絵本丸々一冊を唄いまくる(くり返しくり返し、一緒に唄うことを強要しながら)

 「読み聞かせ」を目的としているため、「おひさま」に軍配を挙げる。

2.執筆陣

「ほっぺ」が上、というか金かけてる。よくぞこんなに集められたなぁと感心しきり。「超」有名どころを挙げる(敬称略)。

ほっぺ


  • まど・みちお
  • 大島妙子
  • 中川ひとたか
  • すがわらけいこ
  • 100%ORANGE
  • あべ弘士

んで、次号(創刊3号)は谷川俊太郎…スゴすぎるorz

おひさま


  • 大島弓子
  • 五味太郎
  • 佐々木マキ
  • 江川智穂
  • 長新太
  • 荒井良二

大島弓子がなぜここに…はじめて知ったときはただ絶句。

3.お話の中身

 「ほっぺ」は「詩」+「絵」+「歌」+「遊び」なので、読み聞かせを判断基準にすると、やはり弱い。お話も読みきりのため、キャラや設定を押し出すと長くなる(→最後まで読みきれない)し、借り物のお話を持ってくるとオリジナル性が弱まる。

 一方「おひさま」は読み聞かせのみに絞り、2~5歳ぐらいをターゲットに豊富に取り揃えている。しかも「絵本の連載」だ。お話は毎月毎月進んでいく。子どもは次号を楽しみに、今号を「読んで」とくり返しせがむ。嬉しいのは、3歳児には字が多すぎる「クレヨンまる」も、来年になったら読み聞かせできるので、とっておいておけるということ←これ重要。彼は「クレヨンまる」をいずれ読みたい(読んでもらいたい)と思いながら、他のやさしめのお話を読んでもらっている。

4.その他

 歴史としては「おひさま」がダントツ。創刊10年経っている一方で、「ほっぺ」はまだ2号目が出たばかり。若い雑誌のワリには大御所を全面に押し出している。

 「ほっぺ」には広告がない。徹底的にない。これは編集者中川ひろたか氏の方針だと思う。一方で「おひさま」は「絵本の顔をした広告」がある。新聞や雑誌でいう、「記事広告」というやつね。どろんこ遊びをしたら手を洗おうね、資生堂のハンドソープでとか、たんけんたいのみんなではをきれいにしようねと終わった次のページにサンスターGUMの広告があったり… 上手ですな、三菱自動車の広告だけはどうしても理解できないが。

 というワケで、金をかけて良いモノを作っているのは「ほっぺ」だが、私は「おひさま」を選ぶ(結局どっちも買っているんだけどね)。

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8章:プロジェクト品質マネジメント(その2)

ここでは、プロジェクト品質マネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第8章:プロジェクト品質マネジメント(その2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タイガーウッズと大学受験

ベン★ゾウというTOEICと大学受験の勉強対策サイトがある。立ち上がったばかりだが書いてみたいなーと思っていたネタ満載なのでチョト口惜しい反面、応援したくなっている。

受験、特に大学受験というハードルに対し、かなり非効率的な勉強をやっていたなーと思う。「会社人」+「父」という顔を持ち、忙しい毎日で今の仕事と未来の仕事のための勉強をやっていると、特にそう思う。モーニング連載の「ドラゴン桜」を読むと、特にそう思う。

で、大学受験に限らずハードルに対し最も重要なことが書いてあるので引用。

受験勉強を始める前に志望大学を決めろ!

なんとなく全教科まんべんなく勉強してセンター試験が悪かったから私立しか受けられませんでした。でも、準備不足で私立も落ちました…こんなの愚の骨頂!!!でやんすよ!

