« 未来のM$-Windows | トップページ | アメリカ文化の広告代理店 »

女房と仲良くなる7+1の方法

「女にモテるコツ」だの「あのコをゲットする方法」は巷に数多にあれど、「女房と仲良しになる方法」は見かけない。そもそも雌の一体を確保すればよいのだから、そんな「秘策」なぞは適当でよい。人類の半分は雌だから、一匹ぐらいは自分を気に入るような物好きもいるだろう。問題はその後だ。その雌が「彼女」でいる期間よりも「女房」でいる時間の方がはるかに長いはず。

だから、雌に気に入られる方法よりも、女房と仲良くなる方が重要なんだ… が、どこにも書いてない。ことわっておくが「女房の機嫌を取る方法」ではない。書いても無意味だ。何をすれば女房の機嫌がなおるかなんて、その旦那なら知っているから。この記事は既婚者よりもむしろ未婚者に読んで欲しいナリ。

1.「ありがとう」という魔法の言葉

先ずこれ。女は単純な生き物だから、この単純な言葉で充分に効果がある。おもしろいことに「ありがとう」という言葉はいくら使っても磨り減らないし、使えば使うほど価値を増していく。どんな冷戦状態でもこの言葉は不思議に使える。なぜなら、感謝の気持ちを言葉にしたものは、反発しようがないから。



2.徹底的に奉仕するセックスを
たまには主従を交替してみる。女は幼稚だから、目新しいことを好む。荒々しいが隷属的なセックスで女房を喜ばせてみる。しかも終わっても素っ気無い態度をせずに優しいピロートークをすること(すぐに寝るのは言語道断!)。回数とか長さが重要ではない。できるだけ「相手が」幸せな気分になれるような



3.本人が気づかない「嬉しいこと」を見つける
女は愚かな生き物だから「旦那に、本当にしてほしいこと」が分かっていない。ちゃんと考えずに「家事を手伝え」だの「アタシのこと分かってくれない」だのくり返す。本人が気づかない嬉しいことに見つけてやって、女房を嬉しくさせることができるのは、旦那だけだ。例えば、家事は家事でも、普段してないベランダの掃除をこっそりしておくとか、休日に女房の好物を料理してみるとか



4.ダメなところを指摘しない
いくら愚かな女でも、自分のダメなところは自分でも分かっている。そして自分の欠点は旦那も承知してることも、分かっている。結婚生活をするということは、相手の欠点を知るだけでなく、自分の欠点を晒すことでもあるから。これをわざわざ指摘することは、相手の神経を逆なですることに等しい。自分を嫌ってくれと言っているようなものだ



5.先ず聞く。全てちゃんと聞いてから、話す
女は細かいことばかり指摘する。しかもくり返す。ケンカするときはこの傾向が顕著にあらわれてくる。些細なことをしつこく何度も指摘する。相手を怒らせようと意図してやっているとしか思えないが、賢明なる旦那はグッとこらえて、言い分を聞く。相手の口が閉じるまでずっと聞き役に徹する。1時間でも2時間でも聞いてやろうという意気込みで聞くと、変化が生じるはず。あら不思議、女房のご不満は雨散霧消する。夫婦のわだかまりは「言いたいことをぜんぶ聞いてもらう」ことで解消する



6.弱ったときがチャンス
カゼなどでダウンした時はチャンスといえる。ここぞとばかりに看病してやる。身体が弱っているときは気持ちも弱っているもの。そうした弱みに付け込んで、一生懸命な態度を見せることで、女房は感謝&頼りにするようになる。病気にならずとも、例えば低血圧で朝が弱い女房なら、朝食を作ってやるとかすることでポイントを稼ぐことができる



7.誕生日には、花束を
いくつになっても、誕生日は特別な日として扱うべきだし、その日を大切に思っていることを形にして示すことが大切。女は馬鹿なので「そんな買い物をして…」と非難するかもしれない…が、「お祝いしたかったから…」などと殊勝な態度で臨めばOK、花もたいしてお金をかける必要なし。1500円も出せば立派な花束ができあがる。女に花は定番かつ強力なアイテムといえる。これは女房が「彼女」だったときからそうとも言える

