« 2004年5月16日 - 2004年5月22日 | トップページ | 2004年5月30日 - 2004年6月5日 »

めしどこか たのむ 読んだ

(つД`)

日本語読める人は読め。とにかく読め。こんなblogよりもこれを読め

【電車男 緊急指令 「めしどこか たのむ」】

188 名前:電車男 ◆SgHguKHEFY 投稿日:04/04/24 11:08

   みんな本当にありがとう
   2chで人生変えられるとは思わなかったよ…

全部読んだらこれを嫁。その後の話「電車男氏、衝撃の発言。そして」

どえらい流行っているようだし、アクセスも半端じゃないのでそのうち潰れちまうんじゃないか? 知らない人は今のうちに読んでおくと。てか嫁!

いい香具師いっぱいいるな→ちゃんねら。この話の主人公は間違いなくちゃんねらだと思う。「祝電 スレ一同」を期待する(ムリか)。明日首吊ので最後のオナニ用の画像下さい思い出した。いいやつばかりじゃないけど、わるいやつばかりでもない

--
日常/非日常Blogで後日談を知りました。ありがとうございます>さいもんさん

| | コメント (1) | トラックバック (3)

ポジティブシンキング糞食らえ

苦い思いはニガイ、痛みは他に表現のしようがない。我思う、故に我ありなんていう輩は、親知らずを抜いたことがない。

これにプラス思考などという莫れ。発想の転換? 笑わせるな。自分が陥っている苦境から目線を背けて、糧になるだって? ふ ざ け ん な 。全部オレのもんだ 孤独も 苦痛も 不安も 後悔も もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ(byハチマキ)

続きを読む "ポジティブシンキング糞食らえ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

だれか たのむ → BEA World JAPAN2004

BEA eWorld JAPAN 2004 で気になる講演がちらほら。でも、逝ってるヒマがないという言い訳。

SOAが導くITダイナミズム~次代を支えるエンジニアのために~

…ですか。こーいうのを延々と出席してはレジュメを書くだけで、ひとつの商売が成り立つような… あ、JAVAWORLDがあるか(w

--

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木之本桜観察日記4

ただ今コミック(新装版)と、最近の再放送でのみCCさくらを追いかけ中~激しく周回遅れなワタシ。んで、あえてネットを探さないように心がけています。スンゴイ画像がありそうだし(w

それでもCCさくらをドイツ語で紹介しているサイトを見つけました。

続きを読む "木之本桜観察日記4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーチラス号キタ――――――(゜∀゜)――――――!!!!

ネモ「バリアーか!?」

ガーゴイル「その通りだよ」

てめェら聞こえてるんかよ

十ン年前のツッコミをもう一度する。

ああ、エヴァだ … ってアタリマエか。

ああ、コナンだ。走るのが速いほうの。

ああ、ラピュタだ。懐かしい…

いえ、「不思議の海のナディア」全部見てるんですがね。再放送でね。

思い出すものがありすぎる。

あ、ナディア萌え。

あ、ワガママで、ジコチューで、情け容赦ないクチサガで、それでもときどき「ありがとぉ」と「ごめんなさぃ」素直になる… それは我が嫁ナリ

_| ̄|○

なるほど、自分がまたひとつ、わかった。

アニメって、おそろしいね

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生を棒に振る、この年収の差。ピアスと茶髪

「一生を棒に振る、この年収の差。ピアスと茶髪」は、小学生、中学生の方に読んで欲しい。「キッズgooフィルタリング」を突破してくる小学生よ、キミこそ読め↓

いま就活に突入している人は、読まないことをオススメする

続きを読む "一生を棒に振る、この年収の差。ピアスと茶髪"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鐘紡王国

「労使運命共同体」というコトバがある。「利益追求の機能集団のなかに運命共同体を作ること」つまり、経営者と従業員が家族的、師弟的な連帯で結ばれた集団に育て上げること(雑誌「選択」より)。

朝日新聞5/27朝刊「私の視点」で、元カネボウ名誉会長の伊藤淳二氏が意見を開陳している。読んで噴いたので、紙面にTrackbackするつもりで、書く。

続きを読む "鐘紡王国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌えとは何か、ついにわかった

それは天啓のように閃いたッ

激しくガイシュツかもしれんがッ

これだけは言わせてくれッ

「萌える」とはッ
可愛らしいものに癒(いや)されるということッ
可愛らしいものッ  それはぷりてぃーーーーッ
癒されるとはッ  それはきゅあぁぁーーーーーッ
「萌える」とはッ
プリティでキュアキュアなことなんだあぁぁ ! !
--

