« 失敗、落選、恋人の死、闘病… | トップページ | 鳥竹での決意「学校を作る」 »

新入社員のひよっ子たちへ(その1:たぶん連載になる)

 ようこそリーマン生活へ、そしてこの腐れblogへ。
ヒヨッコでも[自称]新人にとっても、かなり役立つネタを書くよ。どうして「役立つ」なんて断言できるのかというと、
  1. 本から学んで仕事に使って役立ったこと
  2. 仕事で悩んで本に相談してうまくいったこと
 この二つしか書かないから。ちょいと要領のイイ学生さんなら、新人が読んでおくべきビジネス書を予めチェックしているだろうが、その量は膨大だろうし、その本のどこが役立つかは実践をくぐってみんと分からんやろ

 最初に白状しておくけれど、ネタ元はこんだけ。あるいは脱線するかもしれんが、基本はこんだけ。それでもこれらを全部ちゃんと読もうとするならば、も一度ガクセイさんをやりな、そんくらい時間かかるよ、みんな多作家だし(w


  • P.F.ドラッカー
  • S.コヴィー
  • 中村天風
  • 斎藤一人
  • 佐々木正美

 じゃ、いくよ。

 君らが最初にやる仕事は、きっと上手くいくだろう。上手くいくとは、メタクソに罵られないか、それが原因で失職しないということ。ひょっとすると誰かに誉められるかもしれないし、何かの形で好評価を与えられるかもしれない。

 それから、二番目に与えられる仕事は、おそらくうまくいくかもしれない。おそらくうまくいくとは、ケツを蹴られないか、それが原因で失職しないということ。ひょっとすると軽い無視ぐらいは食らうかもしれないが、ネタミヒガミと自分に言い聞かせておけ。

 心配なのは、その次の仕事のこと。何ヶ月先か、何年先かは分からない、職種によって違うから。あなたはそれまで上手くいったやり方でその仕事をやろうとするけれど、その時点でアウトだよ、今から言っておく。

 最もよくある人事の失敗は、新たに任命された人(キミ)が、新しい場所[地位|肩書|役割]の要求に応えて自分自身を変化していくことができないことが原因なの。いままで上手くいってきたやり方と同じやり方、同じ貢献を続けるのであれば、間違いなく失敗する。

 「どうして?」知りたい人は「ピーターの法則」でも読むといい。でも読んでも「なるほどー」と思うだけだから、あまり意味ない。だって、この記事を読む理由は、納得したいからじゃなくって、どうしたらいいかを求めているからでしょ?

 ポイントは「新しい仕事をするときは、これまでのやり方を踏襲してはいけない」ということ。以前の仕事で正しかったやり方を、今度の仕事で繰り返そうとするならば、キミは間違ったことを間違ったやり方で実行することになるよ。じゃ、どうすればよいか?

 それは、貢献に焦点をあわせること。いまいるセグメント[部署|部門|技術]に限定しない。組織全体の成果に注意を向けなされ。その時、「成果」とは唯一、外部から測ることができることに気づくはず。こいつを顧客と呼んでしまうとカナーリ絞り込まれちゃうから、便宜上「市場」(未来の市場といっても可)としておこっか。どんな市場かというと、将来キミを売買する市場だよ。キミが組織に対して何ができるかを徹底的に考えて、それを実行しなされ。「今まで上手くいってきたやり方」は参考にしかならない。で、新たなポストにはきっとマイナスの意味でしか役に立たないはず。

 キミが自分の仕事を、キミの権限で定義するのであれば、それは単にキミが誰かの部下であることを白状していることに過ぎない。でも、キミが組織への貢献度合いを目標として仕事を進め、その結果に責任を負おうとする決意であれば、キミは、その組織のトップとおんなじだよ。
 えーと、かなりのトップ(と呼ばれる人々)がこの単純な事実に気がつかないまま君臨しているのが、今のニッポンですな。あと4年待ちな、チョトよくなるから。理由は後で書いておく、別の話になるし。
--
2004/5/30追記
ひできさんの書評「技術経営入門」を読むと、経営者サイドからの切り口が見える。「自分に変換をもたらす」問題は、新人からだろうと経営者からだろうと関係ない。昔むかし、TVCFでイチローがこう言ってた。

