« 第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その2) | トップページ | 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 »

水月と「皆月」

 速瀬水月と涼宮遙の間に鳴海孝之という男がいる。何一つ自分で決められず、周囲の状況に流されているだけだ。そのくせ自己正当化は得意で、独白のようなセリフで自分を納得させるクズだ。

 コイツが何のイベントも無しに40歳になったら、「皆月」の主人公、諏訪徳雄になるんやろな…

 キャラはまんまだけど、お話はぜんせん違う。コツコツ貯めた一千万円持って女房は蒸発。妻も仕事も希望も喪い、人生に躓く。こいつを救うのはヤクザ者の義弟とソープ嬢… という厨年男の救済と再生がテーマ。

 花村萬月「二進法の犬」を絶賛してたらコレもいいよ! と勧められて読みました… がなんか薄味。二番煎じの感が否めない~ 「犬」の禍々しさ、凶暴力が無くなっている~ ヘミングウェイ「海流の中の島々」を薄めて「老人と海」になったカンジ。「海」はノーベル賞もらうために抜粋したんちゃうか… ヲッと脱線

 ま、それでも逃げた女房は遙、ソープ嬢は水月に重ねて読むと楽しかった!良い一文にもめぐり逢えたし。旅の始まりはボニー&クライド、ラストは「恩讐の彼方に」を思い出してしまった(意識して書いたと思われ)。一番気に入った一文を引用する。


人間の性は、性欲を発散するためでもなく、子孫を残すためのものでもない。性の根元にあるのは、孤独だ。この世界にたった独りでいることに対する不安だ。

 ハタチだったときからずいぶん時間がかかったけれど、いまならよく分かる。独りで生まれて、独りで死んでいくんだね。わたしたちは、ごくわずかな時のなかを過ごすだけ。交合のキホンはここにある。
--

|

« 第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その2) | トップページ | 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/454805

この記事へのトラックバック一覧です: 水月と「皆月」:

« 第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その2) | トップページ | 4/18のTBS時事放談「宮澤喜一+塩川正十郎」 »