« トップをねらえ!2 | トップページ | 水月と「皆月」 »

第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その2)

ネットの片隅で、聞いた。ちょっとだけ頼りにされているらしい…ここ。嬉しい、がんばるよー
ここでは、プロジェクトタイムマネジメントをまとめます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

keywords


  • 見積もり手法
  • CPM(Critical Path Method:クリティカルパス法)
  • PERT(Program Evaluation and Review Technique:パート)
  • PERTによる見積もり
  • モンテカルロシミュレーション

見積もり手法
 どれくらいの期間がかかるのかを見積もるための手法。カレンダー日付じゃないことに注意。このタスクをこなすのに○○日(あるいは時間)かかるから、結局ぜんぶでこれだけかかる、という見積もり。数理解析と呼ばれているのがCPM、GERT、PERT、シミュレーションと呼ばれているのがモンテカルロ法。

CPM(Critical Path Method:クリティカルパス法)(p.75)
 CPMによりクリティカルパスを見つけることができるが、CPMそのものは、クリティカルパスを見つけることではないことに注意。CPMの本質は、ひとつのタスクに一つの時間(期間)を割り当てること


  • ひとつのタスクは一つの(決まった)時間(期間)がかかる。決まった時間は最もありがちな(平均的な)時間が見積もられる
  • タスクに対し時間を「決め付ける」ことにより、スケジュールには柔軟性がなくなるが、コスト管理ができるようになる
  • AOA(アクティビティ・オン・アロー)でのみ適用できる
  • AOAなので、ダミーのタスクを持つことができる

GERT(ガート)
 条件分岐やループ回数に確率統計を用いて、期待値による時間の算出をする。

PERT(Program Evaluation and Review Technique:パート)(p.75)
 PERTと違うところがポイントかつ試験に出るところ。計算問題として出題される。


  • ひとつのアクティビティに対し、3つの観点から査定する。3つの観点とは→「楽観的」「平均的」「悲観的」
  • 時間だけでなく、コスト見積もりにも用いる
  • コストに柔軟性を持たせながら、スケジュールするために用いる
  • AOA(アクティビティ・オン・アロー)でのみ適用できる
  • AOAなので、ダミーのタスクを持つことができる

 PERTによる見積もりは、CPMよりも優れているといえる。それは、ひとつのタスクに対して、3つの観点から時間を見積もっているから、より正確に近いといえる。かといってひとつのタスクに3種類の時間を割り当てているわけではない。

  • 最も楽観的(時間なら最短、コストなら最安)な見積もり(O:Optimistic)
  • 平均的でありがちな(時間、コストの)見積もり(M:Most likely)
  • 最も悲観的(時間なら最長、コストなら最高)な見積もり(P:Pessimistic)

これらを次のように計算する。

 1.PERTの公式(P+4M+O)/6
 2.標準偏差だと(P-O)/6
 3.平方偏差(バリアンス)だと[(P-O)/6]^2

 PERTの公式はそのタスクに割り当てる時間/コストを計算する方法。標準偏差はばらつきぐあい、平方偏差は、標準からどれぐらいかけ離れているかを計るモノサシ。" ^2 "は二乗ってこと。ビジネス統計入門とか見ると分かるかも… 私は理解せずに覚えるつもり。上から順に試験に出る計算式。設問はこんなカンジ…

問1:タスクAの見積もりにあたって、楽観的な場合は4日、悲観的な場合は10日かかることが分かった。最も平均的な期間は何日か?

 A.6日
 B.7日
 C.8日
 D.上記以外

問2:タスクBの見積もりにあたって、P=5日、O=2日、M=3日かかることが分かった。標準偏差を求めよ

 A.0.025日
 B.0.5日
 C.3日
 D.上記以外

 …で答え。問1:D、いきなりひっかけ問題出してスマソ。でも平気で出てくるみたい。受験者はPERTの公式は当然覚えてきているというスタンスで、「PERTの公式を理解しているか?」を問うための設問なんだろな。問2:B、これは公式どおりで、(P-O)/6=0.5

計算問題ばかりで申し訳ないが、くり返す。出るから、ここ。

  • タスクA(O=3、M=4、P=5)
  • タスクB(O=7、M=8、P=9)
  • タスクC(O=2、M=4、P=7)
このとき、
  • 問1:A,B,C のPERTによる見積もり値を求めよ
  • 問2:A,B,C の標準偏差を求めよ
  • 問3:A,B,C の平方偏差を求めよ
  • 問4:A→B→C がクリティカルパスなことが分かった。プロジェクト全体の期間の見積もり値を求めよ
単位は日。もちろん本番は4択。問1-3は既出、問4は覚える(私の場合。詳しい人は自明なのかも)。