昔の考察
「萌」を調べてみました
What is "MOE"?
--

さて、仕事しよっ
もっとバリバリ~ てな(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24 hours

はやりのドラマの話じゃありません。

昔のコトバを思い出した。サヨ本だったが、いいことが書いてあった。

8時間は働くために、
8時間は休むために、
そして、
8時間は自分のために

思い出したきっかけは、成功への道しるべ5月26日号のこのメッセージ↓

 たいていの不運は、間違った時間の使い方をすることによってもたらされます。 私たちに与えられている時間は、みな平等に24時間です。たいていの人は、8時間働き、8時間を睡眠にあてます。残りの8時間をどう使うかで、実現できる成功のレベルが大きく左右されるのです
痛勤時間が入っていない
残業時間が入っていない
そして、
家事の時間が入っていない
↑兼業主夫

'`,、 ( ´∀`) '`,、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Women's Game Conference in Austin Sep9-10,2004

I hit an article about "Women's Game Conference". Women's Game...? not Gals Game? haha! This is for women's who works in computer game industry.

This conference examining career paths for women in the industry and issues related to working in the industry as women as well as how women are portrayed in games and women and girls as consumers of games.

something like this?
no... I got rottened.

oj''''Z_,... orz

in Europe on the 10th and 11th of June
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつてヒトとマシンは近いところで会話をしてた。今は違う

RFPすらまとめられない顧客は、その顧客を窓口としておく組織そのものに問題がある。顧客の無能を責める莫れ

かつてヒトとマシンは近いところで会話をしてた。今は違う

逆ではない。今ほどマシンと人が離れ離れになってしまったときはない。そしてこれからもどんどん離れてゆくだろう

アセンブラを見なくなって何年経つ?
コンパイラによる最適化は天啓であり、シロートがクチを出せるような代物ではない

いまじゃSEは顧客の代わりにRFP、いや顧客の社内稟議書を書いている。できたRFPは限りなく分析レベルまで落ちていて、そのまま設計フェーズに持ってける

プログラマだった彼はPMをやらされている。「リソース管理とは、メモリのことだったのにー」とほざいている。他のプログラマはSEにクラスチェンジ

で、コード吐きはツール任せ

レビューで相当叩いたので、ビジネスロジック書きはほとんど機械的。ニンゲンが書くのだが。自動化ツールも一度は考えた

SEは顧客の社員もどきに、

プログラマはPMかSEもどきに、

コーダはプログラマかアーキテクトもどきに、

そしてマシンと会話するヒトはかなり減った

コンパイラ以外にもマシンの間に介在し、会話を阻むものが多すぎる!

イマドキの新人もやはり"hello world!"と書くのだろうか? sun1使って?(w

MDAなるものがホントなら、コードを一行も書くことも見ることもなくなる(←偏見) 日が来る…のか?

コンピュータは冷たい箱と言われていたが、昔はそうは思わなかった。今ほどPCとの距離感を感じることはない。まさに本当の意味でのBLACK BOXとなった

「かつて設計は設計者にあり、今ではプログラマにある」 を読んでチョト違うことを考えた

さ、RFP書くか

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7章:プロジェクトコストマネジメント(その3)

とある記事へのアクセスが異常なくらい多い…
このPMP記事にその1割でもあったらなぁorz 気をとりなおしてと。

ここでは、プロジェクトコストマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第7章:プロジェクトコストマネジメント(その3)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

えいえんは あるよ ここに あるよ

えいえんは

あるよ

ここに

あるよ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

俺と1冊の成功本を100回読む(0回目)

「俺と100冊の成功本」があります。成功本の紹介blogとして有名で、新しメ定番モノが充実しています。成功本・自己啓発の情報を集め→発信する試みは素晴らしい。

でもホントに「成功本を100冊読むことで成功できる」のかしら…

「読んで刺激を受けて、受けた刺激を実践する」はとても正しい。しかし、100冊読めば100冊分の刺激を受ける。実践できるのかなぁ… 私だとおなかをこわすだろうなぁ。各本のノウハウを知るだけでよいのなら、ビジネス書ダイジェストメルマガ「ビジネス選書読んだフリ」や、CD「月刊トークス」などで充分でしょう。

きちんと吸収するのなら、読み→適用→反省→再適用(PDCAやね)をくり返す必要があるんじゃぁないかと。これは同blogの「7つの習慣」レビューで聖幸さんご自身が見抜いています→「100冊読むより、これ1冊を100回読め!」と、思ってしまいます

激しくその通り。

続きを読む "俺と1冊の成功本を100回読む(0回目)"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2004年5月16日 - 2004年5月22日 | トップページ | 2004年5月30日 - 2004年6月5日 »