« 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 | トップページ | 7 »

コンクリート

 1989年に東京・足立区で起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」が「コンクリート」のタイトルで映画化される。中村拓監督。原作は小説「十七歳、悪の履歴書」(渥美饒兒原作/作品社刊)

 すでにたくさんのテクストが書かれ、あばかれている。たとえ私が語ったところで、ネットの暗闇に吸い込まれてゆくだけだろう。

 だから私は、私自身に注意を促す、忘れるな、と。この歌とともに忘れることなかれ、お前も親になっているんだ、と。

小泉今日子「なんてったってアイドル」(「学園天国」という説もあり)

5月29日から銀座シネパトス等で公開。映画よりもその影響をヲッチしたい。
「十七歳、悪の履歴書」と「うちの子が、なぜ!」は、読みます。読んだら感想書きますね。

をっと、スゴ本を紹介せねば…

この事件を思い出すたびに、この本を思い出します。事実は小説よりも奇なりというが、コレに限っては本の方が上

ジャック・ケッチャム「隣の家の少女」

よくS.キングの「スタンド・バイ・ミー」と比較されますが、ケッチャムに失礼ナリ。あ、紹介はしますが、普通の方は読まないことをお勧めします(残虐シーンだけでなく、精神衛生上非常によろしくない)。

それでも、闇を見てみようと思う方はどうぞ「隣の家の少女」
--
十七歳、悪の履歴書読んだよ

|

« 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 | トップページ | 7 »

コメント

私自身はDV家庭で育ち毎日、暴力に苦しんで怯えながら育ち様々ないじめ、虐待にあい、現在もその後遺症に苦しんでいます。

投稿: 廣澤 裕美子 | 2008.09.04 20:02

>>廣澤裕美子さん

とても辛い思いをしているのでしょう、わたしの想像もつかないほどに。
幸多かれ、と祈ることしかできません。

投稿: Dain | 2008.09.05 22:42

これからもがんばってくださいね

投稿: かおり | 2008.09.28 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/458575

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリート:

« 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 | トップページ | 7 »