« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »

「ONE ~輝く季節へ~」OVAがあることをさっきまで知らなんだ

とりあえず2本借りてきた。「雨の章 茜・詩子」を観てみるか。


… 鑑賞中 …



  • 柿?
  • 京都?
  • バス停「逢魔ケ辻」って…
  • なぜ茜がスケッチブックを?
  • ストーリー・キャラがちがうよ…
  • なぜに氷上くんピアノを弾いてますか?
  • サービスカットのつもりらしい妙な姿勢にワロタ
  • ゲームの場面と微妙に似せた場面が出てくるのはワロタ
  • 茜といえば涼宮派だが、茜の原点はここだったことを思い出す(w














えいえんは、あるよ


ここに、あるよ


つづく





























おい!


、しゃーない、「風の章 留美・瑞佳」も観るか。


… 鑑賞中 …



  • 水泳の授業か… サービスカットのつもりらしいところが微笑ましい(w
  • よく描けている場面と、手を抜きまくった場面が混在
  • なぜに禍々しい音楽・不吉な構図で演出しますか?
  • なぜに氷上くんバイオリンを弾いてますか?
  • 留美が凶暴じゃないので _/ ̄|○
  • 冷しキムチラーメンって…
  • 鬼灯(ほおずき)?







つづく

































おいおい!

 あー、でもオモシロイと思います。少なくとも「次はどうなるの?」「最後はどうまとめるんだろう?」と興味は尽きないから。明日続きを借りてこよう。

 ふと"2001: A Space Odyssey" の映画が公開されたときを思い出す。難解な原作をどう映像化するのか? に注目されていたS.キューブリック。幕を開けてみると、コアなファンから非難轟々「原作と違う!!」「こんな話じゃないぞ金返せ」なんてね。

 おまけ。これ書いている途中「ONE ~輝く季節へ~ True Stories」があることを知った。18禁なのでご注意を。第1巻は川名みさき、第2巻は里村茜です。巨乳の茜… これは燃焼系のモエだな(w
--
2004/4/8 燃焼系のモエを2本観ました。こっちの方が良品ナリ→その記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「これはさっき教えたろ?」「なんでこんなカンタンなことできないの!?」「ヘタクソだなっ!」って子どもを罵る親父に私はなるのだろうか?(私へのメッセージ)

 あと7年経つと、息子は10歳になる。ちょうど反抗期の入口かな? 息子10才をひとつのマイルストーンとして、それまでに、何をしてやれるだろう、何を考えてやれるだろう。(前回の記事)

 えと、考えるきっかけとなった本は「実践 親子会話術」です。最初は「子どもとちゃんと話すらできなくなったって?このドキュソ親がッ」と思ったものですが、ヒトゴトじゃないぞと。

 彼が初めて立った瞬間を、ハッキリと覚えている。彼は思う存分ズリハイを楽しんでいた。ふと静かになったなぁと視線を向けると、まさに立ち上がろうとしていた。まるで土俵入りのようにしずしずと、ふんばりながら、ものすごく集中した顔つきで。

 彼が立ち上がった瞬間、私は叫んでいた「うわーできたねたっちできたねー すごいすごーい!! ママ、ママ、はやくはやく!!」

 彼が初めて「ママごめんなさい」が言えたときも、ちゃんと覚えているぞ。お風呂上りにパンツをはきたくないとダダこねたんだ。ママはその時ずいぶん疲れてて、すかしたりなだめたりしてもダメだったんで、「もうママ知らない! 勝手にしなさい!!」って怒っちゃったんだよな。

 … しばらくして、彼が自分から「… ママごめんちゃい」と謝ったとき、パパもママも嬉しくて、嬉しくて、パンツのことなんてどうでもよくて、ちゃんとごめんなさいが言えたことに小躍りしたものよ。

 絶対に忘れない。初めて喃語(なんご)がいえたとき。初めてハイハイできたとき。初めての言葉はやっぱり「ママ」だった。初めてスプーンが使えたとき。初めての2語文は「ママどこ?」だった… 初めて○○ができたとき、日記に書いたり、ママと踊ったり、大喜びで「○○できたねー」ってはしゃいだものよ。

 さて、問題です。(自分への問題です)


















わたしはいつから、できたことよりも、できなかったことに目を向けるようになるのだろうか?

幼稚園で?
友達と比べて?
学校行くようになったら?
成績?

今はいい、今は大丈夫。
でも…

自戒のつもりで、書いてみた。未来の自分へのメッセージとして。
(この記事まだ続く)
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その2)

ここでは、プロジェクトマネジメントフレームワークの以下のキーワードについてまとめます。

どのプロセスで何をするのか?
組織形態
プロジェクト型組織
機能型組織
マトリクス型組織

続きを読む "第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その1)

ここでは、プロジェクトマネジメントフレームワークの以下のキーワードについてまとめます。

プロジェクトの定義
プログラムの定義
ステークホルダー
社会、経済、環境の持続性
3つの制約条件
プロジェクトライフサイクル
プロジェクトマネジメントライフサイクル
プロセス同士の関連性
プロセス分類表

続きを読む "第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不具合情報に関する三菱自の意思決定過程

 ここでは批判/不信の表明はしない。別のblogへどうぞ。私が気になるのは、不具合が発生したときにどのような意思決定を行ってきたか。私の持つあるべきプロジェクトマネージャの意思決定と、どのような差があるのかに、とても興味がある。以下自分メモ。制限時間45分。よーい、どん !

