« 555名セリフ | トップページ | Reproduce economic gap in Japan »

23分間の奇跡

児童書のフリをしているが児童が読むのは禁止。子どもの集団心理が「せんせい」によって上手に誘導されていくことが描かれている。

物語は午前九時に始まり、九時二十三分に終わる。ひとつの国が敗れ、占領され、教室に新しい教師がやってくる。そのクラスでの二十三分間の出来事は、「最初の授業」と読んでもいい。つまり、アルフォンス・ドーデの「最後の授業」の続編ということ。

「23分間の奇跡」(ジェームズ・クラベル)は、かつてのベストセラーなのだが、いま読み返してみると、その稚拙さに微笑む。イラク駐留プログラムの破綻具合や、反日教育が染みとおった某国民のとっぴな行動。これらを見ていると、集団洗脳がカンタンにできるような書き方をしているこの小説は、あまりにも幼稚で、キケンだ。

--

|

« 555名セリフ | トップページ | Reproduce economic gap in Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/1690050

この記事へのトラックバック一覧です: 23分間の奇跡:

» 子育てと社内トレーニング [中堅サラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
子供のしつけも大人の教育も本質は同じだ。 何がよくて、何が間違っているかを教える人が決める。 それが親であったり、先生であったり。上司になれば 社内ト... [続きを読む]

受信: 2004.10.31 21:22

» 23分間の奇跡 [賢者は先人に学ぶ!]
23分間の奇跡青島 幸男おすすめ平均こりゃ いいわ〜〜☆国家と教育身近な洗脳者Amazonで詳しく見る 今日は異色の本を一冊紹介! あ、まず最初にお... [続きを読む]

受信: 2004.11.19 20:43

» 【フィクション】『23分間の奇跡』 [神様はその辺をウロウロしていません]
「教える」ことの意味を考えたこと、ありますか? 新年度スタートから2週間が経ちました。 皆さんまだ緊張が抜けきらない中、新社会人は... [続きを読む]

受信: 2009.04.15 23:02

« 555名セリフ | トップページ | Reproduce economic gap in Japan »