« AIR | トップページ | 新入社員のひよっ子たちへ(その1:たぶん連載になる) »

失敗、落選、恋人の死、闘病…

  31才で、事業に失敗

  32才で、州議会議員選挙に落選

  34才で、再び事業に失敗

  35才で、恋人の死に直面

  36才で、神経の病をわずらう

  43才から五年間に三度、下院議員選挙に落選

  55才で、乗員議員選挙に落選

  56才で、副大統領になろうとしたが失敗する

  58才で、上院議員選挙に落選
     .
     .
     .
     .
  60才で、アメリカ大統領となる
  この人の名は、アブラハム・リンカーン

 巷では「一勝九敗」(柳井正)が売れているらしいが、先駆者がいたのね… ユニクロの創業者が書いたこの本、読まずに中身を想像してみる。こんな感じ?


  • 失敗はいくらしても、そこから何かを得るのであればOK、むしろどんどん失敗しろ
  • 失敗した場合は、なぜ失敗したのかをひたすら考えよ。それが失敗から得られるものだ
  • 失敗から得たものは、スグに生かすこと。放置してはいけない
  • 失敗の無い成功はありえない。それは成功と呼ばない
  • 失敗とは次ステップへの区切りであり、成功とは一つの状態だ。だから失敗したら何かを掴んで立ち上がればよいし、成功してもそこに安住する無かれ

アブラハム・リンカーンの話は、japantn さんのメルマガ「一日一冊:人生の智恵」で知りました(japantnさんありがとうございます)。ネタ本は「あなたはいまの自分と握手できるか」(アンソニー・ロビンズ)

--

|

« AIR | トップページ | 新入社員のひよっ子たちへ(その1:たぶん連載になる) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/434657

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗、落選、恋人の死、闘病…:

« AIR | トップページ | 新入社員のひよっ子たちへ(その1:たぶん連載になる) »