同社の場合は、


  1. クレームや事故情報が「商品情報連絡書」として販売店から本社の営業サービス部門へ
  2. 品質部門で検討
  3. そこで解決できない問題は、開発部門や生産部門で原因究明や対策を検討
  4. 設計・製造過程に原因があると思われるときは、品質担当役員をトップとする「リコール検討会」で国土交通省にリコールとして届け出るかどうかを決定する

2004/03/12朝日「時々刻々」より引用

昔話。リコール隠しを行っていたときの「意思決定過程」として「商品情報連絡書」はこ以下のように扱われていた。

 商品情報連絡書とは、販売会社等から商品に関するクレーム、不具合、または提案等多種多様の報告を受けるものであり、電子情報として処理されております。この連絡書が通常管理されるものと、これとは別に管理されるものとの二重管理となっておりました。
 別管理扱いとした情報は、監査時に対応できない等の判断に基づくもののほか、連絡書の記載が不明確であったり、不具合の範囲が特定できないため、という理由によるものもありました。

 つまり、「商品情報連絡書」は販売会社と営業サービス部とのチャンネルであると同時に、後々「証拠」としても扱われる情報であった。そこではクレーム/不具合のみならず、お客さま要望や提案もいっしょくたに上げられていたのだろうと推測する。即ち、以下の情報の「切り分け」は本社営業サービス部で行われていたのだろう。


  • 不具合
  • クレーム
  • 改善要望・提案
  • ゴミ情報(garbage)

 これが不具合なら開発/生産部門で「問題として扱うかどうか」を検討しなきゃならないし、クレームや要望だったら「それはクレームや要望であり、問題ではない」証拠とともにお客さま応対をしなければならない。

 ここから推測を飛躍させる。


  • 「その案件を問題として扱うのか?」を決定する「方法」もしくは「場所」がまずかったのではないか?
  • その「方法」や「場所」が前回の騒ぎと今回のトラブルとで変わっていなかったことが原因ではないか?

 「それが問題であること」と定義する人の権限が弱かったなら、問題として顕在化させたくないと考える、より権能の高い人から圧力がかかるでしょう。

リコールの件数を最小化したいという意識が関係者内に働き、その結果 、指示改修に繋がっていきがちだったと、考えられます
(同資料)

 指示改修とは、リコールの届け出をせずに先行的に改修を実施すること。つまり、「解決されなければならない課題」とは考えているが、問題として直面することで具合の悪い結果(リコール)を招きたくないなぁ… という意識が働いていなかったか?

 また「それが問題であること」を定義する人の専門能力が低かったなら、より専門的な知識を持つ開発/製造部門に言葉巧みにやり込められてしまうでしょうな、「それは仕様です」ってね。

社内調査では、そこもキチンと表明している。こんな風に。

社内的にはあらゆる商品情報をベースに、リコール・改善対策の検討が行なわれていましたが、検討過程において技術的に判断が甘かったものもあった、と考えられます。
(同資料)

 前回の騒ぎの教訓で、三菱自がとろうとした行動をレジュメる。ネタ元は上記同様の資料。(好意的に要約していることにご注意)

  • 全社員の規約遵守意識を高め、外部への情報開示をよりオープン化する
  • 外部の目を含めた監査体制を構築すること
  • 品質・サービス関係業務の運営を強化
  • 人材強化を図り、決裁権限のあり方を見直す

 このリストの最後にオマケのようについていた「人材+決裁権限」こそを真っ先に変えなければならなかったのだ(断定口調だけど推測)。

 前回の騒ぎ資料をザッピングすると、「品質 ! ひんしつ ! ヒンシツゥゥ !! 」と、品質向上を頑張る! みたいな表明がたくさん見られる。コレとかコレとか。ヒンシツカイゼンは極めて重要だと思う。しかし、人間がやること、ミスは必ず紛れ込む。それをたたき出すために試験をキチンとする。それでも出荷してしまった後、「商品情報連絡書」という形でフィードバックが帰ってくることもある。それをいつ、だれが、何を根拠に問題とみなすのかについて、充分な手はずが整えられていたのか、が気になる。

 11日、国土交通省で開かれた記者会見の場で、ビルフリート・ポート社長は何度も safety first(安全第一) と訴えたらしいが、同じ言葉は4年前繰り返されている。当時の三菱自動車社長、河添克彦氏は「リコール隠しと安全は別問題。我々は安全第一に考えてやってきた」

 ザッピングだけで後先考えずに記事だけ立てておく。後に読み返して赤面するかもしれないが、2ちゃんの「ここまで読んだ」じゃなくって、「ここまで考えた」しるしとして、残しておく。

…ここまで書いて、60分。うーん、時間管理できてないなぁ。

この記事は、「2004/3/12朝日新聞時々刻々"安全第一"へ不信再び」を参考に書きました
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっちゃな雪使い観察日記

GrayNOTEさんのご紹介で、とりあえず第2話まで観る。GrayNOTEさんありがとうございます。

うおぉー 観鈴ちん、ちっちゃくなってるー!! やたらハイだし、羽根なんか生えてるし、雪うさぎのポシェット下げてるし…
なんかキャラ違うし、

   「転生したのね」
   ↑違うって…

いまだに解呪できてない男が、一人 _/ ̄|○
以下観察メモ。

第1話、冒頭の「雪原に横たわるサガ」はa perfect worldの冒頭シーンを思い出してしまった(だってカメラ視線が同じだから)。多分ラストシーンでもあるんだろうなぁ… 以下激しく気になるキーワードを挙げる。

・サガの髪留め
ワッフル
魔法を使うと眠くなる
発明好きな小僧

いちいち反応する自分に鬱。
--
2004/03/13訂正
美鈴→観鈴でつね。GrayNOTEさんご指摘ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタジオジブリ「耳をすませば」好きな人なら、きっと気に入ってもらえる一冊

