« 産労総合研究所の人材開発ハンドブック | トップページ | 失敗した国家について、二つの明確な基準があります »

たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。

この記事18禁ということで。美佐子の告白OverTimeを紹介してみよう。

 SMという愛の表現がある。私は無知だ… が、耳年増な小学生よろしくせっせと情報を探している。旧くは団鬼六「花と蛇」あたり、ネットからは「寿司とマヨネーズ」を見つけたりして…

 もともとは調教指南サイト「告白の部屋」で人気を博した美佐子さんの体験記を集大成したもの。本家は消えたり移転したりを繰り返していますが、「美佐子の告白」は「美佐子のOverTime」と名を変え、更新を続けてます。

 内容はハードです。ひととおりどころか、限界を追求しています。行為の描写は精緻に書かれてて、文章だけでここまでできるのだなぁ… と興奮しながらも感心したりして。読んでいるコッチが痛くなるぐらいのコトもするけれど、本人は違う世界を彷徨っていたりする。

 それでいて、どこか醒めた感じで、行為にふける自分または自分を含む集団を見下ろすかのような視線で書かれたものもあります。最初は「すごいネタだ、プロの作家かしらん」と思っていましたが、どうやら違うようです。

 こんなハードな体験ができるのも、やはりパートナーの協力あってこそだなと思う。いくつかの体験は、美佐子さん単独ではムリだったでしょう。理解のあるご主人様という訳ではない。ご主人サマが凄いのだ。最初の頃のエピソードで「変わってゆく夫」はサスペンスタッチが効いてる。

 美佐子さんが体験する様々な出来事を追いかけていくうち、これはなんだなぁ、と激しく思ったり。

 ネットという新しい空間で、文字という旧い媒体を介して"擬似"M体験できる、稀有なサイトだと思い、ご紹介させていただきました。
--

|

« 産労総合研究所の人材開発ハンドブック | トップページ | 失敗した国家について、二つの明確な基準があります »

コメント

はじめまして、美佐子と申します。
私のHPをご貴ブログでご紹介いただき
ありがとうございます。

こういう風にご紹介戴くのも何かのご縁だと思います。
これからもどうか、よろしくお願い致します。

投稿: 美佐子 | 2006.01.08 18:48

おおッ
美佐子さんご本人からコメントいただき、光栄です。

「告白の部屋」時代から楽しませていただいています。いや、勉強させていただいていると言っても言い過ぎではありません。
「美佐子のブログ」になってから紹介をためらっていましたが、これを機に紹介させていただこうと思っております。

投稿: Dain | 2006.01.08 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。:

« 産労総合研究所の人材開発ハンドブック | トップページ | 失敗した国家について、二つの明確な基準があります »