« ウォッチ先 さわらず荒らさず まったりと | トップページ | 唇が寒いけれど書きたくなった、禿同と »

君が望む永遠(第五話/第六話)

自分メモ。激しくネタバレあり

 事故から一年経ったぐらいの回想シーン。ゲーム中もそうだったけれど、回想→現在→回想→現在をくり返すうちに、それぞれの気持ちの深さが、言葉の重みがのしかかってきます。

 あのとき、あの場所で言ったことが今とっている態度を締め付ける。目の前で責め苦を受けているのは、かつてあの選択肢を選んだからだ。なんだ、リアルを一緒じゃないか、選択肢の数が無数なだけで、くり返せないだけで

 水族館は八景島だね、ってことは舞台は横浜の近く、丘、海、旧家と新興住宅地 …久里浜か藤沢あたりと勝手に決めつける。イルカとタコのマグカップを買う 私の予想だと、このOVAは「遙シナリオ」即ち水月が去ってゆくエンディングのため …このマグカップは悲しい前フリとなるんだろーな

横浜南バス 決定~

 実業団をあきらめる水月。わざとなのか、遙なのか。んで、茜の言葉がツキササる「お兄ちゃんとお姉ちゃんをどうかおねがいします」 このときの茜のひたむきな気持ち、このあとどうなるか分かりすぎるほど分かっているから、不覚にも涙が…

 「マヤウルのおくりもの」の作者来日。だから、遙を連れ出そうとする孝之 …錯乱している… 廃人になりつつある彼をたくさん惨めに、とことん落ちぶれさせておかないと、ね(w んで、「もう遙に会いにこないで下さい」とお父さんに頭を下げられる孝之

    一人ぼっちのふたり

    お互いを求め合う二人

 こうなることは必然なのだ、という準備をちゃんと物語っているのが良い。一糸まとわぬ裸の水月にしがみつかれ、

「水月…」

 「いや、だめだ」←この選択肢があったなら…ゲームは成り立たんか

んで、水月を抱きしめる

んで、裸の水月を見つめる茜…

 水月の回想シーン。水月の「あたしたちが喧嘩なんてするわけないじゃない」、刺さります。ゲームにない場面だけれど、演出上手です、じくじくキます。

   目を覚ました遙に会い続ける孝之

   ぎこちない会話 孝之 X 遙

   ぎこちない会話 孝之 X 水月

 慎二のセリフも刺さる刺さる「あいつ、うらぎるなよ、あいつめちゃくちゃ弱いんだから」「がんばれよ、好きなんだろ?」…うああぁ、遙シナリオだからどーなるか分かっていればいるほど、つらい

水月の気持ち

遙の気持ち

そして、茜の…

  「あなたは、自分だけ全部話してすっきりしようとしている

  「あなたは、身勝手です。自分だけ苦しみを忘れようとしている」

  「あなたは、もっと苦しまなくちゃいけない、楽になんかさせない」

  「帰ってください」

そして、水月の…

  「孝之しかいないから、あたしには孝之しか」

そして、遙の…

  夜空に星が瞬くように

  溶けた心は離れない

  たとえこの手が離れても

  二人がそれを忘れぬ限り

そして、茜の…

  信じた人と あこがれの君に

  背かれた心の 深き傷───

  愛しみの心が

  ほの昏い憎悪に染まりゆく…

--

|

« ウォッチ先 さわらず荒らさず まったりと | トップページ | 唇が寒いけれど書きたくなった、禿同と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が望む永遠(第五話/第六話):

« ウォッチ先 さわらず荒らさず まったりと | トップページ | 唇が寒いけれど書きたくなった、禿同と »