« たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。 | トップページ | プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格試験対策 »

失敗した国家について、二つの明確な基準があります

 

 ひとつは、「警官や兵士の給料をきちんと払えていない国」。警官と兵士は国民の安全を守る直接の任務を担う。その給料を遅配・欠配するような国家は、統治する意思がないとみなすべき。

 

 もうひとつは、「教師の給料をきちんと払っていない国」。教育は国の将来の基礎になる。しかしすぐに成果が出る投資ではないから、国が責任を持たなければならない。その給料を払わないのは、国をつくる意思がないということだ。

  以上「2004/3/9朝日新聞:カラシニコフ 銃・国家・ひとびと」より引用

 この連載記事は、「カラシニコフ」をキーワードに各地の内戦(とその結果)をレポートしています。カラシニコフ銃(AK-47)の優れた性能の説明と、シエラレオネ内戦時の「あしなえ」エピソードが強く記憶に残っている。

 先ずAK-47について、秋山東一さんのblogより引用する。

 >カラシニコフは冷戦時代にソ連から100カ国以上に輸出され、また共産圏諸国でライセンス生産されたため、世界中に1億丁近いAKがあると推測されている。シエラレオネのみならず、パレスチナ、アフガニスタンもイラクにも.....紛争あるところのどこにもある

 連載の受け売りだが、AKは扱いやすい、水に強い、部品が少ない、極めて優秀な殺傷道具だという。おかげで女性でも子どもでも扱える。実際にシエラレオネ内戦時には少年や少女の兵士が戦闘に参加し、この銃で殺戮を行っていたという。

 (シエラレオネ内戦時)反対派の手足を切断する「てなえ」、「あしなえ」を行っていたことが分かった。抹殺するのではなく、人工的に身体障害者をつくりだすことで、敵対する派閥の生産性を下げることが目的らしい。

 そうして「失敗した国家」ができあがる。

 この「失敗した国家の基準」は、日赤九州国際看護大学教授の喜多悦子さんが定義している。

 彼女が連名で報告したレポート国際協力研究「無償資金協力に考慮すべき因子」(pdf形式)は、有限なODA資源を途上国地域へ割当てる上での選定基準(criteria)を考える上で、有用だと思う。この件に関心がある方はこのレポートの「図-1小児の高死亡率の3つの段階モデル」と「図-3要請ベースの無償資金協力モデル」を見ることをおすすめする。

 また連名翻訳本として「経済開発とエイズ」がある。読んでみようかな…

 とりとめもない話になってしまった。この話題について、私の中で方向性すらつかない。ましてや結論などつけることもできない。引き続きヲッチします(とお茶を濁す)。

最初は「失敗した国家の基準」をメモりたかっただけなのに…
--

|

« たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。 | トップページ | プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格試験対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗した国家について、二つの明確な基準があります:

» [よむ][チェチェン]チェチェンにおけるロシア駐留軍の軍紀の乱れ [Arakanの記録]
文明の衝突から対話へ (岩波現代文庫) 作者: 山内昌之 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る  今さらながらではあるが、2004年に取材でチェチェンに行った時に知りえた情報を裏づける資料を発見。  2004年当時、... [続きを読む]

受信: 2010.07.13 10:09

« たまにはマジメにアダルトなネタを紹介してみよう。 | トップページ | プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格試験対策 »