« 第7章:プロジェクトコストマネジメント(その3) | トップページ | Women's Game Conference in Austin Sep9-10,2004 »

かつてヒトとマシンは近いところで会話をしてた。今は違う

RFPすらまとめられない顧客は、その顧客を窓口としておく組織そのものに問題がある。顧客の無能を責める莫れ

かつてヒトとマシンは近いところで会話をしてた。今は違う

逆ではない。今ほどマシンと人が離れ離れになってしまったときはない。そしてこれからもどんどん離れてゆくだろう

アセンブラを見なくなって何年経つ?
コンパイラによる最適化は天啓であり、シロートがクチを出せるような代物ではない

いまじゃSEは顧客の代わりにRFP、いや顧客の社内稟議書を書いている。できたRFPは限りなく分析レベルまで落ちていて、そのまま設計フェーズに持ってける

プログラマだった彼はPMをやらされている。「リソース管理とは、メモリのことだったのにー」とほざいている。他のプログラマはSEにクラスチェンジ

で、コード吐きはツール任せ

レビューで相当叩いたので、ビジネスロジック書きはほとんど機械的。ニンゲンが書くのだが。自動化ツールも一度は考えた

SEは顧客の社員もどきに、

プログラマはPMかSEもどきに、

コーダはプログラマかアーキテクトもどきに、

そしてマシンと会話するヒトはかなり減った

コンパイラ以外にもマシンの間に介在し、会話を阻むものが多すぎる!

イマドキの新人もやはり"hello world!"と書くのだろうか? sun1使って?(w

MDAなるものがホントなら、コードを一行も書くことも見ることもなくなる(←偏見) 日が来る…のか?

コンピュータは冷たい箱と言われていたが、昔はそうは思わなかった。今ほどPCとの距離感を感じることはない。まさに本当の意味でのBLACK BOXとなった

「かつて設計は設計者にあり、今ではプログラマにある」 を読んでチョト違うことを考えた

さ、RFP書くか

--

|

« 第7章:プロジェクトコストマネジメント(その3) | トップページ | Women's Game Conference in Austin Sep9-10,2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かつてヒトとマシンは近いところで会話をしてた。今は違う:

« 第7章:プロジェクトコストマネジメント(その3) | トップページ | Women's Game Conference in Austin Sep9-10,2004 »