問1の答え
 A=(3+4*4+5)/6=4
 B=(7+8*4+9)/6=8
 C=(2+4*4+7)/6=4.1666..≒4.17(小数点第二位まで四捨五入で)

問2の答え
 A=(5-3)/6≒0.33
 B=(9-7)/6≒0.33
 C=(7-2)/6≒0.83

問3の答え
 A=[(5-3)/6]^2≒0.11
 B=[(9-7)/6]^2≒0.11
 C=[(7-2)/6]^2≒0.69

問4の答え。これは既出じゃないから解説が要るね。A,B,Cそれぞれの見積もり期間は、問1により計算されているけれど、「どれぐらいのプラスマイナス(±)があるのか」は平方偏差によって導き出される。こんなカンジ…

クリティカルパス上の期間=A+B+C=4+8+4.17=16.17
標準偏差=[平方偏差の和]のルート=√(0.11+0.11+0.69)≒0.95

答えは、16.17±0.95

 この計算式、腑に落ちるには私の頭だと足りない、っつーか理解を拒否しているので覚えることにする。ちなみに「覚える」って一番アタマ使わずに済む方法だと思いません? リアル厨房・工房やってたときは暗記がすごくイヤで苦手だったけれど、このトシになると「考えて理解しなくてすむ」スバラシイ方法だと思うようになったよ… をっと脱線、次いこ、つぎ。

モンテカルロシミュレーション(p.44,p.75.p.139)
 PMBOKではスミッコに追いやられているけれど、リアルでは一番使える方法だと思う。恣意度も高いし。紙とエンピツでは無理で、PCソフトで計算するのが一般的。PERT見積もりとネットワーク図を用いるが、特徴は…


  • 何パーセントの可能性で、その日にプロジェクトが完了するかに着目する
  • 何パーセントの可能性で、それだけのコストでプロジェクトが完了するかに着目する
  • プロジェクトに対し、どのリスクがどの程度のっかかっているかに着目する

 パーセンテージの重み付けはテキトーに扱えるので、ボスを説得する度合いは各人で操作してくれ。モンテカルロのポイントは、期間やコストだけじゃなくって、リスクの重みも付けられること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP試験対策の目次に戻る
--

|

« トップをねらえ!2 | トップページ | 水月と「皆月」 »

コメント

PMP試験に落ちてヘコんでいました。試験を甘くみていたのですが、英語の壁と応用問題にパニくってしまった次第。ただ今、苦労しながらリタ本を読んでいます。が、辞書片手に直訳だと意味不明になって今ひとつビンときません。
このサイトはわかりやすくって助かっています。
できれば問題ももう少しのせてほしいです。

投稿: フルフル | 2004.04.18 23:35

こんにちは、フルフルさん

あうぅー (つД`)
初めてPMP記事にコメント頂けて嬉しいです。

「英語の壁」ですか、お気の毒です… 訳がアレなので、設問が意味不明な話はあっちこっちで聞いたことがあります。

私の場合、一つのプロセスエリアについて、リタ本→PMBOK[和]→PMBOK[英] の順で読んでいます。英語版で調べて初めて理解できることが多々あります。時間がかかってしょうがないけれど、急がば回れの気分で書いています。

執筆と並行してオリジナル問題を作成中です、追々UPしていきます。

投稿: Dain | 2004.04.19 10:22

先日、PMP試験に挑戦しました。無事合格できました。
リタ本→PMBOK[和]→PMBOK[英]は結構有効ですね。
相変わらず、試験の和訳は?で翻弄させられましたけど。

投稿: フルフル | 2004.05.17 16:54

ちゃらららっちゃっちゃっちゃ~(ドラクエのレベルアップの音)

   フルフルはレベルアップした!!

   マネジメントりょくが2ばいになった!!

   フルフルはピーエムをマスターした!!

おめでとうございます~

  \(´▽`)/

それに比べてオレは…

考えてみたら3月から始めてトロトロと2ヶ月…
腐った記事ばかり書いててPMネタ放置してるし…

_/ ̄|○

フルフルさん見習って、精進します
つか、35時間のノルマが厳しい…

投稿: Dain | 2004.05.17 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6章:プロジェクトタイムマネジメント(その2):

« トップをねらえ!2 | トップページ | 水月と「皆月」 »