« ロシアのアネクドート(小話) | トップページ | 尖閣の話題を外側から見ると… »

渋谷夜話(2話)

深夜の渋谷の出来事。


第一話
 デスマーチ最中のプロジェクトに放り込まれて、「おまいら、人月神話読んだのか」と小一時間問い(ry…   まぁ、お世話になったシニアマネージャだし、がんばるぞい、っと馴染みの居酒屋で「実装方式どないしょ…」と白波片手にうんうんうなっていたら、とある紳士に声をかけられました。


『なんだか仕事でタイヘンそうだけど、眉間にシワ寄せて考えても、出ないときには出ないよ』



「は、はぁ…」


『そんなとき、ニコッと笑ってみると、いいことあるかもね。やってみてごらん、ウソでもいいから』



(雰囲気に気圧されて)「こ、こうですか?(に”っこり)」


『うんうんそーそー(莞爾と笑う)』



「あ…」


『どう?変わったでしょ?』



「ハイ、酒が美味くなりました」


『あはは、それでもいーよ。困ったときこそ、笑ってみなさい』



 店のヒトに袖を引かれて教えてもらったことには、その紳士はこの辺でも顔役の方らしい… 物腰といい、言葉ぶりといい、ウチのシニアマネージャそっくり
_/ ̄|○


どこの世界も、同じなのかも… な。




第二話
 深夜のハチ公口は、それこそ、じつに、たくさんの人々が居ます。和洋老若、男みたいなのから、女みたいなヒトまで、いろんなヒト(たぶん人)がいます。
 とうぜんカップルもいっぱいいて、あっちこっちで愛を体現しています。唇どうしならまぁ良しとして、をいをいヤリ杉。


ま、春ですし



 寒風ふきすさぶ中でも、ミニスカの中に手を突っ込んでる香具師もいたし… 彼女寒そうだったなぁ… 奴らにゃあんまり暖冷関係ないのかもしれぬ。


おまいら、ホテル逝けよ



 そんなハチ公口で濃密なキスをするカプールをハケーン。LIFE誌の有名な"kiss"(カメラマン失念)みたいな「絵になる」キスでした。ロングの娘めちゃきれー、モデルさんかいな… 「きれいなお姉さんは、好きですか?」のCFぐらい、それぐらきれいなヒト。キス以上のヤらしいことはせず、お互いがお互いをむさぼっているような、若いキスでした。
 「えーのー」と横目でパッシングする途中で気づきました。


おまえら♀♀かよ…



_/ ̄|○ 春ですね…


もったいないお化けって、知っていますか?

|

« ロシアのアネクドート(小話) | トップページ | 尖閣の話題を外側から見ると… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷夜話(2話):

« ロシアのアネクドート(小話) | トップページ | 尖閣の話題を外側から見ると… »