« ナチュラルクリーニング | トップページ | 555名セリフ »

COマグロはニューヨークを目指す

COマグロとは、鮮やかな赤身にするため一酸化炭素を使用したマグロのこと。数年前にマスゴミが騒ぎ、現在日本では禁止されている[参考] 。また、輸入マグロも検査されている[参考]ので、スーパーで見かけることはない。

当時問題視されたのは、人体に有害な一酸化炭素で加工したマグロの安全性だった。しかし、燻製で発生する一酸化炭素は問題ないので、まるっきり的外れな騒ぎだったといえる。むしろ問題なのは、寿司・刺身で生食するマグロを「加工」することで新鮮に見えてしまうことだろう。

"Tuna's Red Glare? It Could Be Carbon Monoxide"によると、COマグロは主に東南アジアで「加工」されるとのこと。日本以外にも、カナダ、欧州では禁止されているため、こうしたマグロはアメリカに流れ込んでいるらしい。寿司にも米国にも縁が無いので、心の底からどうでもいい話なのだが、Rich American が有難がって食べている様子を想像してみるとちょっと笑える。

このネタ"Don't eat cheap sushi "で知ったんだが、この在日ニューヨーカー(?)は月イチでSUSHI食べてるらしい。私が最後に食べたのは、去年だったか正月だったか、あるいは去年の正月だったか

(つД`)

--

|

« ナチュラルクリーニング | トップページ | 555名セリフ »

コメント

Dainさん、リンクありがとうございます。

投稿: gen kanai | 2004.12.02 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COマグロはニューヨークを目指す:

« ナチュラルクリーニング | トップページ | 555名セリフ »