を、ご紹介します → 十一月の扉(高楼方子)

北の街、季節は十一月。

「十一月荘」で暮らし始めた爽子(そうこ)の2ヵ月間を、「十一月荘」を取り巻く人々とのふれあい と、淡い初恋を通して丹念に描く。

 読むと、なんともいえない懐かしさが。中学生だった頃。人から良く見られたいといつも背伸びしてて、他人には優しいのに、親には妙に冷淡な態度を取ってたあの頃、なつかしい…

 リアル女子小学生/中学生/高校生が読んだら、「下宿生活」に憧れるだろうなぁ…。現実はかなり違うのだけれども。 いきつけの図書館でこの本を抱えた中学生ぐらいの女の子を見た。知らず知らず微笑んでいた。

最後に。この本を紹介していただき、ありがとうございます。
>関心空間の morinoさん

あ、一言忘れてた。これは女の子向けだと申し添えておきます。三十路のオサーンが読んだらキモいかもな(自嘲w
--




2004/3/19追記
自分がいかに分かっていなかったのを思い知らされた記事「耳をすませば」を観て自殺を発見。どつかれて目が覚めた思い。

ありがとうございます > chromeさん

翻ってこの本(十一月の扉)について付け足してみる。
お話の外郭は「耳すま」にそっくりなものの、出てくる人々は結構痛いです。


  • いまどき結婚しないかもしれない症候群
  • 家が気に入ったという理由だけで、下宿生活したがる中2女子
  • (理由も無く)結婚を続けることができずに、女性だけの共同生活に逃げ込んだママと子ども

イタすぎることは言われなくとも分かってる。痛いんだけど、そんな自分と折り合っていこう、という話→十一月の扉

両 者 は ぜ ん ぜ ん 違 う 罠
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2章:ひっかけ問題はこう出る/こう答える

ここでは、PMP試験で正答を得るためのポイントや、ひっかけ問題を紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
正答を得るためのポイント


  1. 暗記力を試す試験ではない。「知識」と「それを適用する能力」が問われる。PMBOKの知識が実際のプロジェクトでどう連動しているかを理解する必要がある。
  2. 実戦経験が必要。PMBOKのPMテクニックを、実践に適用してみる。
  3. PMBOK2000をキチンと読む、これは教科書。
  4. 質問形式に慣れる。できるだけ多くの練習問題を解くしかない。


ひっかけ問題はこう出る/こう答える

  1. 最もありがちなのは「PMIの観点」。これは、実際のプロジェクトの経験上から得られる観点とは少し違っているため、頻出する「ひっかけ」とも言える。これは練習問題をできるだけ多く解くか、Prep本で学ぶしかない(これも練習問題が多数あるが)。
  2. 次にありがちなのは、「…以外は何か?」や「…でないのは何か?」などの設問。よく読んで、何を問うているのかを理解すればラクラク回避できる。
  3. 受験者が陥りがちなミスは「選択肢を全部読まない」がほとんど。つまり、「○○の次にするべきは何か?」設問に対し、「最初はDを行い、次にCを行う」のが正しいのだが、選択肢Dを読む前にCにチェックを入れて次の問題へ… という誤りをやらかす。選択肢は全部読んで!! それから選ぶこと。
  4. 正しい」答えと「ベストな」答えの二つに迷うことがあるかもしれない。そのときは「ベストな」を選ぶこと。もちろん、このベストは、「プロジェクトマネージャが選ぶベストな」という意味で。
  5. さっき解いた問題と同じ状況説明が出てくることがある。これはヒントだ。さっきの問題と今の問題、両方のヒントになる。
  6. 選択肢から「最初に」「最後に」「次に」「最も」「絶対に」「常に」「…は別として」「最優先に」といった言葉を探すこと。それはおそらくダミーだろうから、選択対象から外してもよい。
  7. 正しいことを言っているんだけど、設問に答えていない選択肢がある。もちろんダミー。
  8. 「よくある間違い」が選択肢に混じっていたら、要注意。現実ではそれは「よくある間違い」かもしれないが、PMBOKの観点での「間違い」を選ぶこと。PMBOKの知識を試す試験なのだから。
  9. 「完全に」とか「必ず」を含む選択肢は、まず間違い。代わりに「おそらく」「一般的に」を含む選択肢は、正解に近いといえる。
  10. 空欄に入れる選択肢を選ぶ設問では、実際に入れると文法的におかしいんだけど、正解、というものがある。


正答を得るためのポイント:PMIイズム
 PMIイズムとは、PMP試験のなかでの「プロマネとはこうあるべき」という考え方と解釈して欲しい。つまり現実とは違う… ので、経験に即して問題を解いていくと「なんでじゃあー」とグチの一つもいいたくなる。そうならないための「考え方」を以下にまとめておく。