以上、「女房と仲良くする7つの方法」を紹介した。あなたが女性の場合は、以下の通りに置き換えてお読みくださいませ

   女 ←→ 男
   雌 ←→ 雄
   女房 ←→ 旦那
   彼女 ←→ 彼氏

最後に、男にのみ使える秘策を授けよう。これを実行するかしないかによって、その後の夫婦の関係が大きく異なるものになるといえよう。チャンスは一回きりだ。そのタイミングは、はじめての子どもが生まれたとき

力いっぱい感動しよう、もうオーバーなぐらい感謝しよう。涙を流して「猛烈に嬉しい。人生で一番の最良の日だ。きみと一緒になって本当に感謝している、ありがとう」ということ。本心でそう思っていなくてもOK あなたの人生での「今までに感動したこと」は、この一回きりのチャンスを最大限に感動したものとして振舞うためにあったのだといっても過言でないぐらい。結婚において、雄が雌に最大限のインパクトを与えることができるチャンスは、たった2回しかない。最初はプロポーズのとき、そして2回目は子どもが生まれたときなんだ

野郎ども、がんばれよ

--

|

« 未来のM$-Windows | トップページ | アメリカ文化の広告代理店 »

コメント

Dainさん、おはようございます、

うーんとうならされました。すばらしいです。特にこの「+1」はやっておくべきでした。もうこれを使う機会がないのが残念です。

投稿: ひでき | 2004.09.25 09:48

ひできさんコメントありがとうございますー
「+1」は未婚者へのメッセージのつもりです

私自身、使えなかったワザでしたorz
「次回」忘れないようにするということで(w

投稿: Dain | 2004.09.26 01:04

まさにその通りだと思います
未婚者の方への良いアドバイスですね

ただこれを10年続けた結果,嫁さんがつけあがってしまいました
もう矯正不可能です(T_T)

投稿: すぴあ | 2004.09.29 05:58

すぴあさん、コメントありがとうございます

「仲の良くない」女房 vs. 「つけあがった」女房 だったら、つけあがらせておきます
女房とはいっても所詮は他人、仲良くなれない他人との生活なら、何のために結婚したのだろうかと自問したこともあったので ^^;

投稿: Dain | 2004.09.29 09:26

私は未婚なので、偉そうに口だしできないですが、父親や知り合いの旦那さんを見ていて、何となくここにかいていることは逆効果な気がします。
寝転がってTVを見ながら「ありがとう」などと言ってもだめですし、女性は細かいところ気にするのですから、心がこもってないことなど、すぐに見抜くと思います。
父親は母の誕生日や、母の日などにはかならず花を買ってくるのですが、母いわく「世話するのは結局私」とか「もう少し趣味のいいものなら」とかあげくの果てには「現金の方がマシ」とまで言う始末です。
奉仕するセックスも、愛があるうちは効果的かもしれませんが、所詮人体で出来ることは限られてますから、そのうち飽きてしまうことでしょう。
結婚して10年以上たっても未だに仲のいい夫婦(子供は高校生と中学生)を見ていると、どうやら奥さんがものすごく、旦那様にほれ込んでいる様子でした。特になにをするわけでもなさそうです。
雌としてではなく、人として、私たちは気が合うんだ、ということを主張すればよいのでは。

投稿: しぐま | 2004.10.04 16:45

しぐまさん、コメントありがとうございます

  > 人として、私たちは気が合うんだ、ということを
  > 主張すればよいのでは

ううぅ、確かにその通りです。この言葉、心にグッサと刺さります。恋だの愛だの突き抜けた後でも仲良しで、何年たっても「気が合う」夫婦が理想ですね…

あるマンガのセリフが浮かびます

  > 人は何かの犠牲なしに何も得ることができない
  > 何かを得るためには同等の代価が必要となる

「女房と仲良くなる7+1の方法」は、一般論のフリをした自嘲なのかもしれません。わたし自身ができていないなーと自戒しつつ日々努力している代価の一覧なのです

--

投稿: Dain | 2004.10.04 21:57

それって「ハガレン」ですか?

