« 2004年5月9日 - 2004年5月15日 | トップページ | 2004年5月23日 - 2004年5月29日 »

練習問題:立ち上げプロセス(問1-10)

ここでは、立ち上げプロセス(問1-10)の練習問題と解説を書きます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "練習問題:立ち上げプロセス(問1-10)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

"Plan of Attack" 読んだフリ

英文を読むスピードが徹底的に遅い私はこう考えた→「ネタをかき集めてまとめよう。そうすれば読んだフリができるぞ」

んで、Plan of Attack読んだフリができるネタ↓

基本ネタ


  • 著者はボブ・ウッドワード(Bob Woodward)
  • 彼はウォーターゲート事件でニクソンを辞任に追い込んだジャーナリスト。「ウォーターゲート事件」、古すぎて誰も知らないかも
  • 近著「ブッシュの戦争」(BUSH at WAR)は日本でもヒットしたと思う(私は未読)
  • ブッシュ政権がイラク開戦に踏み切るまでの内幕を描いている
  • ブッシュ大統領本人を始め、政権の主要人物たちと長時間の取材・インタビューを集大成したもの
  • 暴露的な内容のため、発売当初(4/19)保守派からの反発・ウッドワード攻撃があったらしい
  • いま米でえらい売れているらしい

続きを読む ""Plan of Attack" 読んだフリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーサイト6月号「インフレターゲッティング論は何処へ行った」面白かったよ

読んでてワクワクしたよ
「よっしゃもっとゆったれ!」と思わず吠えたよー

かつて一世を風靡したデフレ論者ども、インフレターゲッティングなどという政策を唱えていた面々、どこへ雲隠れした?

彼らが言うように「デフレは悪で、インフレは善」なら、今こそインフレターゲッティングを実施せよと迫るべきだ

経済学の表面を撫でているだけの連中が言っていることは、高級ぽく見える暇つぶしに過ぎない

政策論で重要なことは、コントロールできる対象に対して、コントロール可能な範囲でやるべきことを提言するということだ。できもしない戯言を美しく言い募ったところで、それは所詮ホラである。できる範囲の中で最高のことを着実に成し遂げる戦略――それが現実の政策のあるべき姿なのだ
(太文字は私)

えらく挑戦的に書いてあるけど激しく正論やのーと書いた人を見たら木村剛氏だった。

続きを読む "フォーサイト6月号「インフレターゲッティング論は何処へ行った」面白かったよ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

第7章:プロジェクトコストマネジメント(その2)

ここでは、プロジェクトコストマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む "第7章:プロジェクトコストマネジメント(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナウシカパッチが気になって夜も眠れず

そんなことより聞いてくれよ>>1よ「ナウシカパッチ」というキワドが気になって気になって仕方がないので調べた↓ 閑杉なわきゃないのにバカなオレorz

Lineage2、リネージュ2らしい…

18歳未満は使用禁止らしい…

テクスチャ更新ファイルらしい…

パンツを脱いでも脱いだように見えない問題を解決するために作られたパッチらしい…

♀エルフ、♀ダークエルフ、♀ドワーフに適用されるらしい

リネ2やらないので激しく不要ナリ

でも「ナウシカパッチ/Nausicaa patch」ってやっぱりメーヴェを駆る彼女の後ろアングルの画像を意識してネーミングしたのだろうか? シネマ公開当時は「穿いている!」「穿いていない!」友達とマジ口論になったなぁ(w

--

2004/5/21追記

「ナウシカパッチ」が気になる方がいらっしゃるようなので、そのリンクを貼っておくよ→nude.lzh(クリックで保存。期間限定なのでお早めに)

--

5/22 つづき。早起きしたのでチョトさがしてみると…

某Toolなるものがあるのね

セーラーエルフ
体操着+ブルマエルフ
…の透過バージョン
…の下剥きバージョン
…の全剥きバージョン
…のメガネッ娘バージョン
…の×××

もうなんだかエロゲ…っつーかエロゲそのもの

しばしも休まず剥き剥きするし、
飛び散るパトスに走るLHA、
パッチのうpさえ息をもつかず、
仕事に精出すリネ2の職人さん

なんだかリネ2やりたくなってきた…

い、いかん、時間ないよーじかんないのにー ○rz

いってらっしゃい↓

Lineage2専用掲示板
ttp://lineage2.ath.cx:18080/~uploader/joyful.cgi

--

| | コメント (1) | トラックバック (0)

What is "MOE"?

from What is "MOE"? via explaining MOE to American(Japanese weblog)

pronounce
"moe-ey" with a long "O" followed by a long "A"
"Mo-ey" in Australia

definition
Apparently short for "Master of Entertainment"

The Japanese concept of "moe" in regard to anime is a distinction of young, feminine innocence.

The idea of small, young anime girls that can be nurtured into maturity.

The concept of "moe" is a recognition of a character's innocent, childlike charm and can be represented through personality or speech or both.

The word "moe" as it's used relative to anime, is written with the kanji that literally means "to sprout."