  1. 「過去の情報」は、4.1プロジェクト計画の策定のインプット情報として扱われる。実際には「過去の情報」=(記された)経験なので、どんなプロセスにも使えるはずなのだが…
  2. 組織形態にもよるが、権限のないPMを経験していると、「プロマネとは、プロジェクトをサポートし、各担当に何をするべきかを告げてまわる人」という誤解を生じることがある。権限の強い弱いはあるけれど、PMは「プロジェクトをマネジメントすることに責任を負い、その権限を有する個人」のこと。プロジェクトをマネジメントすることとは、目次の第3章から第13章までの仕事をこなすこと(全部ひとりで、というわけじゃないから、安心して)。
  3. 全ての役割と責任は、特定の個人にまで割り当てられている。「○○担当」というグループで分散されていない
  4. 4.1プロジェクト計画策定では、「ガント・チャート」は作らない。ガントチャートは途中経過の報告のための資料なので、「計画」段階では不要。代わりにWBSを含む「プロジェクト計画書」が作成される。
  5. WBSは全てのプロジェクト計画の基礎となるものであり、どんなプロジェクトでも有用だといえる。
  6. WBSは「リスト」ではない、階層構造をもっているから。
  7. 「キックオフ」は、現実とPMIで定義しているのとカナーリ違う。現実では「立ち上げ」の段階で、顔見せのための飲み会になったりするが、PMIでは「計画」段階の最後に開かれる。各ステークホルダー全員があつまり、コミュニケーションが円滑になることを目的とする。そこではプロジェクトの詳細が説明され、リスク、コミュニケーションプラン、定例会議のスケジュールなどが話し合われる。
  8. PMは「プロアクティブ」でなければならない。試験ではこの「プロアクティブ」という単語はそのままでてこない。PMは先見の明を持ち、問題を事前に捉え、早期に変化を察知し、先行して手をうつ… 無批判に"proactive"をカタカナ語に変換している香具師がいっぱいいるけれど、要は「先を見越して行動すること」だな。
  9. PMはプロジェクトをプロジェクト計画どおりに進めなければならない。計画たてて、ロッカーに入れて、そのまんまな人、手を挙げて
     ハーイ(´∀`)ノ

  10. 「調達検査」や「品質監査」など「検査」「監査」(原文は"audit")の意味合いが、リアルとPMBOKでは異なることに注意。調達マネジメントや品質マネジメントの章で詳説する。
  11. 「是正措置」は頻出。是正措置の定義とこれが遂行されるタイミングは要チェック。
  12. コントロールプロセスと終結プロセスは、リアルではあんまりやらないだろうから、穴になりがち。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP試験対策の目次に戻る
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神尾観鈴に谷川俊太郎を朗読してもらう

 たとえばコレなんかを、くりかえしくりかえし、もうDVDが擦り切れるぐらいまでくりかえしてプレイすると、セリフを覚えてしまうどころか、「特定の場面」を再生できるようになります。

 さらにくりかえしくりかえすと、今度は「君が望むセリフ」を語らせることができるようにまでなります(ホントです)。

 というわけで、最近の脳内遊びはコレ。TV-CMでも有名な「朝のリレー」を、彼女に読んでもらう。いーねェ! (むじんくん風に)
 次に、「ネロ」を読んでもらう。もちろん名前は「そら」に変えてね。えーなぁ…(バーバーハーバー風に)
谷川俊太郎「くりかえす」、これを脳内観鈴の声で朗読してもらってごらん。 (つД`)

























 でもこの遊び、昔やったんだよな、森本レオの声で
_/ ̄|○

「谷川俊太郎詩集」
--
2004/03/13訂正
美鈴→観鈴でつね。GrayNOTEさんご指摘ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「なんでこれができないんだ! 何回おなじことをいわすんだ! いいかげんにしろッ!!」って怒鳴りつける親父に私はなるのだろうか?(私へのメッセージ)

 あと7年経つと、息子は10歳になる。ちょうど反抗期の入口かな? 今はかわいい盛りだけれど、そのうち親のいうことを聞かなくなるどころか、扱いにくい、難しい子どもになるのだろうか…

 私と同じ年頃の我が子を抱くblog仲間へ… 今はいまを一生懸命だけど、ン年先を見てますか?(私は全く見てませんでした)

 などとぼんより考えていたら、こんな本を見つけた。

  「実践 親子会話術」

 …きょうび、自分の子どもと会話するのにマニュアルがいるのか? と絶句した… 長女11才、長男6才の母を主人公に、ついイライラしがちな毎日を変化させる「会話」が書かれています。例えば、最初はこんな日常。

  夫「仕事だから、仕方ないんだ!」
  娘「携帯買ってくんなきゃヤダ!」
  息子「だって遊びたいんだもん!」

  母「… まったくどいつもこいつも、ウチの連中ときたら!!

 これをどう変化させるか? 興味深い。読んでみると、これはコーチングテキストであることが分かった。

 コーチングは会社でも実践していることだし、家庭へ持ち込むにはいいテキストかも、と読んでみて納得。こりゃ、こんな本を必要とする親がいるはずだワ、と。そして自分はそうならないって断言できないなぁ… さらに、わが妻がそうならないって断言できないし…

 自省がてらメモってみる。最初の問いかけがイカしている。今は自信を持って答えられるけれど、7年後にそうかは分からない。以下引用する。

   あなたの子どもは大丈夫?

   どちらが先に変わりますか、
   あなたですか?
   それとも子どもですか?

   子どもの人生の「主役」は誰ですか?

   あなたが子どもにしてあげられることはなんですか?

   子どもが生まれたことで、あなたがもらったものはなんですか?

   子どもをもったときに、引き受けた大切なことはなんですか?

   あなたは子どもとの関係で、なにを望んでいるのでしょうか?

   あなたはどうありたいのですか?

      (中略)

   お父さん、この子にとってあなたの存在価値はなんですか?

   人は死ぬまで変わることができる
   そう信じてください。
   いまからでも大丈夫。
   あなたが、いまからできることはなんですか?

 引用終わり。息子10歳をひとつのマイルストーンとしてみる。さて、このマイルストーンに至るまでに、私は息子に対して何ができるのだろう。
(この記事続く)
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「e-Japan戦略II加速化パッケージ」と「随意契約」について

少し調べて、少し語ってみる。期限30分以内、よーい、どん!