最近、Dainさんに教えていただいて以来、なぜか私のまわりでもりあがっております。

http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/09/there_is_a_will.html#c787165

投稿: ひでき | 2004.10.05 00:17

しぐまさんへ
独身未婚の女性からの意見ですが、わたしは逆効果だとは思いませんよ^^

たとえ寝っ転がって「ありがとう」であっても、何も言わないよりはマシですし
花束を買ってきて文句を言うのは”花束に対して”ではなく”旦那の態度”に対してでしょう
殊勝な態度ではなく「プレゼントという義務」として渡しているのではないでしょうか?
だとしたら、それこそ心がこもってないことを見抜いているのではないかと思います。

”気が合う”ということは確かに大切ですが”主張”する程の重要性は感じません
それよりも(ほれ込んでいる)気持ちを”受け入れ”ることが出来ているから
「本当に良い関係」が持続しているのではないかと思います。
※⑤に通じるものがあるのではないでしょうか?

夫婦間の感情は第三者的立場では分かりづらいものです。
ご自分の恋愛経験などから考えた方が理解できる部分は多いかもしれませんね^^

投稿: ふりっぱ | 2004.10.05 10:54

しぐまさん、はじめまして、おはようございます、

今朝気がつきました。

Dainさんが7+1をやって、奥さまとの関係がよくなっていくというのは、すでに基本的に愛があるからなのだ、と。

逆に、7+1をやって「すら」奥さまから愛されるのだといってもいいのかもしれません。

しぐまさんのご指摘の通り、愛のない、においのしない男女関係では7+1を実践してもなにも改善しないばかりか、逆に関係を破壊してしまうかもしれません。

やはり、そこには愛があるのです。

ここは日本ですから、愛ということばがあまりに大げさであるのなら、互いへの想いといってもいいかもしれません。


Dainさん、

横から知った風な口をきいてしまうもうしわけございません。今朝、ふっとうかびました。うかんだら、押さえられなくなってしまいました。お許しください。

投稿: ひでき | 2004.10.05 11:28

to : ふりっぱさん

貴重なご意見ありがとうございます。それから、私の言葉足らずなところを補っていただき、感謝しています。

 > 夫婦間の感情は第三者的立場では分かりづらいものです

まさにその通りです。第三者どころか、私自身が分かっていませんでした。女房が「彼女」だった頃の漠然とした「想い」と、今の「気持ち」には、同じ自分とは思えないほどの距離があるので。


to : ひできさん

お気になさらずにどうぞ。沢山コメントいただき、嬉しいです。「鋼」が盛り上がっているのは、アニメ最終回だったからでしょう。涙腺が弱いことは自負しとりますが、涙、なみだが…

 > やはり、そこには愛があるのです

その通りだと思います。恥ずかしながら、このトシになってよーやく愛がなんであるのかが分かるようになりました。得たり失ったりするものではなく、一時的な状態でもない。ずっと続いていくもので、続けるためには努力を要するもの。

生きていく態度を決定づけるものが愛なんだと。

努力して、努力して、懸命に努力して、それでも得られないかもしれない。「等価交換」なんてウソッパチなのかもしれない。だからといって努力することを止めるか? いいえ、なぜなら自分でそう決めたから。

自分をつき動かす中心にあるもの、それが愛なんだと。

--

投稿: Dain | 2004.10.05 12:57

男性側からの視点で、たいへん興味深い内容でした。
うちも結婚10年で子供が二人いますが、とても仲良し夫婦です。
1のありがとうという言葉はたまにしか言ってくれませんが、言われると本当にうれしくなります。一番うれしかったのが、出産直後、ぐったり疲れて個室に入ってからひとしきり子供の様子を話した後、会話が途切れたときにボソッと言われた「ありがとう」です。
痛くて辛くて不安な思いをしたことがいっぺんに吹っ飛んでただひたすら涙が出ました。
でも、第二子の時は言ってくれませんでしたけどね。

