« ちっちゃな雪使い観察日記(特別編) | トップページ | 第4章:プロジェクト統合マネジメント(その3) »

「グイン・サーガ」を読まずしてファンタジー好きを標榜(ひょうぼう)するなかれ

 ...というのがヨメの持論らしい。これファンタジーなのか?と心の中でツッコミを入れつつも、辺境編→陰謀編→戦乱編の最初あたりまで進めました。果てしなく長い物語。別名、月刊栗本薫。当初は100巻完結を謳われていたがそれを超えるとのこと。

 ツッコミどころ満載のストーリー&設定の解剖は、世のグインジャンキー達に任せます。私の現時点の感想。よくもまぁ、こんなお話を書こうなどと考えたなぁ、し かも今から20年以上も前に思い立って、今に至るまで連綿と書きつづけている...その事実だけでもスゴイなぁ。

たしか辺境編を終えたときの夫婦の会話(ヨメは既刊分は全て読破)。

  ワシ「これって、アレじゃねーの?」

  ヨメ『なによ』

  ワシ「そのうち星を渡る船とか、謎の古代兵器とか、時空のひずみとか」

  ヨメ『...』

  ワシ「そーいうアリガチな話になるんじゃない?」

  ヨメ『...』

  ワシ「だろ?」

  ヨメ『ホントーに知りたい?』
  ヨメ『ホントーにホントーに知りたいなら、教えてあげるケド』

  ワシ「ゴメンナサイ...」

...というわけで、下地のお話をアレコレ想像しながら(でも口にせずに)読んでいます。剣と魔法なものの、耽美ワールドが書きたいんじゃないかしら...

 「週に1~2冊の楽しみとして、一年かけて追いかけるつもりです」が、関心空間で私が書いたプチ決意(2003/12/8)だったはずなんだが...ただいま第11巻「草原の風雲児」を読了したばかり...ゆっくりゆっくり、読んでいきますワ

本編じゃなくって、「あとがき」でチョト面白かった問答。

問: 下じきになった作品はありますか?

答: あります、でもありません。いろいろな作品への偏愛の中から生まれ出たのが、「グイン・サーガ」なのです。


  • ラヴクラフトのネクロノミコン
  • 三国志
  • 水滸伝
  • 水滸後伝
  • デューン
  • エジプト人
  • 大地
  • 三銃士
  • 女王の首飾り
  • モンテ・クリスト伯
  • アラビアのロレンス
  • アンジェリク
  • ロマン
  • コナン
  • 火星シリーズ
  • C.A.スミス
  • 折れた魔剣
  • ノースウェスト・スミス
  • クトゥルー神話

(第11巻「草原の風雲児」あとがきより)

この「あとがき」が書かれたのが1982/7/29
当時の作者のマイブーム(死語)は、


  • 「エリア88」のリシャール王子
  • 「男組」の伊庭ちゃんと神流さん
  • バンコランとマライヒ、タマネギさんたち
  • 「アンジェリク」のボーフォール公
  • 立原あゆみ「かすみ君の Something」
  • 吉田秋生「楽園シリーズ」の筒井くん

...時代を感じますな。
--

|

« ちっちゃな雪使い観察日記(特別編) | トップページ | 第4章:プロジェクト統合マネジメント(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/339965

この記事へのトラックバック一覧です: 「グイン・サーガ」を読まずしてファンタジー好きを標榜(ひょうぼう)するなかれ:

« ちっちゃな雪使い観察日記(特別編) | トップページ | 第4章:プロジェクト統合マネジメント(その3) »