« 「泣ける2ちゃんねる」を紹介します | トップページ | ちっちゃな雪使い観察日記(その3) »

「ONE ~輝く季節へ~」OVAの残2本を観た

「雪の章 みさき・澪」を観た。

… 観賞中 …

口きけるんだ、澪 … テレパス?
なぜに氷上くんフルート吹いてますか?
なぜに折原くんもフルート吹いてますか?
なんでホラー映画のような音楽が流れるのだろう…
こ、怖えぇ、雪に足跡はあるんだが、コーヘイの姿が!!

みさお…

みさき先輩の「そっか、今日は夕焼けなんだ」が聞きたかった…












つづく













ワケワカラン
「桜の章 瑞佳・繭」も観る。こうなりゃ意地だ。

… 観賞中 …

みゅー
こんどはチェロですか? 氷上くん
「わたしは、亡くなった妹さんの、身代わり?」
季節いつやねん! 瑞佳タソが自転車に乗っている間に、冬→春→夏と変わっていく…

そして季節は春

「えいえんは、あるよ。やくそくしたから」
『おぼえていたんだ、長森…瑞佳!』

そして抱き合う二人












おわり












ナンジャコリャ _/ ̄|○

レンタル店のスミッコにコソーリと配置されている時点で気づけよ> オレ

 まー絵と動きがアレだったため、早い段階で最悪を覚悟していたので、ショックは少なかったのが幸い。

 蛇足。「消えていく自分」に恐怖する男の小説を思い出したよ。 リチャード・マシスンの「蒸発」だ。そのまんまやんけ。舞台は高校じゃないけどね。2chあたりで原作ネタは探し尽くされているはずだから、既出かもしれんが。

 たしかハヤカワ文庫の「激突!」に収録されてたはず。これを原作とした「激突! Duel」は、S.スピルバーグ監督の初仕事だったはず。スピルバーグ監督作品の中で一番オモシロイと思う。レンタル店にあるかなぁ。

  リチャード・マシスン(Richard Matheson)
  「蒸発」 The Disappearing Act
  ハヤカワ文庫 NV37「激突」(1953/3)
--

|

« 「泣ける2ちゃんねる」を紹介します | トップページ | ちっちゃな雪使い観察日記(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ONE ~輝く季節へ~」OVAの残2本を観た:

« 「泣ける2ちゃんねる」を紹介します | トップページ | ちっちゃな雪使い観察日記(その3) »