2のセックスも少ないですがしています(月に2回位)。
もちろん、私がイクのを優先してくれます。
私も、主人に対して御奉仕は欠かしませんよ。

3と4は当たっています。そもそも家事を主人に頼むつもりがないので(専業主婦なので)、やってもらえれば本当に嬉しいし、的外れなお手伝いであっても気がついたら言葉に出して感謝するとともに「私流にこうやって換えておいたわ」など気分を害さないように(今後のために)言っておきます。それから、自分が言われてカチンとくるような言い方や内容を言わないのは当たり前ですよね。言ってしまった時は素直に謝ることです。

もうひとつ言わせてもらえれば、普段からスキンシップも必要ではないでしょうか。
うちではキッチンに立っているときに後ろから抱き締められて晩御飯のメニューを聞かれたり、座っているとひざに頭を載せてきますし・・。
二日に一回はハグしますよ。(子供がちらっと見ます)
お風呂も時間があれば主人の背中を流します。
疲れているようなら肩をもんであげます。
察して、こちらから動きます。
いつまでも仲良くしたいので、私も「女」でいる努力と笑顔も必要です。
だらだら太ってしまって自分に甘い奥さんはもう一度結婚当時に戻ったつもりで頑張ってみてはいかがでしょうか。だって、御主人は日中、会社や外で若くてきれいな女性を見ています。
休日にテレビの前で横になったままの旦那様は周りを見回してください。きれいなお部屋ですごしてしていられるのは、普段の奥様の努力があってこそなのだから。奥様は家政婦じゃありませんよ。

投稿: よっぺ | 2010.08.07 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女房と仲良くなる7+1の方法:

» 付き合ってるコを喜ばせる法 [出逢い系ヲタの過激な恋愛記]
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」さんの、 『女房と仲良くなる7+1の方法』 こちらに興味深い項目が。 1.「ありがとう」とい... [続きを読む]

受信: 2004.09.28 15:37

» 女房と仲良くなる7+1の方法 [**shee time**]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 女房と仲良くなる7 1の方法 男にのみ使える秘策を授けよう。これを実行するかしないかによって、その後の夫婦... [続きを読む]

受信: 2004.09.29 09:54

» 女房と仲良くなる7+1の方法。 [小ネタBlog〜純情派]
むぅ。なんかいろいろ考えさせられちゃうなぁ……。(;´`) 内容や表現的に「いかがなものか」ってのもあるけど、 それなりに納得できるものもいくつか。深い深い……... [続きを読む]

受信: 2004.10.04 14:31

» 夫婦がうまく行く秘訣 [日々是好日 by meow]
思わず「うーむ」。 さん経由で知った、女房と仲良くなる7+1の方法である。 男女を置き換えてもOKらしい。 すると「男は単純な生き物だから」、 「男は幼稚だ... [続きを読む]

受信: 2004.10.04 18:01

» [Web]女房に限らずとも [青蛙メモ]
小ネタBlog〜純情派 http://yoiko.blogtribe.org/ で見つけた、「女房と仲良くなる7+1の方法。」 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog ... [続きを読む]

受信: 2004.10.04 21:57

» モテる男が父になる [カノジョが突然モテだした!!]
先週の土曜日に普段から仲良くしている 友達夫婦に待望の女の子が誕生した。 おめでとう!! きっとこの子供がこの夫婦に 多くの幸せを与えるのだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2004.11.10 00:09

» ヲグラ@朝美ちゃんとうまくやる [ヲグラ三昧]
こちら で、深く感銘を受けたヲグラ。 嫁とうまくやるってのは大切。 [続きを読む]

受信: 2004.11.12 17:55

« 未来のM$-Windows | トップページ | アメリカ文化の広告代理店 »