「変わらなきゃ」

|

« 失敗、落選、恋人の死、闘病… | トップページ | 鳥竹での決意「学校を作る」 »

コメント

Dainさん、こんにちわ、

そうです、これです。

みんなが、「仕事」のたびに成功体験を捨てられて、つねに組織全体の成果にフォーカスできれば、もう経営者はいりません。また、逆をいえば、経営者はいらないという状況をいつでも作りだすのでなければ経営者とはいえないのでしょう。

まあ、わたくしもひよっこ経営者なので、ほんとうに日々修行中です。

素晴らしいヒントをありがとうございます。明日この記事を部下に印刷してくばろうか、どうか迷っています。

投稿: ひでき | 2004.05.30 13:45

Dainさん、

決めました。明日社員に配ります。

ぜひ、連載してください。この後が読みたいです。

投稿: ひでき | 2004.05.30 13:57

えー お金もらおうかな(嘘です

新入社員向け記事は「その2」までは書きました…が反響もたいしてないので連載終了。いまは別企画で書いています。こっちは続けるつもりです

■連載打ち切り。以前ご紹介しましたね
 新入社員たちへ(その2:誰も教えてくれないコト)
 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2004/04/2_1.html

■新連載
 俺と1冊の成功本を100回読む(0回目)
 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2004/05/11000.html

ネタ本はこの記事で明かしているので、新人ならドラッカー「プロフェッショナルの条件」とカーネギー「人を動かす」を読んでもらって実践でPDCAするだけでも効果があると思います。

ある程度経験を積んでいる方なら、プロジェクトマネジメントシリーズを読んでいただくと腑に落ちるものがあるかも。ただし試験対策向けなので読んでも面白くないかも。

■プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(入口)
 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2004/03/post_13.html

--

投稿: Dain | 2004.05.30 18:29

Dainさん、こんばんわ、

あの、ほんとにお金をはらわなきゃいけないかもしれませんが、昨日は2回もDainさんの記事を元にスタッフの前で話しました。Dainさんの記事と、京セライズムとかにインスパイアされた文章まで書いちゃいました。

ありがとございます。

私の方から提供させていただくものがなにかないか探してみます。

投稿: | 2004.06.01 19:38

↑たぶんひできさんかと

何かお役に立てたようで嬉しいです
お金は冗談ですのでホンキになさらないように

ひできさんblogもゆっくり追いかけますので、ゆっくりつきあってくださいませ

投稿: Dain | 2004.06.01 22:13

Dainさん、こんばんわ、

すみませんでした。↑は、わたくしでございます。失礼致しました。なんというか、最近すごくブログで刺激をうけています。いま、人と話していたのですが、きっとわたくしの考えていることとか、興味をもっていることを、共有することはリアルの世界でかなりまれです。ブログを始めてから、考えていること、興味をもっていることを、共有できる方がこんなにいらっしゃることがわかりました。

わたくしもDainさんの記事をゆっくり最初から読ませていただきます。よろしくお願い致します。

投稿: ひでき | 2004.06.01 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員のひよっ子たちへ(その1:たぶん連載になる):

» [書評] 技術経営入門 改訂版 [HPO:個人的な意見 ココログ版]
読み始めていきなり目にはいったのは、「個々人の過去の成功体験が新しい発想を阻害している」という言葉だった。ちょうど、今朝、社内の打ち合わせで「失敗... [続きを読む]

受信: 2004.05.30 13:45

« 失敗、落選、恋人の死、闘病… | トップページ | 鳥竹での決意「学校を作る」 »