政府のIT戦略本部(本部長・小泉純一郎首相)の発表を読んでも「ふーん」なのだが、ピンピンくるところがある。かなりの投資が見込まれ、一定の期間(数年-数十年間)続くプロジェクトとして、以下を拾ってみた。

  1. 国家公務員身分証明書やパスポートのICカード化
  2. 政府コンテンツのデジタルアーカイブ構築
  3. 国家公務員のテレワークの推進
  4. 業務・システムの効率化

 1-3まではかなり旨味のあるお仕事かも… でもe-JapanIIでは4.が問題となってくるだろう。ここでは4.について語る。

 官庁で使用しているコンピュータ・システムの大半は、ン十年前から大手ITベンダーが納入してきたシロモノ。莫大な初期投資を必要とし→時間をかけて→その省庁向けに特化され→開発されたシステムとも言える。

 んで、でかい分だけ小回りもきかず、奔流のようなIT進化からチョト取り残されているのかもしれない。しかも、省庁ごとにバラバラの実装方式となっているため、インタフェース合わせにひと苦労もふた苦労もしていることだと思う。

 こいつを流行りの「早い安いうまい」でサクッと作ってしまえー、とまな板に載せるため、「業務・システムの効率化」という名目で加速化パッケージに盛り込まれたのだと、推測する。
(Linux+Apache+mySQL+Javaで作ったら無謀かな? 無謀だなw)

 よいことづくめに見えるんだが、問題点がひとつある。それは、「莫大な初期投資を必要としたレガシーシステム」である。

 当時、初期投資分を予算案に載せることは難しかった思う。だって、予算は年毎に均等で余らせないように、来年はチョト漸増するように計るのが良い官僚なのだからな(w 。いきなり凄い額を計上させたら、説明に苦労するだろう。

 ではどうしたのか?

 おそらく年割の随意契約にしたと想定される。そうすれば10年なら10年の頭割りにより、「通過しやすい予算」とすることができるから。さらに開発したベンダーを押えておくことができるため、サポート依頼もなにかとやりやすいだろうし。

 一方ベンダーの方もありがたがったと思う。10年分の保守契約を結んでくれるのと同義だから(っつーか結んでいるのが普通です)。仕事の確保が保証されるってのは、本当にありがたいことです。

 これら「レガシーシステム」の一部は、契約期間中は「見えないけど必ず予算を食う」お金、つまり一種の隠れ債務になっていると思われ。

 IT戦略本部が「加速化パッケージ」を検討する際、各官庁省庁に「そうした隠れ債務を一掃する予算を組んであげたヨ! 」と言うわきゃないので、ただでさえ乏しい予算のなか、やりくりにえらい苦労していると思われ。

 じゃなきゃ、何か理由を探したり作ったりしてスルーしていると思われ。

… をっと、ここまで書いて40分。終了~

ネタ元:雑誌「選択」
--
2004/4/5追記
雑誌「選択」の企業研究シリーズ「電子政府たかり」に鉄槌電子政府予算の無駄遣いに政府・自民党がメスを入れ始め、NTTデータの「たかり」モデルが崩壊に瀕しているがスゴい。私の記事に興味を持たれた方でしたら、こっちのネタもオススメします
--
2004/4/9追記
似たような記事をハケーン→月刊ソリューションIT「官需到来なれど誰も拾えず」より具体的に企業名/システム名/数字を挙げて書いてあります… って、これ書いたヒトも↑の「選択」読んでるね(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSの「時事放談」キタ━(゚∀゚)━ッ!!

あの番組が帰ってくるヨ !! しかもこんな時代に~
ヽ(´∀`)ノ

 ここまで書いて、blogやってるほとんどの人はナンノコッチャかもしれないので、チョト説明しておきますね。

 KRT=現TBSの看板番組の一つ。1957/7/28-1987/3/29まで続いた。細川隆元が出演したのにゃビックリ。総理経験者らが毎週登場、今の政治にズバリ直言! 「今だから話せる」あれこれを激白!… 要はテレビ御意見番ってことやね。

 出演者がイカしてる。(打診も含めて)予定されているのが、

      中曽根康弘
      宮澤喜一
      後藤田正晴
      塩川正十郎
      野中広務
      etc…

 ね、「いいたい放題の場で何を言うか、ぜひ聞いてみたい歴々」でしょ? ク○ツマラナイことしか言えない七光議員のself-defensiveな発言よかは、きっとずっとオモシロイと思うよ。

 ただ、当時と違うのは、「放送された映像は、様々なメディアの中で繰り返し繰り返し再放送される」「放送された映像は、編集加工が施され再利用される」可能性があるということ。

 ネットが、というよりもblogger、アイコラ香具師、ビデコラ香具師たちが待ち構えていることにご注意あれ。

時事放談」2004/4/4スタート あさ6:00- (毎週日曜)

早起きしなきゃ…

をっともう一言忘れてた。
 この番組、きっとヒットすると思います。日曜朝なのにわざわざリアルで観る厨年男とかでてくるぐらい。んで、blogでもリアルでも言及され、引用され、パクられ、社会問題をわいがやと語り、やがてある方角へ向かう渦のひとつとなるでしょう。それは、今の国会が機能停止していることの証左ともいえますな。

(ネタ元:雑誌「選択」)
--
2004/03/11追記
「TBS+時事放談」でgoogleってみた結果。今日(3/11)は213件ヒットだった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗がオマエを打ちのめすのではない。失敗に対する心構えがオマエを打ちのめすのだ(私へのメッセージ)

