« 候補 | トップページ | 「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない-impossible is nothing- »

ちっちゃな雪使い観察日記(その4)

きらめき探しにピクニ→ック
えぇなぁ… こんな話が一番好き。インターミッションてやつ?

きらめきは、季節使いが見える人間のそばにいると、見つかりやすい

きらめきって … 笑顔なの?
涙だと思うんだが…

願う気持ちがつよければ、どんなことでも必ずかなう
カメさんの話だけど、このセリフは心底納得。
なんでも「ガンバレ」にまとめてしまうよかは、共感。






ちっちゃなおきゃくさま
だ、ダメだ…

か、、かのんちゃんですか…

_/ ̄|○

絶対狙ってるよ、ゼッタイ。

名前からして反則、刺さりまくり。

kanonの泣き顔に○えた日本男児は多数いるとみた。






ぐっと胸にキたシーン

カノン騒動が終わってぐったりするサガ

サガ「はぁ~あ、やっぱりあたしもお母さんのこと、困らせてたんだろなぁ」

おばあちゃん「そうかもね… でもね、お母さんてね、それ以上にいっぱい贈り物をもらってるのよ、きっとサガからもね」

子ども授かって、ようやく分かる。「そうだね」っていえる。




以下全て意訳。

  pepper wind:突風

  salty sun:日照り

  sugar snow:砂糖菓子のような雪

  turmeric cloud:(夕焼け蓬色に染まった)雲

  ginger rain:慈雨

遠いまちの初雪
ドイツに雪うさぎがあるかはとてつもなく不明だが、どうしたって名雪を思い出すナリ

シュガーを待ちながら
 名作「ゴトーを待ちながら」からの題名オマージュはあかんやろ。一般peopleは知らんと思うぞ。

 台風使いですか… typhoonはアジア&北米だとばかり考えてた。ドイツで台風ってあるの? (調べてみたら、台風の元はギリシャ語説なので、ドイツで台風ってありなのかも…)










ピンポン玉ゲームって、知らんなり。カゼひいて熱測るサガを見て、


水月「九度よ九度、三十九度!」を思い出したなり…
















ミューレンブルグ祭
 シナモン「いっしょに遊びにいかねーか? シュガー」
 シュガー「いかないモン… シュガー 今日はずーっととサガといっしょにいるって決めたの」
 サガ  「え…な、何で? 」
 シュガー「だって、ずっと離れ離れだったでしょ? やっといっしょに遊べるから」
 サガ  「うん、そうね、今日はいっしょに遊ぼ」




じぃん、ときたナリ。




サガ「はいこれ、シュガーにあげる」

シュガー「ん」




雪の結晶のようなクッキー





サガ「いつもありがとうシュガー、きょうもたくさん手伝ってくれてうれしかったわ」

シュガー「サガぁ…んふふ…ありがとうサガ、んちゅ、んちゅ、んちゅ、もーだーいすきーむちゅー」



最終回予告。つーかワタクシ的予想。
最終回は「シュガーが見えなくなる日」なんだと思う。サガと、シュガーのお別れの日。










サガ「でも、そうね。私も、こんなに楽しいお祭りって久しぶりかもしれない」

「とっても悲しいことが起こる予感」
「とっても悲しいことが起こる予感」
--

|

« 候補 | トップページ | 「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない-impossible is nothing- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使い観察日記(その4):

« 候補 | トップページ | 「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない-impossible is nothing- »