« 第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その2) | トップページ | 「ONE ~輝く季節へ~」OVAがあることをさっきまで知らなんだ »

「これはさっき教えたろ?」「なんでこんなカンタンなことできないの!?」「ヘタクソだなっ!」って子どもを罵る親父に私はなるのだろうか?(私へのメッセージ)

 あと7年経つと、息子は10歳になる。ちょうど反抗期の入口かな? 息子10才をひとつのマイルストーンとして、それまでに、何をしてやれるだろう、何を考えてやれるだろう。(前回の記事)

 えと、考えるきっかけとなった本は「実践 親子会話術」です。最初は「子どもとちゃんと話すらできなくなったって?このドキュソ親がッ」と思ったものですが、ヒトゴトじゃないぞと。

 彼が初めて立った瞬間を、ハッキリと覚えている。彼は思う存分ズリハイを楽しんでいた。ふと静かになったなぁと視線を向けると、まさに立ち上がろうとしていた。まるで土俵入りのようにしずしずと、ふんばりながら、ものすごく集中した顔つきで。

 彼が立ち上がった瞬間、私は叫んでいた「うわーできたねたっちできたねー すごいすごーい!! ママ、ママ、はやくはやく!!」

 彼が初めて「ママごめんなさい」が言えたときも、ちゃんと覚えているぞ。お風呂上りにパンツをはきたくないとダダこねたんだ。ママはその時ずいぶん疲れてて、すかしたりなだめたりしてもダメだったんで、「もうママ知らない! 勝手にしなさい!!」って怒っちゃったんだよな。

 … しばらくして、彼が自分から「… ママごめんちゃい」と謝ったとき、パパもママも嬉しくて、嬉しくて、パンツのことなんてどうでもよくて、ちゃんとごめんなさいが言えたことに小躍りしたものよ。

 絶対に忘れない。初めて喃語(なんご)がいえたとき。初めてハイハイできたとき。初めての言葉はやっぱり「ママ」だった。初めてスプーンが使えたとき。初めての2語文は「ママどこ?」だった… 初めて○○ができたとき、日記に書いたり、ママと踊ったり、大喜びで「○○できたねー」ってはしゃいだものよ。

 さて、問題です。(自分への問題です)


















わたしはいつから、できたことよりも、できなかったことに目を向けるようになるのだろうか?

幼稚園で?
友達と比べて?
学校行くようになったら?
成績?

今はいい、今は大丈夫。
でも…

自戒のつもりで、書いてみた。未来の自分へのメッセージとして。
(この記事まだ続く)
--

|

« 第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その2) | トップページ | 「ONE ~輝く季節へ~」OVAがあることをさっきまで知らなんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「これはさっき教えたろ?」「なんでこんなカンタンなことできないの!?」「ヘタクソだなっ!」って子どもを罵る親父に私はなるのだろうか?(私へのメッセージ):

« 第3章:プロジェクトマネジメントフレームワーク(その2) | トップページ | 「ONE ~輝く季節へ~」OVAがあることをさっきまで知らなんだ »