人生とはままならぬもの。思い通りにゆかぬもの。オマエがコントロールできるものなんて、ほとんど無いもんだ。

ただ唯一、オマエがコントロールできものがある。それはオマエ自身の心構えだ。

挫折、ミス、蹉跌… 呼び名はなんであれ、それをオマエが「失敗」だと認めない限り、永遠に続くものではない。

失敗そのもに惑わされず、こう自分に問いかけよ。

  「違った結果を出すためには、どんなふうにすればよかったのだろうか?」

  「問題や間違いを最小限に抑えるためには、今後どうすればよいのだろうか?」

  「次に役立てられるような何かを、今回の経験から学んだだろうか?」

「我、事において、反省すれど後悔せず」といったのは宮元武蔵… だったと思う。

ネタ元
NAPOLEON HILL POSITIVE ACTION PLANS
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1章:PMP試験の傾向と対策

ここでは、PMP試験の傾向と対策をまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
基本的なところ…
  出題数は200問
  試験時間は4時間
  合格ラインは137点
  多項目(4つ)より一つを選択する方式

*内容についてはご自身で受験前に再確認してくださいマンセー。方式が変更されている可能性もあるので。

出題範囲
試験の出題範囲は、PMBOKから。PMBOK2000版が出ている←教科書ですな。

試験の観点
試験は以下の観点で問われる。したがって、用語解説など、PMBOKからストレートな問いが出ることは、まれ。つまり、単なる暗記ではダメそうね…
 ・PMBOKの知識
 ・知識をいかに適用できるか
 ・問題に対し適切な分析をしているか

試験は現実のプロジェクトで起こりうるシチュエーションの形を取って、出題される。つまり「○○という状況下で、(PMである)あなたが取るべき最善の方策は?」という問われ方をする。

したがって、自分の経験で答えればよいかというと、×(これで痛い目にあわされた)。PMBOKの知識をベースに答える必要がある。つまり理想と現実は違うということ。

出題傾向
各PMプロセスにおける出題傾向は、以下の通り。最新はPMI(英語)で確認できる。

       立上げ 17問(8.5%)
       計画 47問(23.5%)
       遂行 47問(23.5%)
       コントロール 46問(23.0%)
       終結 14問(7.0%)
       プロフェッショナル責任 29問(14.5%)

10-12問程度は、プロセスのインプット/アウトプットを直接問う設問がある。

8-10問程度は、計算問題あり。

10-12問はアーンド・バリューの設問。アーンド・バリューだからといって、全てが計算問題になるわけでもなし。

ちょっと英語のチカラが必要。どれくらいかというと、略号の元の英語が分かるといった程度。例えばWBS:Work Breakdown Structure = 仕事を細分化して再構築した構造体…と直感的に理解できるから。

PMBOKにないところも、出る場合がある。prep本はそこを押さえているからステキ(英語だけど)。

総200問のうち、解答者はだいたい40問くらいは解答に自信がないらしい。

ほとんどの解答者は2時間30分ぐらいで終わる…で、残りの時間は見直しする。

設問の形式
以下のパターンに大別される。

○パターン1「○○という状況下で、どれが最善策か?」

この場合、「プロジェクトマネージャであるあなたが」と主語を入れて考えるといいかも。例えば、

ある重要な物資を購入しない限り、プロジェクトが遅れることが判明した。次のどれが最善策か?

    A. 無視して、逝ってよし!!
    B. ボスに知らせる
    C. 顧客に知らせて、次案を検討する
    D. チームメンバを集めて代替案を特定する

答えはD. 腐ってもマネージャなら、リスクが顕在化したときには、それに応じた代替案を見つけ出せよーというのが、PMPの考え方なんだって。その後、顧客なりボスに知らせよ、ってこと。これはパターン2にもつながる話。

○パターン2「○○をやった。次は何をするのか?」

PMプロセスの順序性を問う設問。覚えるしかないが、経験から答えることもできるが、間違えた場合「なんでやね~ん」と_/ ̄|○すること請合い。

○パターン3「設問の情報を使わない質問」

設問にある情報とは一見関係の無い選択肢なのに、それが「正解」という場合がある。例えば…

製造者の熟練化により、扉の部品コストは10%減らすことができることが分かった。会社側は次期の製造コストとして、扉3,000あたり21,000ドルかかると見積もった。これが意味するところは:

    A. 学習サイクル
    B. 収穫逓減の法則
    C. 80/20の法則
    D. 係数モデルコスト見積もり

答えはD. 最初は私も「ええっ」と思ったけれど、後で納得した。10%だの、21,000ドルだの、関係なし。上の状況において、関係なさそうなものを消していって、残った一つが正解、というカラクリ(いわゆる消去法)。

○パターン4「新しいアプローチを要する」設問

設問と選択肢をきちんと理解していれば回答は比較的たやすい。

マトリクス型組織では、次のどのように情報が流れると効果的か?