敵を知り己を知らば百戦危うからず

敵(志望大学)をよく知ってから勉強法を練りやしょう。大人の世界の言葉でリソースの集中てのもありやすね。

「タイガーウッズの育て方」も同じ。目標を狙わずにショットを打つべきではないし、目標は具体的であればあるほどよいのだ

   「今日の目標は何だい?」
   するとタイガーは答える。
   「ドライバー練習場のはしっこにあるヤシの木だよ」
   私は質問を続ける。
   「どのヤシの木だい?」
   「左から3番目のやつだ」

タイガーのやっていたことは正しい。ゴルフの場合、どんなショットでも目標を狙って打たなければ意味が無い。目標を狙わずにショットを打つべきでない。目標は具体的であればあるほどよいのだ。

「トレーニング・ア・タイガー・ウッズ」(p.168)

さて、PMPのおべんきょでもすっか…
--

| | コメント (0) | トラックバック (1)

紙オムツと布オムツ論争の決着

乳幼児のココロの発育にとって最重要なものは以下2つ。これにより子どもの「コミュニケーション基礎力」と「他者を信じる心」が育つ。

 1.語りかけ
 2.子どもが望むことを望んだとおりにする

高吸収性ポ リマーにより、紙オムツの性能は飛躍的に向上している。一方、布オムツの素材は今も昔もコットンのため、吸収率ではかなり劣る。したがって「オムツが濡れて不快」を理由に泣く赤ちゃんは、布派の方が圧倒的に多い。

その結果、布派のオムツ替え頻度が多くなり、紙派より必然的に語りかけや手間かけの機会が多くなる。つまり、上記1.2.が紙派よりも多くなっているというわけ。

布オムツのメリットの正体はここにある

3歳児神話がまことしやかに語られるように、布派の主張がまかり通っている。経済性[*注1]を除くと、布のメリットの根拠は上記のみ。したがって、紙派でも頻繁にオムツ替え&語りかけを行うことにより布派と同様の効果を与えることができる[*注2]。

[*注1] 布が経済的なことは自明だが、洗濯の手間がハンパじゃなく、その負担は比較にならないほど大きい。手間や負担を金銭に換算するとトントンもしくはそれ以上

[*注2] 頻繁にオムツ替えすると、濡れて不愉快な思いをしなくなり、オムツはずれが遅れるといった心配も出てくる

参考「はっぴーママのオムツ講座」

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ちションできないオトコたち

おしっこするとき、洋式便座でしかできない男が増えているという。理由は単純、その男におしっこのやり方を教えたのは母親で、当然立ちションなんて知るはずもない。父親不在のまま成人すれば立派に立ち小便できない男ができあがる。

実はこのネタ、数年前の話。んで、そうした親子を嘲笑っていたけれど、今日我が息子と外出してガクゼンとした。奴は立小便を拒絶するあまり漏らしたからだ。

昔日の嘲笑は、今日の私に向けられていたーorz
(な、なんだってー!!AA略)

そんなに立ちションがイヤかよ!こんな輩が増えたら、小便器と大便器の比率(和式と洋式の割合)が大きく変わって、洋式便器がやたら増えるような気がするゾ

よーし、明日から特訓だ!←親バカではなく、バカ親と言う
--

| | コメント (9) | トラックバック (1)

死のありか(芹沢俊介)

うすぺらエッセイ。このヒト評論家らしいが売文家ですらない。ただし、良本をたくさん読んでいて、引用が絶妙。さらにときおり閃く一言半句が美しい…たとえどっかの剽窃だとしても。

これは「死」をめぐる考察を雑誌「医事研究」に連載していたものをまとめた一冊。

◇まず誉めてみる◇

良本が頻出。S.キング「スタンド・バイ・ミー」や「老人力」から、親鸞「教行信証」やシェイクスピアまで取り揃えている。んで、自分の意見をその引用で言わせるところが上手。芥川龍之介やフラナリー・オコーナーを再読したくなった。

◇次に腐す◇

このヒト、「死」そのものを見つめようとはしないで、本というフィルターを介在させて眺めているだけ。ありありとナマの死を経験してこなかったのだろうか? 死体とか死臭とか、死ぬほどの激痛(自身でも他者でも)とか。あとがきにこうある。

続きを読む "死のありか(芹沢俊介)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年6月13日 - 2004年6月19日 | トップページ | 2004年6月27日 - 2004年7月3日 »