« ホンキで悪いことを考えてみる(その2) | トップページ | 「ONE~輝く季節へ~True Stories」観たよ »

レイチェル・コリー

レイチェル・コリーの話をしよう。
複数のソースを元に、できるだけ簡潔に、書いてみる。


  • 彼女はアメリカ人で、23才だった
  • 彼女は、昨年の3月17日にガザ地区で死んだ。ブルドーザーに轢かれたのだ
  • 彼女は、オレンジ色のパーカーを着て、ブルドーザーの前に立ちはだかっていた

つづき…


  • そのブルドーザーを操作していたのは、軍人だった。家屋を破壊することが彼のミッションだ
  • そのブルドーザーは米国キャタピラー社製だ
  • そのブルドーザーは米国の援助によって、支給されたものだ。即ち、米国民の税金によってまかなわれた製品だ
  • 2004/3月、世界のあちこちで彼女の一周忌の追悼会が開かれた
  • 2004/3/30、レイチェルが守ろうとした家屋が破壊された

「なぜ?」については書きません(書けません。私にはその見識も資格もありません)。ご興味のある方へのリンクを示しておきます

ブログ以外より

ブログより

keywords


  • Rachel Corrie:レイチェル・コリー
  • International Solidarity Statement(ISM):NGO、国際連帯運動
  • Caterpillar D9 bulldozer:キャタピラー社製のブルドーザー

ご自分で探すときは上のキワドが有用です。ソースは英語、ドイツ語が多いです。日本語での情報は哀しいほど少ないです。

ちなみに、「レイチェル+コリー」の検索結果…


  • 朝日:asahi.com→0件ヒット
  • 日経:NIKKEI NET→0件ヒット
  • 産経:Sankei Web→0件ヒット

…もうえぇよ、増すゴミ。調べるのヤになるよな。とても興味深いのは、彼らが口チャックをしている一方で、的を射たblogでの発言が増えている…

「レイチェル・コリー」そのもののネタ元→雑誌「選択」

--

2004/5/21追記

ARTIFACTイスラエル支援企業リストを読みました。

米国民の税金で「援助」され、イスラエル兵が運転するキャタピラーに轢き殺されたレイチェルにご興味がある方は、きっとこのリストにもご興味があろうかと。

evian 飲みながら intelinside な IBMマシンでIEブラウザを使ってこの「レイチェル・コリー」を書いたわたし…

  >私たちは、商品を選ぶことができます。
  >私たちには注意深くお金を使う責任があります

完全に逃れることはムリ。どこまでできるか分かりませんが、選べるものについては、もう少し注意深くあろうと努力します。

|

« ホンキで悪いことを考えてみる(その2) | トップページ | 「ONE~輝く季節へ~True Stories」観たよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイチェル・コリー:

» 神がやらなきゃ人がやる。だからテロが起こるのか? [911 - 488]
asahi.comより パレスチナ少女にとどめの乱射 イスラエル兵が内部告発 イスラエルの最大紙イディオト・アハロノトに、「部隊司令官が少女にとどめを刺した」と... [続きを読む]

受信: 2004.10.14 20:40

« ホンキで悪いことを考えてみる(その2) | トップページ | 「ONE~輝く季節へ~True Stories」観たよ »