    A. 上下水平展開に流れる
    B. コミュニケーション・フローが簡素化されてる
    C. マトリクス型組織の本来の情報回路に従う
    D. プロジェクトマネージャと組織マネージャの管理下にある

答えはA. マトリクス型組織の図が頭に浮かべば、A.が最適だから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP試験対策の目次に戻る --

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格試験対策

プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(以下PMP)試験対策シリーズの入口です。「PMPって何?」ご興味のある方はこちらへどうぞ。

ここでは、PMBOK3
  1.PMP試験対策で私が学んだことをまとめます
  2.底本は以下の二冊です
   ・プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOK2000)
   ・PMP Exam Prep

上記2冊は、既に古くなっています。現在はPMBOK3版およびそれに対応したRita本(PMP Exam Prepが出ています。詳細は画像のリンク先を参照してください。

【ご注意】

*誤訳、誤読による不備があろうかと。そのときは間違ってるぞゴルア! ( ゜Д゜)とお叱りくださいまし

*これは、自分の勉強のためにまとめる記事です。時にはPMBOKそのものにツッコミも入れるので、信じる信じないは自己責任でお願いします
Rita本
*ネタ元ページは、次のように示します
  ・PMBOK2000 の10ページ → (p.10)
  ・PMP Exam Prep の10ページ → (prep:p.10)

*図表が大きい場合は「何ページの図XXを参照」と書きます。参照が必要なものはPMBOK2000に限定するように書きます。

*私自身、まだ勉強中の身です。2004.6頃に受験を予定しています
本業の方が忙しくなってしまったので、スケジュールは見直しになりました。ぎゅっと勉強してパっと取るつもりでしたが…

なまけものの私ですが、どうぞナマ温かい目で見守ってくださいまし。この記事が、だれかの役にたったらいいなぁと思いつつ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章:PMP試験の傾向と対策

第2章:ひっかけ問題はこう出る/こう答える

第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その1)(その2)

第4章:プロジェクト統合マネジメント(その1)(その2)(その3)

第5章:プロジェクトスコープマネジメント

第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

第7章:プロジェクトコストマネジメント(その1)(その2)(その3)(その4)

第8章:プロジェクト品質マネジメント(その1)(その2)

第9章:プロジェクト人的資源マネジメント(その1)(その2)(その3)

第10章:プロジェクトコミュニケーションマネジメント(その1)(その2)

第11章:プロジェクトリスクマネジメント(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

第12章:プロジェクト調達マネジメント(その1)(その2)(その3)(その4)

第13章:プロフェッショナル責任

第14章:おまけ
   巷のプロジェクトマネジメント1
   プロジェクトは終わった。アイツに報いてやりたいがどうする?
   書評「プロジェクトはなぜ失敗するのか」
   事例研究:JAL/JASシステム統合
   あなたの会社のプロジェクトマネジメントを診断する
   「NTTデータPMO」という試み
   PROBANKプロジェクト
   新幹線改修プロジェクト

第15章:練習問題
   立ち上げプロセス(問1-10)
   計画プロセス(問1-20)

続きを読む "プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格試験対策"

| | コメント (34) | トラックバック (6)

失敗した国家について、二つの明確な基準があります

 

 ひとつは、「警官や兵士の給料をきちんと払えていない国」。警官と兵士は国民の安全を守る直接の任務を担う。その給料を遅配・欠配するような国家は、統治する意思がないとみなすべき。

 

 もうひとつは、「教師の給料をきちんと払っていない国」。教育は国の将来の基礎になる。しかしすぐに成果が出る投資ではないから、国が責任を持たなければならない。その給料を払わないのは、国をつくる意思がないということだ。

  以上「2004/3/9朝日新聞:カラシニコフ 銃・国家・ひとびと」より引用

 この連載記事は、「カラシニコフ」をキーワードに各地の内戦(とその結果)をレポートしています。カラシニコフ銃(AK-47)の優れた性能の説明と、シエラレオネ内戦時の「あしなえ」エピソードが強く記憶に残っている。

 先ずAK-47について、秋山東一さんのblogより引用する。

 >カラシニコフは冷戦時代にソ連から100カ国以上に輸出され、また共産圏諸国でライセンス生産されたため、世界中に1億丁近いAKがあると推測されている。シエラレオネのみならず、パレスチナ、アフガニスタンもイラクにも.....紛争あるところのどこにもある

 連載の受け売りだが、AKは扱いやすい、水に強い、部品が少ない、極めて優秀な殺傷道具だという。おかげで女性でも子どもでも扱える。実際にシエラレオネ内戦時には少年や少女の兵士が戦闘に参加し、この銃で殺戮を行っていたという。

 (シエラレオネ内戦時)反対派の手足を切断する「てなえ」、「あしなえ」を行っていたことが分かった。抹殺するのではなく、人工的に身体障害者をつくりだすことで、敵対する派閥の生産性を下げることが目的らしい。

 そうして「失敗した国家」ができあがる。

 この「失敗した国家の基準」は、日赤九州国際看護大学教授の喜多悦子さんが定義している。

 彼女が連名で報告したレポート国際協力研究「無償資金協力に考慮すべき因子」(pdf形式)は、有限なODA資源を途上国地域へ割当てる上での選定基準(criteria)を考える上で、有用だと思う。この件に関心がある方はこのレポートの「図-1小児の高死亡率の3つの段階モデル」と「図-3要請ベースの無償資金協力モデル」を見ることをおすすめする。

 また連名翻訳本として「経済開発とエイズ」がある。読んでみようかな…

 とりとめもない話になってしまった。この話題について、私の中で方向性すらつかない。ましてや結論などつけることもできない。引き続きヲッチします(とお茶を濁す)。

最初は「失敗した国家の基準」をメモりたかっただけなのに…
--

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。

この記事18禁ということで。美佐子の告白OverTimeを紹介してみよう。

 SMという愛の表現がある。私は無知だ… が、耳年増な小学生よろしくせっせと情報を探している。旧くは団鬼六「花と蛇」あたり、ネットからは「寿司とマヨネーズ」を見つけたりして…

 もともとは調教指南サイト「告白の部屋」で人気を博した美佐子さんの体験記を集大成したもの。本家は消えたり移転したりを繰り返していますが、「美佐子の告白」は「美佐子のOverTime」と名を変え、更新を続けてます。