続きを読む "What is "MOE"?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒vs白

黒「たぁーっ」

白「ぐはぁっ」

黒「おらおらおらっ」

白「ッ痛っ!! やめてブラック!」

黒「ごめんホワイト、体が勝手に!」

白「ぁぁっだめっブラック」

黒「あっダメーッ ほのかよけてー」

白「いやあぁぁぁっ」

… … …

続きを読む "黒vs白"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

南極大氷原北上す

/.で思い出したので、この本を紹介します。

/.記事「北海道の氷」で「夏の東京」を冷却せよ …要は、冬の北海道の寒さを利用して大量の氷を作り、首都圏に輸送して夏のビル冷房に利用するそうな。

即座に氷室とか思い出し、以下自動的に、翼人の神奈→観鈴→あおぞらの唄がエコーバック…

あーのーうーみー
どーこーまーでーもー
。。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン

ええ、ええ、バカなことは百も承知しとりますよ。気を取り直して本を紹介します。10年以上も前の記憶を掘り起こすので間違いご容赦…

「南極大氷原北上す」(リチャード・モラン著、原題は "Cold Sea Rising")はスゴ本というよりもトンデモ小説ですな。確か文春文庫で読んだと記憶しているが、Amazonじゃ扶桑社から出てて、絶版かそれに近い状態です。内容はこんな感じ…

続きを読む "南極大氷原北上す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクトは終わった。アイツに報いてやりたいがどうする?

プロジェクトマネージャのたくさんのお悩みの一つの解をご紹介。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一杯おごってやるだけじゃ済まない、貢献度が違う。昇格・昇給レベルだよ。だってアイツがいなかったら間違いなくプロジェクトが転んでた。

 つんのめったプロジェクトを立て直しただけでなく、会社にどえらいカネを持ってきたのは、アイツのおかげ、ワタシはマネジメントしただけ… どうやって報いる?

 そう、ワタシはただのマネージャ。プロジェクトのリソースを使うことはできても人事権はない。人事のヴァカどもは「ペーパー」でしか見ない。しかも年一回の査定でのみだ。あんなヴァカどもをアテにする前に、なんとか報いてやりたい。どうする?

…という命題への一つの解
プロジェクトのリソースの一部をアイツのトレーニング料に割当てる

続きを読む "プロジェクトは終わった。アイツに報いてやりたいがどうする?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIR熱またはケッチャム病

うぐぅ、ケッチャム病で本日は開店休業ナリ。くだらない独り言を書く。

解説しよう!ケッチャム病(←いま思いついた)とは何か?

それは、物語の毒に侵された心の病のことだ!

ふるくはAIR熱とも言う。ラストの「あおぞら」が流れる場面で取り乱すあまり、我を忘れて三千里となった状態のことだ。

物語には、多かれ少なかれ、毒がある。フツーは毒に侵食されても自分を取り戻してリアルへ還ってゆける。あまりに巻き込まれると、戻ってこれなくなる…

うぐぅ、っつーわけで本日は開店休業ナリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジャック・ケッチャムが好きだ」なんていうやつは頭がイカれてる

 「ジャック・ケッチャムが好きだ」なんていうやつは頭がイカれてる。残虐といよりも、悪夢でいてくれたならという願いを込めて読むしかない、常に最悪の形で裏切られるがな(w

 人が人に対してここまで非道になれるか? そんなわけない。ありゃ悪魔の仕業なんだよ、どんな精神でもありえない。そんなことを人に対してできるはずがない …とつぶやきながら半ば祈るような気持ちでページをめくる…どうなるか薄々予想できるのにな(w

 本を読んでいて涙に咽んだり憤りに拳を震わせたりはしたことはあった。しかし、吐いたことはなかった。今回は吐いたよ、八才の息子が何をされたかに気づいたときに。

 今回はコレを読んだ→「オンリー・チャイルド」 …きっかけは「コンクリート」。ここから監禁虐待の傑作「隣の家の少女」(soiree)つながりで食指が動いたから。これまで、

続きを読む "「ジャック・ケッチャムが好きだ」なんていうやつは頭がイカれてる"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

女の言う「生理的に受け付けない男」の正体

 いきなり結論から。正体は、「その男の子供を産みたいか?」 ← 女が男を判断する際の根っこにあるもの。裏返すと「この男の子供を妊娠したくない」という気持ちが即ち「生理的に受け付けない」につながる。男はセックスしても妊娠しないので「生理的に受け付けない」というコトバはありえない。

 妊娠の前にするもの。それはセックス。だから「生理的に受け付けない人」とは「その人とのセックスに嫌悪感を覚えるような人」といえる。逆もまた真ナリ。「セックスしたくなるような人」は「その男の子供を産みたい」という気持ちがどこかにある。

 では女に「その男の子供を産みたい」気分にさせるものは何か?

  1. ルックス・健康な肉体
  2. 趣味・性格の一致
  3. 子育ての資源、能力
  4. ゆとり(資源を渡す意思)

続きを読む "女の言う「生理的に受け付けない男」の正体"

| | コメント (27) | トラックバック (3)

« 2004年5月9日 - 2004年5月15日 | トップページ | 2004年5月23日 - 2004年5月29日 »