« 2004年3月21日 - 2004年3月27日 | トップページ | 2004年4月4日 - 2004年4月10日 »

第5章:プロジェクトスコープマネジメント

ここでは、プロジェクトスコープマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
keywords


  • スコープマネジメントとは何か?
  • プロジェクト選定手法
  • プロジェクトの立ち上げ
  • プロジェクト憲章
  • 制約条件・前提条件
  • スコープ記述書
  • スコープマネジメント計画書
  • 成果物によるプロジェクトマネジメント
  • デルファイ法
  • WBS
  • 要素分解
  • スコープ検証
  • WBS辞書

続きを読む "第5章:プロジェクトスコープマネジメント"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

選択エージェンシーと「監修料」と「告訴」について

 2004/4/1朝日新聞第一面によると、厚労省職員が「監修料」名目で選択エージェンシー社から1000万円受領したという。一面に載ったという唐突さと、よりによって情報誌「選択」の関連子会社であることから、私が記事化するのは控えていました… 

 …が、本日(4/2)「選択」元編集長が脅迫を受けて告訴したことが朝日新聞で報じられたので、チョトつないでみる。

 「監修料」についてはasahi.comで、「告訴」についてはasahi.comとYOMIURI-ON-LINEで見ることができる。どちらも直リンを嫌がっているみたいなので、裏を取るなら各自でどうぞ。
 

続きを読む "選択エージェンシーと「監修料」と「告訴」について"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

UML:ユースケースは、コミュニケーションツールです

 誰とコミュニケーションするかって? それは、書いた人と読む人だけでなく、書く人とシステムそのものをコミュニケートするツールともいえます。

 つまりこういうこと。最初にユースケースが描かれるとき、「システム」へ何を期待するかは必ずしも100%決まっているわけではありません。分析を繰り返していくうちに、ユースケースを書き換え/書き足していくうちに、書き手は「システム」がどうふるまうべきなのかを知るのです。

続きを読む "UML:ユースケースは、コミュニケーションツールです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金の過払いについて(あるいは社保庁のシステムについて)

 3/31朝日新聞「年金の払いすぎ なぜ」を読んで、「システム構築/統合」の立場で考えたことをまとめる。取材側の記事のため、この件はチョト寝かしておく。後に社会保険庁(以下社保庁)側の見解を浚ってみるつもり。

 社保庁から「亡くなった兄に年金を払い過ぎたので、189万円返してほしい」と通知がきたそうな。役所の理由は、

被保険者記録の訂正に伴い、年金額が変更になったため

 (゚Д゚)ハァ?

 どうしてこんなことが起こったのか? 記事では「社会保険事務局所の手続きミス」と言っているが、つまりこう計算したらしい…

続きを読む "年金の過払いについて(あるいは社保庁のシステムについて)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仮面ライダーフェイス

 最近の仮面ライダーのアレさ加減にウンザリしている私にとってはスマッシュヒット。「ををっ!!」というポイントを紹介するね。

  • 顔前面のマスクをとっかえひっかえできて、マスクごとにいろいろな能力を得る
  • マスクは敵を倒すと落としたりする
  • マスクはいつもの超古代の云々で、凄い力を秘めている事は解明できたが、生身の人間ではその力には耐えられなくて、着ける事ができない
  • 無理矢理生身のまま装着すると、マスクに身体をのっとられて怪人へと変身してしまう
  • そこでヒーロー科学研究所的なところが、マスクを着けるに耐えられるよう、パワードスーツを開発
  • 主人公がそれを身に包み、マスクを着けてしまった・自ら望んで装着した怪人と闘っていく
  • しかし、パワードスーツを着けても主人公の身体はむしばまれていく…
  • 頑張れ仮面ライダーフェイス!!

続きを読む "仮面ライダーフェイス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっかけ問題

 この腐れblogに「ひっかけ問題」のキーワードでやってくる方が多々おられます。google先生の誘導ミスと思われますが、皆さま、おそらく↓のスレを探していることと拝察いたします。

どんぞ→ひっかけ問題を考えるスレ2だよ

このblogでの「ひっかけ問題」は、PMP資格試験での話題のため、上のスレとは全く関連性が無いことを申し添えておきます。
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君が望む永遠(第一話/第二話)

観た。
ああ、嗚呼、くだらねぇ…

続きを読む "君が望む永遠(第一話/第二話)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣の話題を外側から見ると…

 尖閣諸島への中国人上陸事件の話。事件そのものはあちこちでコメントされているが、都庁記者会見で石原知事が興味深いキーワードを言ったのでチョト調べてみた。

 それは、インドと尖閣諸島。知事の発言を引用する。

 インドが日本人以上に尖閣に関心を持っていて、もし日本がずるずる押し切られて尖閣が中国の領土となってしまったら、あっという間に、つまり何というかな、ユーラシア大陸のアジアは、インドも含めて、中国の軍事勢力の中に席巻されることになる
(3/26都庁記者会見での発言)

続きを読む "尖閣の話題を外側から見ると… "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

渋谷夜話(2話)

深夜の渋谷の出来事。

続きを読む "渋谷夜話(2話)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアのアネクドート(小話)

ロシアのアネクドートが面白い。アネクドート(anecdote)とは、諷刺の効いた小話のこと。 こーいうの、好き。いくつか紹介しますね。

イラクネタ。

ニューヨーク・タイムスに載った新聞広告。…『民主主義国家を創ります。要資金。ただし石油のない国はお断り』(ホワイトハウス)

オリンピックネタ。

ソルトレークシティ五輪以降は、国際オリンピック委員会のホームページアドレス http://www.olympic.org/ の最後が .com に変わりました。

続きを読む "ロシアのアネクドート(小話)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

子どもへのまなざし:しつけとは待つこと。子どもを信じてゆったりと待つこと

私の子育てバイブル、「子どもへのまなざし」を読んで思ったことを書きます。

著者の佐々木正美さんはこう言います。

 しつけとは待つこと。子どもを信じてゆったりと待つこと

 読んだ当初は、「うんうん、そーだよなー」と独り得心してたものでした。その頃、子どもは赤ん坊だった… で、年月が経った今…
 それはその通りなんだけど、そんなに悠長だと、園に間に合わなくなるんだよぉぉ、チコクするんだよぉー… というわけで、「どこまで待ってあげるのか」というお話です。

続きを読む "子どもへのまなざし:しつけとは待つこと。子どもを信じてゆったりと待つこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月21日 - 2004年3月27日 | トップページ | 2004年4月4日 - 2004年4月10日 »