 内容はハードです。ひととおりどころか、限界を追求しています。行為の描写は精緻に書かれてて、文章だけでここまでできるのだなぁ… と興奮しながらも感心したりして。読んでいるコッチが痛くなるぐらいのコトもするけれど、本人は違う世界を彷徨っていたりする。

 それでいて、どこか醒めた感じで、行為にふける自分または自分を含む集団を見下ろすかのような視線で書かれたものもあります。最初は「すごいネタだ、プロの作家かしらん」と思っていましたが、どうやら違うようです。

 こんなハードな体験ができるのも、やはりパートナーの協力あってこそだなと思う。いくつかの体験は、美佐子さん単独ではムリだったでしょう。理解のあるご主人様という訳ではない。ご主人サマが凄いのだ。最初の頃のエピソードで「変わってゆく夫」はサスペンスタッチが効いてる。

 美佐子さんが体験する様々な出来事を追いかけていくうち、これはなんだなぁ、と激しく思ったり。

 ネットという新しい空間で、文字という旧い媒体を介して"擬似"M体験できる、稀有なサイトだと思い、ご紹介させていただきました。
--

| | コメント (2) | トラックバック (0)

産労総合研究所の人材開発ハンドブック

自分メモ。
武沢 信行さんのメルマガ「がんばれ社長」で紹介された、産労総合研究所人材開発ハンドブック

A4判変形・530頁・定価 9,870円(税込)
ISBN 4-87913-829-0 C2034

□ツール<目的別>

販売・営業セールス/生産・技術・研究・開発管理/教育・研修スタッフ/人事労務・総務・経理財務/接遇・マナー・話し方/創造性開発・問題解決/国際人育成・異文化・語学/キャリア開発・設計

□事例

盛岡赤十字病院、新日本石油、大久保病院、日立グループ、ヤンマー、第一生命、トヨタ自動車、JSR、住商エレクトロニクス、コープかながわ、三洋電機、日揮、川崎重工業

立ち読みできたらなぁ…
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古式若葉読んだ。長かった。怖かった。さぶいぼがでた。でもワロタ。これは「人はどこまで凶化できるのか」を追求した実験レポートだ・・・る。

濃 密 世 界 を 目 撃 せ よ(SBRパクリ御免)

昨今のミステリ映画/小説よりサスペンスフル!

まったく予想のつかない手に汗握る展開!

張り巡らされた緻密な罠!

裏切り、疑心暗鬼、造反!

臨界点突破。

すさまじいメールである。

すさまじいチャットである。

すさまじい精神攻撃である。

(^-^)ノ~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★

彼のトビっぷりはあえて書くまい。各人の目で確かめて欲しい。嘲笑を突き抜けて恐怖も過ぎ行きて、畏怖のようなものを感じる。

さらに、降臨する天使たちのキャラが、「だんだんと」壊れていく過程も注意するべきでしょう。

それだけでなく、2chたちのツッコミも◎。瞬時に突き刺さるような笑いの取れるツッコミをする2chたち… すごい、凄すぎる。

ネタとはいえあんなメールやチャットをするなんて、精神的にキツいものがあったかと… 同情します… っつーか、ゆーかタン(♂)会話上手すぎ!! 持ち上げては突き落とし、気をもたせては距離おいて… 経験値の豊富さがうかがえます

2chネタでここまで[笑った/恐怖した/凶化]したのは、初めてかも。



















笑うところたくさんありすぎるが、あえてこの2ちゃんねらの会話を挙げよう。この2レスにはホントーに笑った。


 511 名前: 耳ハァハァ 投稿日: 2001/04/01(日) 02:34
   しかし、甑のオナーニ生中継にかぶりついてる俺たちって・・・

 512 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/04/01(日) 02:35
   >>511
   しかもオカズは三十路の男(藁


しかもコレ読んで爆笑している私ってば…と考えるとウツになるオマケ付き。
_/ ̄|●

--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑う大天使(ミカエル)再読

半分独り言を晒してみる(ネタバレ含みます)。懐かしい+今でも笑える+今でも泣ける… という珍しい作品ナリ。

猫かぶりな主人公が~という話だと、「彼氏彼女の事情」なんかを思い出すけれど、これはヘンに長編化してないところがよい(ミカエルは全2巻)。

髪型でキャラを書き分けているところとか、説明文がやたら長くって、うっとおしいところとかあるけれど、それでも魅力的なのは「会話」が上手いからかな。

ミカエル話を振ると、必ず出てくるのはテディベアのルドルフ君。はい、泣けます。ここは泣くところでしょう。初読のときまさかそうなるとは…と唖然としたことを思い出しました。

でも、一番じーんときたのは「兄ちゃん」の以下のセリフ。





~お見合い相手に「デートは妹抜きで…」と言われて~

  初めて会ったのは母親の葬儀が済んだ後でした

  ───あの子は…
  誰もいない小さな部屋に一人で座ってました
  突然倒れた母親の臨終から葬儀まで立ち会って…
  たった16か17で…
  おそらく呆然としていたんでしょうね、妹は
  泣く事もできずにたった一人で
  どんなに心細かったろう辛かったろう

  思い出すと今でも胸が痛みます
  これまで兄として何もしてやれなかったし
  兄妹として暮らした時間も短い…
  その分僕は妹に対する負い目がある

  ───ですから
  一緒に暮らすのであれば
  僕よりも妹の方を大切にしてくれる人でなければ困ります

  僕は
  そーゆー人を望みます

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »