« 「選択エージェンシー」で検索したら、興味深いことに気づきました | トップページ | デカレンジャーと「戦争広告代理店」 »

カラシニコフ 銃・国家・ひとびと

 銃を撃ったことがある。

 インストラクターから、「ベレッタ」という名前だと教えてもらった。初心者にも扱いやすいという。もっと重いものかと思っていたが、ずっしり感はあるものの、その重さは銃把の安定度につながっていた。

 ホールドして、狙って、絞る。

 私はスジがいいそうだ(客に世辞をふるまったともいえる)。にこやかに笑うインストラクターを見て、手の中の銃を見て、いま強いのはわたしだ、と思った。

 銃があるのとないので、気持ちが一変している自分に気づき、恐くなった。これは、ただの、道具にすぎない。持ってるだけで強くなれるなんて、不思議な道具。

 カラシニコフは自動小銃なので、拳銃とはまた違う。けれども道具としては同じ目的であり、(ちょっと重いけれど)女性や子どもでも扱えるという。強くなれる道具。

 カラシニコフは、故障しにくい自動小銃といわれる。ベトナム戦争時、故障が多発したM-16を捨て、米兵は敵からぶんどったカラシニコフ銃を使ったという。重宝される道具。

 カラシニコフは、部品が少なく、メンテナンスが楽な自動小銃だといわれる。おかげで安価に大量生産でき、長く使うことができる。世界でおよそ一億丁あると推定されている。

 カラシニコフは、祖国ソビエト連邦を守るために、この優れた銃を作った。この銃が世界で何をしてきたのかは、3ヶ月かけて朝日新聞「カラシニコフ 銃・国家・ひとびと」に連載されてきた。たった3ヶ月? もっと長いこと読んできたような気がする。悪夢からようやく覚めた気分だ。けれども、夢の終わりのほうは、「銃を抑え込む:武器で壊れない国家を」という希望が持てるラストだった。

「失敗国家」は銃のコントロールを失い、テロリストの巣になっていく。銃などで倒れない国家をつくらなければならない。それは国民と指導者が、安心して暮らせる社会をつくる決意を持つかどうかにかかっている
(2004/4/8朝日新聞:カラシニコフ 銃・国家・ひとびとより引用)

 書籍化を望む、もう一度、はじめから読みたい
--

|

« 「選択エージェンシー」で検索したら、興味深いことに気づきました | トップページ | デカレンジャーと「戦争広告代理店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/413545

この記事へのトラックバック一覧です: カラシニコフ 銃・国家・ひとびと:

« 「選択エージェンシー」で検索したら、興味深いことに気づきました | トップページ | デカレンジャーと「戦争広告代理店」 »