« 第5章:プロジェクトスコープマネジメント | トップページ | トリインフルエンザウィルス(H5N1型)がハトやカラスに大量感染した。感染した鳥は凶暴化して人を襲うようになった »

4/4の時事放談「中曽根康弘+宮澤喜一」

 マスコミ/ネットで流れている二人の持論のダイジェスト版だね… インタビューなどで聞いた論を再確認することができました。
 しかし、バッジは取ってもやっぱり立場は立場。「自衛隊派遣」や「スペイン列車テロ」など、キワドめネタを振られても、口が滑ることなく誠実に答えようとしてた…

「をおっ」と思ったところ。
 「小泉総理へアドバイス、ありますか?」という質問。たくさんあると思うけれど、番組の都合上1分程度で答えなければならない条件で。

 『人的交流が大切。高官レベルでの人の交流が薄くなっている。日米、日中間での人の交流をもっとどんどんやるべき』(中曽根氏)

 確かに… 二国間でギクシャクするような、軋轢が生じるようなことはあるだろうし、譲れない状況や、踏み込んだ話し合いが必要な場面が多々出てくるだろう。それを見越して、今から人的パイプをしっかりとつくっておく。しかも多チャンネルでね。

ワロタところ→「ホラ貝」
 1983.11月レーガン大統領を「日の出山荘」に招待した際、中曽根総理(当時)が大統領の前で吹いてみせたエピソード。わざわざ実物のホラ貝を持ってきたのはエライぞ。制作者の気配りがうかがい知れます


今日(4/4)googoleってみた結果→TBS+時事放談は303件ヒット
(参考)3/11のblogより。googleった結果→213件

次回は4/18だよもん
--

|

« 第5章:プロジェクトスコープマネジメント | トップページ | トリインフルエンザウィルス(H5N1型)がハトやカラスに大量感染した。感染した鳥は凶暴化して人を襲うようになった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/4の時事放談「中曽根康弘+宮澤喜一」:

« 第5章:プロジェクトスコープマネジメント | トップページ | トリインフルエンザウィルス(H5N1型)がハトやカラスに大量感染した。感染した鳥は凶暴化して人を襲うようになった »